« 痴漢容疑で巡査逮捕=百貨店内で女性触る-大阪府警(13日)時事 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2016年11月13日 (日)

54歳息子と79歳母が心中か 川崎 「生きるのに疲れた」と遺書(13日)産経

12日午後5時25分ごろ、川崎市川崎区塩浜のアパート2階に住む職業不詳、天野健一さん(54)と、母親の民子さん(79)が部屋で血を流して倒れていると、1階に住む民子さんの弟(77)が110番通報した。
 川崎臨港署員が駆け付けたところ、2人とも首から出血し既に死亡していた。署は心中を図ったとみて、詳しい状況を調べている。
 署によると、部屋の机の上に凶器とみられるカッターナイフと、「生きるのに疲れた」という内容の2人の遺書があった。暗くなっても明かりがつかなかったことから、民子さんの弟が様子を見に行って異変に気付いたという。
http://www.sankei.com/affairs/news/161113/afr1611130005-n1.html

« 痴漢容疑で巡査逮捕=百貨店内で女性触る-大阪府警(13日)時事 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64485375

この記事へのトラックバック一覧です: 54歳息子と79歳母が心中か 川崎 「生きるのに疲れた」と遺書(13日)産経:

« 痴漢容疑で巡査逮捕=百貨店内で女性触る-大阪府警(13日)時事 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »