« 「仮面女子」桜雪さん ファンの男が“殺害予告”(26日)テレビ朝日 | トップページ | 車検切れ車、路上で取り締まり 18年度から新システム(26日)朝日 »

2016年11月26日 (土)

再び道路沈下「今後 通行止めになる沈下は考えられず」(26日)NHK

26日未明、福岡市のJR博多駅前の大規模に道路が陥没した現場で、再び道路が最大で深さ7センチほど沈んでいるのが見つかり、およそ4時間にわたって車が通行止めになりました。福岡市は「沈下は陥没の埋め戻しに使用した特殊な土砂の重さで地盤が圧縮されたことによるもので、今後、通行止めになるような路面の沈下は考えられない」としています。
 26日午前1時半すぎ、JR博多駅前の大規模に道路が陥没し今月15日に通行が再開されたばかりの現場で、「道路が5センチほど沈んでいる」と作業員から警察に通報がありました。
 警察や福岡市が確認したところ、今月8日に陥没が起きた現場で、縦横およそ30メートルにわたって、最大で深さおよそ7センチ、車道の中心付近でおよそ6センチ沈んでいることがわかりました。
また、車道と歩道の境目でひび割れも数か所確認されました。
 このため警察は、午前1時45分から周辺で車を通行止めにしましたが、その後、沈下は収まり、埋設されたライフラインへの影響もないことが確認されたとして、午前5時半、交通規制を解除しました。
 福岡市と陥没現場の埋め戻しを行った事業者は記者会見を行い、福岡市交通局の角英孝建設部長は、沈下は陥没を埋め戻すために使用した「流動化処理土」という特殊な土砂の重みで地盤が圧縮されて起きたとする見方を示しました。そのうえで、「最近のボーリング調査の結果から、最大で8センチくらい路面が沈下すると想定していた」と述べ、想定の範囲内だったとの認識を示しました。
 一方で角建設部長は「結果的に通行止めを招いてしまい、大変申し訳ありませんでした。今後、通行止めになるような路面の沈下は考えられないが、24時間態勢で路面の状況を監視する」と述べました。

詳細は以下をクリック

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161126/k10010785491000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

« 「仮面女子」桜雪さん ファンの男が“殺害予告”(26日)テレビ朝日 | トップページ | 車検切れ車、路上で取り締まり 18年度から新システム(26日)朝日 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再び道路沈下「今後 通行止めになる沈下は考えられず」(26日)NHK:

« 「仮面女子」桜雪さん ファンの男が“殺害予告”(26日)テレビ朝日 | トップページ | 車検切れ車、路上で取り締まり 18年度から新システム(26日)朝日 »