« 2016年11月20日 | トップページ | 2016年11月22日 »

2016年11月21日

2016年11月21日 (月)

窃盗などの容疑で33歳男を再逮捕 現金引き出し役に指示か(21日)産経

17都府県の現金自動預払機(ATM)から18億円超が不正に引き出された事件で、栃木、埼玉両県警の合同捜査本部は21日、窃盗などの容疑で、東京都足立区西新井栄町、無職、栗田孝志容疑者(33)を再逮捕した。
 合同捜査本部は、現金引き出し役に指示をしていたとみて調べている。
 再逮捕容疑は、5月15日午前6時50分ごろ、現金引き出し役とみられる男(31)と共謀、東北自動車道下り線蓮田サービスエリア(埼玉県蓮田市)に設置されたセブン銀行のATMから、現金310万円を不正に引き出したとしている。
 栗田容疑者は、男と共謀して同日に別のサービスエリアのATMから現金30万円を引き出したとして逮捕されていた。
http://www.sankei.com/affairs/news/161121/afr1611210037-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

職員室で同僚の財布からカードなど盗む 容疑で英会話講師のカメルーン人逮捕 埼玉県警新座署(21日)産経

 埼玉県警新座署は21日、英会話講師として派遣されていた同県新座市の小学校で同僚の財布から現金1万円とクレジットカードを盗むなどしたとして窃盗と詐欺の容疑で、市の元非常勤職員でカメルーン人のチン・ジョン・ポール・ユフェニュイ容疑者(40)=新座市西堀=を逮捕した。
 逮捕容疑は、昨年11月、同市の東北小学校の職員室で、同僚の30代男性教諭の財布から現金やカードを盗み、都内の電器店でカードを勝手に使用し、計約17万円分のスマートフォンなどをだまし取ったとしている。
 新座署によると、「母親の入院費用が必要だった。カードで買ったものを換金しようと考えた」と供述し容疑を認めている。
http://www.sankei.com/affairs/news/161121/afr1611210033-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

逮捕状書き換え容疑の警官2人、不起訴処分 名古屋地検(21日)朝日

 ひき逃げ事件の逮捕状を無断で書き換えたとして有印公文書変造・同行使の疑いで書類送検された愛知県警半田署交通課の50代の男性警部補と30代の男性巡査長について、名古屋地検は21日、2人を不起訴処分(起訴猶予)にしたと発表した。処分は16日付。

 県警監察官室によると、2人は7月、同県半田市で起きたひき逃げ事件の容疑者の逮捕状請求書に「左折」と書くべきところを「右折」と誤記。半田簡裁へ提出後に誤りに気づいたが、逮捕状が発付されたため、警部補が巡査長に指示し「左折」と書き換えたという。調べに2人は「1文字くらいなら許されるだろうと安易に訂正してしまった」と説明したという。

http://www.asahi.com/articles/ASJCP4VH2JCPOIPE00X.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「運転中のスマホ操作悪質」愛知県が厳罰化要請(21日)読売

愛知県一宮市で小学4年の則竹敬太君(当時9歳)がスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」をしながら運転していた男のトラックにはねられて死亡した事故などを受け、同県は21日「ながら運転」の厳罰化などを国に要請した。                                

 

 要請は、法務省や国家公安委員会などに対し、〈1〉ながらスマホの危険性についての効果的な広報〈2〉全国的な取り締まり強化、交通安全教育の拡充〈3〉道路交通法、自動車運転死傷行為処罰法などの改正による罰則の強化――を求めている。
 同県では、ポケモンGOに絡む死亡事故がこれまでに2件発生している。同日の定例記者会見で大村秀章知事は、「運転中のスマホ操作は運転者としての注意義務を意識的に果たさないもので、極めて悪質。厳罰化を含む法的な対応が必要ではないか」と話した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161121-OYT1T50111.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

PHV充電設備出火か 住宅全焼、けが人なし 札幌・東区(21日)共同

21日午前3時15分ごろ、札幌市東区北49東9、不動産業山口秀樹さん(57)方の1階車庫から出火、木造2階建て住宅延べ約140平方メートルを全焼したほか、隣接する住宅3棟の外壁の一部にも延焼した。けが人はいなかった。
 札幌東署によると、山口さんは5人暮らし。出火当時は全員が室内にいたが、逃げて無事だった。車庫にはプラグインハイブリッド車(PHV)が止めてあり、充電中だったという。出火直前、住人が充電設備付近から火花が出ているのを目撃しており、同署は壁などに引火した可能性があるとみて調べている。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0340534.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

国宝の仏像などに液体 東大寺や橿原神宮でも被害(21日)NHK

20日、奈良市の興福寺で国宝の仏像などに油のような液体がかけられているのが見つかったことを受けて、文化庁などが調査した結果、ほかにも、仏像などで被害が確認されました。さらに、東大寺や橿原神宮でも被害が確認され、警察は、文化財保護法違反などの疑いで捜査しています。
 20日、奈良市の興福寺で、国宝の「華原磬」という奈良時代の楽器や、同じく国宝の「千手観音菩薩立像」の台座などに、油のような液体がかけられているのが見つかりました。
 これを受けて、文化庁の調査官や奈良県の担当者が21日、寺の「国宝館」などを調査した結果、これまでにわかっている国宝や重要文化財合わせて5点のほか、建物の手すりや仏像などで被害が確認されたということです。
 文化庁の担当者は「現時点では、文化財の価値を損なうような深刻な被害ではない。それぞれの素材や、液体の成分を分析したうえで、除去作業を慎重に進めたい」と述べました。
 また、興福寺の辻明俊執事は「去年、県内で被害が相次いだことを受けて注意していたつもりだったが、1300年間受け継いできた宝を守れなかったことを大変残念に思います」と話していました。興福寺は、20日から国宝館などの拝観を取りやめていますが、22日、監視態勢を強化して再開することにしています。
 一方、奈良市の東大寺大仏殿にある鉄製の花瓶や奈良県橿原市の橿原神宮にあるさい銭箱や鳥居などでも、同じような被害が確認されました。いずれも、文化財には指定されていないということです。警察は、興福寺の被害との関連を調べるとともに、文化財保護法違反や器物損壊の疑いで捜査しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161121/k10010777651000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

75歳運転の車の追突から3台絡む事故に 12人けが(21日)テレビ朝日

東京・八王子市で車3台が絡む事故があり、12人がけがをしているということです。
 警視庁などによりますと、21日午後5時前、八王子市千人町の甲州街道沿いで75歳の男性が運転する車が前の車に追突し、3台が絡む事故になりました。この事故で、運転していた男性ら12人がけがをしています。全員、軽傷とみられています。事故現場は、JR中央線の西八王子駅から100メートルほど離れた片側2車線の国道です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000088324.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

宮城県議会、2代続け議長が政務活動費問題で辞任へ(21日)TBS

宮城県議会の議長が白紙の領収書に実際より多い代金を記入して、政務活動費を受け取っていたことが明らかになり、21日、辞任を表明しました。政務活動費の問題で、半年の間に議長が2代続けて辞任する異常事態となっています。
 政務活動費の不適切な請求が明らかになった宮城県議会の中山耕一議長。記者会見で辞任を表明しました。
 「私のことで(県議会に)混乱をきたすことのないように。辞任することが必要だと」(中山耕一 宮城県議会議長)
 中山議長は、昨年度、運転代行を33回利用した代金として、政務活動費14万8000円を受け取っていましたが、このうち31回は白紙の領収書に実際の代金3000円よりも1500円を多い「4500円」と記入していました。中山議長は陳謝しながらも、「妻が間違った金額を書き続けていた」と釈明しました。
 「(金額を)確認すらしていなかったことは深く反省しています。(代行業者から)白紙で領収書が交付されるのが常態化していた」(中山耕一 宮城県議会議長)
 中山議長をめぐっては、JNNの取材で、マッサージチェアの領収書をパソコンなどの領収書として提出し、政務活動費を受け取っていたことも明らかになり、批判を受けていました。宮城県議会では前の議長も今年6月に辞任していて、半年の間に議長が2代続けて政務活動費の問題で辞任する異常事態となっています。(21日17:59)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2920363.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(21、22日 単位・レベル) 
竹聯幇?
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012336

 「銀聯カード」の偽造カードなどを使ったATMから総額10億円超が引き出された事件で、これまで実行犯として警視庁に逮捕されている台湾籍の男4人に指示役の同じく台湾人の男の存在が明らかになった。
 逮捕された男の一人はその指示役の男が用意したホテルに宿泊。その男に連れられて犯行を繰り返していた。しかも、その男らは来日した際、指示役の男が用意したマンションやホテルに滞在。今年に入ってから、日本への出入国を繰り返していたというのだ=読売新聞
 もう一件、今年5月に17都府県のATMから18億円超が引き出された事件では、日本の暴力団、山口組の幹部が逮捕されており、この事件の指示役という見方もある。なによりも台湾人が使用した偽造カードと酷似している点が気がかりだ。
 台湾と言えば有名なマフィアは「竹聯幇(ちくれんばん)」―これまで日本でも暗躍が確認されているばかりか、暴力団との関係もある。さて、その真実は?真実の行方に注目したい。
警視庁によると今年10月までの全国警察による暴力団員の刑法犯検挙人員は9786人で前年同期と比べて197人も減少。
 内訳は傷害による検挙者が最も2028人、窃盗が1615人、詐欺が1614人、暴行が1056人など。窃盗や詐欺などは減少したが、暴行が前年同期と比べて139人も増えているのが特徴だ。また特別法犯で増え続けていた覚醒剤取締法は3963人で同-650人の減少と減少傾向を示している。
 それにしても昭和55年の刑法犯検挙人員は3万2656人と多かったが以降、昭和58年には2万9635人と2万人代を推移。平成23年には1万5805人に減少。同27年には1万2690人とおよそ3分の1近くも減っており、今年はさらに減少している。
 その最中の台湾人による大量窃盗事件。竹聯幇による犯行とすれば日本警察の組織犯罪捜査力の見せ所である。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
困り事相談回答集downwardleft

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

住宅に車突っ込み全焼 親族が何らかの事情知るとみて行方捜す(21日)フジテレビ

20日夜、愛知・一宮市の住宅に軽乗用車が突っ込み、全焼する火事があった。警察は、男性の親族が、何らかの事情を知っているとみて、行方を捜している。
事件があったのは、一宮市奥町の会社員・酒井昭和さん(48)の住宅で、20日午後11時ごろ、軽乗用車がバックで玄関に突っ込み、木造2階建ての住宅およそ116平方メートルが全焼し、隣の住宅の一部も焼けた。
住宅に住む酒井さんと母親に、けがはなかった。
捜査関係者などによると、酒井さんは、以前から親族の男と金銭トラブルになっていて、20日も酒井さんの自宅を訪ねていたという。
近所に住む人は、「貸してある金を、なしのつぶてで、返さないもので、(親族の男が)2人ともぶっ殺してやると言っていた」と話した。
酒井さんは、「運転手の男が、油のようなものをまいていた」と話していて、警察は、親族の男が、何らかの事情を知っているとみて調べている。 (東海テレビ)http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00342346.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋市バス、座席の切り裂き多発 整備士が縫って対応(21日)朝日

名古屋市バスの座席が相次いで切り裂かれている。6~11月の半年間で17件確認され、そのうち10件は10月に集中。市交通局は被害が増えるようなら警察に被害届を出すことも検討するという。
 「車内のシートが切り裂かれる事件が多発しています。器物損壊に該当するので、発見次第、警察に通報します」。11月上旬、市バス車内後方の窓にそんな文言の紙が貼られていた。
 市交通局の説明では、整備士の田尻大輔さん(37)が6月に車両を点検中、傷つけられた座席を見つけた。9月になって立て続けに見つかるようになった。
 傷は2~6センチ程度で最後尾…

有料記事こちらは有料記事です。無料登録すると1日1本記事をお読みいただけます。

残り:329文字/全文:579文字
http://www.asahi.com/articles/ASJCB5K0DJCBOIPE011.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

死亡は一橋大4年の井崎さん コロンビア、旅行中に強盗が銃撃(21日)共同

 【リマ共同】コロンビア第2の都市、中部メデジンで19日、日本人男性が殺害された事件で、一橋大は21日、死亡したのは社会学部4年生の井崎亮さん(22)と発表した。井崎さんは千葉県船橋市在住で来年3月末まで休学中。発展途上国を中心に世界を旅行していたという。
 在コロンビア日本大使館は井崎さんの家族と連絡を取るとともに、事件の詳細を確認している。
 事件は19日午後4時ごろ発生。歩いていた際に2人組に携帯電話などを奪われた井崎さんは犯人を追い掛け、追い付いた際に撃たれた。銃弾2発を受けたという。
 井崎さんは19日にメデジンに到着し、市内のホテルに宿泊していた。

http://this.kiji.is/173267216775495682?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

渋谷区のひったくり事件、容疑者の映像を公開(21日)TBS

今年9月、東京・渋谷区の路上で63歳の男性が現金6万6000円などが入った袋をひったくられる事件があり、警視庁が容疑者の男の映像を公開しました。
 男性の後ろをついて歩く青いTシャツ姿の若い男。男は今年9月、渋谷区神南の路上で63歳の男性から現金6万6000円などが入ったポリ袋をひったくった疑いが持たれています。男性はパチンコの景品交換所に立ち寄った直後、後ろから来た男に袋をひったくられたということです。
 男は年齢20代ぐらい、身長180センチほどだということで、警視庁がひったくり事件として男の行方を追っています。【渋谷警察署】03-3498-0110

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2920465.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

18年前不明の社長再捜索 警視庁、元暴力団会長が殺害告白(21日)日経

スナック拳銃乱射事件で死刑判決が確定した元暴力団会長、矢野治死刑囚(67)が殺害を告白した不動産会社社長の男性について、警視庁組織犯罪対策4課は21日、男性の遺体を遺棄したとされる埼玉県ときがわ町の山中の捜索を再開した。同課は7月にも同町内を捜索している。
 男性は矢野死刑囚の知人で、参院議員らが逮捕された「オレンジ共済組合」を巡る大型詐欺事件に関与したとされ、1998年ごろから行方が分からなくなっている。矢野死刑囚は2014年、借金返済を巡るトラブルから男性を殺害したとする文書を警視庁に提出していた。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG21H1X_R21C16A1CC0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

18歳女性生き埋め 「凶悪、残虐」と無期懲役求刑(21日)テレビ朝日

千葉県芝山町の畑に18歳の少女を生き埋めにして殺害した罪などに問われている男の裁判員裁判で、検察側は無期懲役を求刑しました。
 中野翔太被告(21)は井出裕輝被告(22)とともに去年4月、千葉市の路上で少女(18)を車で監禁し、財布を奪って乱暴したうえ、芝山町の畑に生き埋めにして殺害した罪に問われています。21日の裁判で、検察側は「周到な準備をしたうえでのまれにみる凶悪な犯行」「被害者を物として扱ったかに等しい残虐なもの」と厳しく指摘したうえで、「死刑にも値するが、自ら出頭し、真摯に供述した」として無期懲役を求刑しました。一方、弁護側は「犯行を計画していない中野被告にどこまで責任を追及できるか考えてほしい」「有期刑が相当である」と主張しました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000088288.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国道20キロ逆走も事故なし(21日)NHK

20日午前、兵庫県内の中国自動車道の上り線で、70代の男性が運転する乗用車が、およそ20キロにわたり逆走しました。
事故はありませんでしたが、警察は、道路交通法違反の疑いもあるとして、この男性から事情を聞いて逆走のいきさつを調べています。
20日午前4時50分ごろ、加東市の中国自動車道の上り線で「乗用車が逆走している」と警察に通報がありました。
警察は、現場の西側にある加西市の加西インターチェンジ付近で待機し、逆走してきた乗用車を停車させました。
警察によりますと、逆走した車を運転していたのは兵庫県外に住む70代の男性で、加東市のひょうご東条インターチェンジからおよそ20キロにわたって、上り線を西に逆走したということです。
この間、上り線では、複数台の車が逆走した乗用車とすれ違ったということですが、事故はありませんでした。
警察に対し男性は「インターチェンジ付近のホテルに行こうとしたが、道に迷って高速道路に入ってしまった。逆走の認識はなかった」と話しているということです。
警察は、道路交通法違反の疑いもあるとして、この男性から事情を聞いて逆走したいきさつを調べています。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/2024564991.html?t=1479682878250

| コメント (0) | トラックバック (0)

陸自先発隊、南スーダンへ出発=駆け付け警護任務、PKO派遣-青森(21日)時事

家族らに見送られて南スーダンに出発する、陸上自衛隊の第11次隊の先発隊員ら=20日午前、青森市の青森空港

  南スーダンの国連平和維持活動(PKO)で、新任務「駆け付け警護」が付与された陸上自衛隊第9師団(青森市)を主力に編成する第11次隊(隊長・田中仁朗1等陸佐)の先発隊が20日午前、現地に向け青森空港を出発した。
 第11次隊は青森駐屯地(青森市)の第5普通科連隊を中心に、八戸(青森県)、弘前(同)、岩手(岩手県)、秋田(秋田県)、船岡(宮城県)の各駐屯地の隊員らで編成。先発隊は約130人で、民間機で南スーダンの首都ジュバに21日(日本時間)に到着する。今後、主力1波(約120人)、主力2波(約100人)も順次出発する。
 駆け付け警護は、離れた場所にいる国連やNGO関係者らが武装集団や暴徒などに襲われた場合、要請を受ければ自衛隊員が駆け付けて救出する任務。正当防衛などだけでなく、暴徒を排除するためなどの警告射撃など任務遂行のための武器使用が認められる。陸自第7師団(北海道千歳市)を主力とする第10次隊と交代する12月12日から駆け付け警護が実施可能になる。
 一方、第10次隊の先発隊員約60人は20日、新千歳空港に帰国した。第7師団の駐屯地で取材に応じた先発隊長の蝶野元希2等陸佐(46)は、現地の治安情勢について「ジュバで銃撃戦はあったが、命の危険は感じなかった。事前の情報よりもかなり平穏だった」と語った。http://www.jiji.com/jc/article?k=2016112000020&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

【新聞に喝!】「土人」発言の機動隊員懲戒 処分は妥当か 京大霊長類研究所教授・正高信男(21日)産経

心理学の世界では口数の少ない人ほど、いざけんかとなると暴力的になることが多いといわれている。悪口や雑言を言わない分、怒りや憎しみをため込みやすいためだ。人間に限ったことではない。例えばトリで残忍な行動が見られるのが、意外にも平和の象徴であるハトだ。周知の通りハトは音声のレパートリーが乏しい。飼育下でいったんけんかに発展するや、仲間を殺してしまうこともあるほど抑制が利かなくなる。
 ののしり合いは、見ていて決して気持ちのいいものではない。しかし高まる攻撃衝動のはけ口として、安全弁としての役割も見逃すわけにはいかない。
 先月、沖縄県で米軍のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)移設工事の警備に当たっていた大阪府警の機動隊員2人が反対派に向かって「土人」「シナ人」と暴言を吐いたことで、同府警は戒告の懲戒処分とした。差別発言とも報じられたが、現場では警備側と反対派との間で一触即発の状態であったと想像される。そこでは罵詈(ばり)雑言を交わすことも、実際の衝突を未然に回避する一定の機能を果たしていただろう。続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

死亡の3人は親子と判明 無理心中か 島根・出雲市(21日)テレビ朝日

 島根県出雲市で高齢の男女3人が意識不明の状態で見つかり、その後に死亡した事件で、3人は親子だったことが分かりました。警察は無理心中の可能性が高いとみて捜査しています。
 19日午後6時半ごろ、出雲市で、犬の散歩をしていた男性が木に首をつっている男性を見つけました。さらに、すぐ近くに止められていた乗用車からは男女2人が心肺停止の状態で見つかりました。3人は搬送先の病院で死亡が確認されました。警察によりますと、首をつっていたのは樋口明芳さん(69)で、車で見つかったのは樋口さんの母親のナミ子さん(96)と弟の忠雄さん(65)だということです。警察は無理心中を図った可能性があるとみて捜査しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000088263.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

サケ200匹 腹割かれ卵盗まれる 北海道標津町(21日)テレビ朝日

北海道標津町にあるサケの孵化(ふか)場で約200匹のサケの腹が割かれ、卵が盗まれました。
 20日午前7時半ごろ、標津町の「標津川ふ化場」で、いけすにいたサケ約200匹の腹が割かれ、卵が盗まれているのを従業員が見つけました。サケは近くの川に捨てられていて、盗まれた卵は合わせて約100キロに上るとみられています。
 標津川ふ化場・下佳史副場長:「とても悔しい気持ちでいっぱい。入ってこられないように何かしなくては」
 卵は孵化させて稚魚に育てて、来年、放流する予定でした。警察は19日午後5時から20日にかけての犯行とみて捜査しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000088262.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

天光寺住職、修行の少年たたく 「暴行」否定、児相が保護(21日)共同

東京都檜原村にある天光寺の高尾聖賢住職(65)は20日、記者会見し、修行に来ていた中学3年の男子生徒(15)を布団たたきの棒で打ち、その後、児童相談所が寺に立ち入って少年を保護したことを明らかにした。
 一部報道で暴行の疑いと指摘されたことを受けた会見。住職は「火災の恐れのある布団置き場で喫煙していたのでたたいた。口頭注意では効果がなかった。教育の一環であり、暴行ではない」と説明した。
 会見した高尾住職と弁護士によると、少年は父親の要望で約4カ月前に寺に入った。少年は寺の外で自転車やたばこを盗むなどの非行を繰り返し、10月下旬ごろにたたいた。
http://this.kiji.is/173038955052793862?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

産業医科大学病院でまた点滴の袋に穴 北九州(21日)NHK

先月、点滴の袋に穴が開けられているのが見つかった北九州市にある大学病院で、ちょうど1か月後の20日、また点滴の袋に穴が開いているのが見つかり、警察は、器物損壊の疑いで捜査するとともに、前回の事件との関連を調べています。

20日正午すぎ、北九州市八幡西区にある産業医科大学病院の9階の消化管内科などがある病棟で、ナースステーションにあった21日に使う予定の点滴の袋1つに穴が開いているのを、点検していた看護師が見つけました。
同じ9階の病棟では、ちょうど1か月前の先月20日にも、患者に投与されていた点滴1つと未使用の点滴2つに針のようなもので穴が開けられているのが見つかり、異物の混入はありませんでしたが、警察が捜査を進めていました。警察によりますと、20日と先月のどちらのときにも患者への影響などはなかったということです。
病院では、先月の事件を受けて9階に防犯カメラを設置していましたが、20日は施設の保守点検のため作動していなかったということです。20日に見つかった穴も針のようなもので開けられていたということで、警察は、内部の事情に詳しい人物が穴を開けたと見て器物損壊の疑いで捜査するとともに、前回の事件との関連を調べています。
産業医科大学病院は「再発防止に全力を尽くしてきたが、多くの皆様にご迷惑とご心配をかけ心よりおわび申し上げます。引き続き安全対策に基づいて運営していきます」とコメントしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161120/k10010776581000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

派手さはないが…ひったくり撲滅へチャリパト隊(21日)読売

兵庫県尼崎市は、職員が自転車でパトロールをしながら、ひったくり被害防止を市民らに呼びかける「チャリパト隊」を発足させた。
 見た目の派手さはないが、過去の犯罪傾向から次の被害を予測して巡回。取り組みを始めた先月下旬以降、実施エリア周辺での発生はゼロといい、撲滅を目指す。
 「前かごは狙われやすいので、気を付けてください」
 今月10日の夕暮れ時。ヘルメットをかぶった同隊の職員2人が、自転車の前かごにバッグを入れていた女性を呼び止めた。
 週1回から数回、夕方以降に巡回。車が走りにくい路地などを約2時間かけて回り、被害に遭いそうな人に啓発チラシを手渡す。前かごへのネット装着などを呼びかけるチラシを見た女性は、「自分は大丈夫と思っていたが、声をかけられて初めて注意しようと思った」と話した。
 ひったくり対策に力を入れる同市では、公用車でのパトロールや、移動式防犯カメラの設置なども実施。発生件数は平成以降でピークの年間885件(2003年)から、昨年は71件にまで減少。今年1~10月は34件で、昨年同期から半減した。今年は初めて50件を下回る可能性がある。
 ただ、今秋も同市や周辺自治体で被害が連続発生。市生活安全課の若手職員たちが、「狙われそうな人に近いスピードで回れば、隙にも気付くし、話しかけやすい」と、自転車でのパトロールを考えた。
 巡回ルートは、発生場所や曜日などを地図に落として分析し、次に犯罪が起こる可能性のある場所を予測する「プロファイリング」を用いて決める。実際に街を走った職員は、「自転車に乗りながら声をかけると、感謝の言葉を返してくれる。巡回する姿を見せることで抑止効果もあると思う」と手応えを感じている。
 年内は取り組みを続け、その後は発生状況を見て決めるという。同課の北川貴宏課長は「公用車では見逃しがちな部分にも目を光らせ、地道に被害をなくしていきたい」と話す。(藤本幸大)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161121-OYT1T50006.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

梅干しの盗難相次ぐ 不作・悪天候を乗り越えたのに…(21日)朝日

和歌山県みなべ町芝の梅農家の倉庫から、南高梅(なんこううめ)の梅干しが入ったたる(約10キロ)が約300個なくなっていることが分かり、同町内の農家の男性(62)が田辺署に届け出た。同署が窃盗事件として調べている。
 男性によると、18日午前7時半ごろ、倉庫の鍵が壊され、保管していたたるの一部がなくなったことに気がついた。なくなったうちの半分以上は、高値がつく「A級」のもので、同日には出荷予定だったという。被害総額は約200万円ほどとみられ、男性は「元々不作で、それに加えてひょう被害もあって例年よりも梅の値段が高い。梅干しは一から労力をかけて作った物。本当に腹立たしい」。
 また10月中旬ごろには、近くにある別の農家の男性(52)が所有する倉庫でも被害があったこともわかった。この男性によると、倉庫の鍵を壊され、倉庫から梅干し入りのたるが約200個なくなったという。男性は「一年中何らかの作業をして梅干しはできる。梅干しがなければ、生活していけない」と悔しさをにじませた。
 9月には隣接する田辺市でも梅干しが入ったたる約200個が盗まれる被害が発生している。(金子和史)http://www.asahi.com/articles/ASJCN4J6ZJCNPXLB005.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月20日 | トップページ | 2016年11月22日 »