« NHK、ひき逃げ容疑者の顔写真を取り違え(2日)読売 | トップページ | サイバー犯罪対策を強化 官民合同会議初開催へ(2日)NHK »

2016年10月 2日 (日)

青酸連続死、千佐子被告の責任能力「問題なし」(2日)読売

青酸化合物を使った連続変死事件で、夫や元交際相手に対する3件の殺人罪と1件の強盗殺人未遂罪で起訴された

かけひ

千佐子被告(69)について、京都地裁が行っていた精神鑑定が終了した。関係者によると、30日、鑑定医による報告書が地裁に届き、刑事責任能力や訴訟能力は「問題ない」と鑑定されたという。                                

 

 千佐子被告について検察側は、捜査段階で精神鑑定を実施し、責任能力に問題はないとして昨年9月末までに起訴。一方、弁護側は今年3月、責任能力や訴訟能力に問題がある可能性があるとして鑑定を請求し、認められていた。
 事件では、千佐子被告側は、起訴された全4件で無罪を主張する方針。公判前整理手続きはこれまで19回行われたが、初公判の日程は決まっていない。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161001-OYT1T50066.html?from=ycont_top_txt

« NHK、ひき逃げ容疑者の顔写真を取り違え(2日)読売 | トップページ | サイバー犯罪対策を強化 官民合同会議初開催へ(2日)NHK »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64286704

この記事へのトラックバック一覧です: 青酸連続死、千佐子被告の責任能力「問題なし」(2日)読売:

« NHK、ひき逃げ容疑者の顔写真を取り違え(2日)読売 | トップページ | サイバー犯罪対策を強化 官民合同会議初開催へ(2日)NHK »