« 目黒の女性遺体遺棄 逮捕の男「失踪のように見せかけた」(27日)NHK | トップページ | 相模原で合同査察、出入国管理法違反の疑いで女逮捕(27日)TBS »

2016年10月27日 (木)

マッサージ不正請求、全国最多 静岡県内、チェック甘さ露呈(27日)共同

2011年度からの5年半で、75歳以上が加入する健康保険に全国で約9億円の不正請求があったことが25日判明したマッサージ、はり・きゅう療養費。静岡県では2カ所の施術所で、都道府県別では最多の計約1万2千件の不正・不適切請求が確認された。県後期高齢者医療広域連合によると、大半が静岡市清水区の治療院による不正請求だった。
 一つの施術所だけで全国の不正・不適切請求(約4万8千件)の約4分の1を占めることになった本県。不正・不適切な請求の金額は計約7700万円に上った。チェック体制の甘さが露呈した形で、県は各保険者に対し、「施術頻度が高い」「施術が長期間に及ぶ」「施術部位が多数にわたる」といった患者の請求に特に注目し審査を適切に実施するよう求めた。
 県によると、清水区の治療院の不正請求の発覚は、保険者が患者の施術回数の不自然な多さに疑問を抱いたのがきっかけ。月20回以上の施術を受けたとされる患者の履歴を調べたところ、施術回数や出張料(往療料)の水増し請求などの不正が次々に明らかになった。
 調査の結果、不正請求は2011年7月から15年8月までの約4年間で行われ、患者550人分、延べ1万1939件と分かった。同広域連合はこの治療院が不正請求で受給した約6678万円について「全額返還された」として、刑事告訴は見送った。
 相次ぐ不正の発覚を受け、国も対策を検討している。厚生労働省の専門委員会は9月下旬、不正請求対策について意見をまとめた。施術回数の水増し対策については「療養費支給申請書に施術頻度が高い必要性を記載させる」などとした。
 ただ、県内の行政関係者からは「規模が小さい自治体などの保険者ではチェック体制に限界がある」として、抜本的な対策を求める意見も出ている。
http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/295327.html

« 目黒の女性遺体遺棄 逮捕の男「失踪のように見せかけた」(27日)NHK | トップページ | 相模原で合同査察、出入国管理法違反の疑いで女逮捕(27日)TBS »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64404837

この記事へのトラックバック一覧です: マッサージ不正請求、全国最多 静岡県内、チェック甘さ露呈(27日)共同:

« 目黒の女性遺体遺棄 逮捕の男「失踪のように見せかけた」(27日)NHK | トップページ | 相模原で合同査察、出入国管理法違反の疑いで女逮捕(27日)TBS »