« 脱税、ITデータも調査 強制収集へ法改正検討(11日)日経 | トップページ | 「外国人多くご不便を」 南海電鉄40代車掌が不適切アナウンス…乗客クレーム発端 「差別の意図なかった」と釈明(11日)産経 »

2016年10月11日 (火)

核関連研究施設にサイバー攻撃 データ流出 富山大(11日)テレビ朝日

核融合炉の燃料などを研究している富山大学の施設がサイバー攻撃を受け、研究成果や個人情報などのデータが流出していたことが分かりました。
 富山大学によりますと、去年11月、「水素同位体科学研究センター」の非常勤職員がパソコンに届いた標的型メールを誤って開き、ウイルスに感染しました。原発事故の汚染水から放射性物質を除去する技術などの研究成果や、研究者ら約1500人分の個人情報が流出したということです。外部機関からの指摘で6月に発覚しましたが、富山大学は今月まで研究者らに伝えていませんでした。富山大学は「機密性の高い研究データはなかった」「流出したデータの確認などに時間がかかった」としています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000085265.html

« 脱税、ITデータも調査 強制収集へ法改正検討(11日)日経 | トップページ | 「外国人多くご不便を」 南海電鉄40代車掌が不適切アナウンス…乗客クレーム発端 「差別の意図なかった」と釈明(11日)産経 »

ネット犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64329814

この記事へのトラックバック一覧です: 核関連研究施設にサイバー攻撃 データ流出 富山大(11日)テレビ朝日:

« 脱税、ITデータも調査 強制収集へ法改正検討(11日)日経 | トップページ | 「外国人多くご不便を」 南海電鉄40代車掌が不適切アナウンス…乗客クレーム発端 「差別の意図なかった」と釈明(11日)産経 »