« 警視庁、暗視スコープ紛失…トリチウムを使用(18日)読売 | トップページ | ホステスに氷投げ…元組長六本木のクラブで“暴行”(18日)テレビ朝日 »

2016年10月18日 (火)

小池知事がコスト削減説明 バッハIOC会長は理解示す(18日)NHK

東京都の小池知事は、IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長と会談し、大会コストの削減に向け競技会場の見直しも含め検討していることを説明したのに対し、バッハ会長は都の取り組みに理解を示しました。そのうえで双方は、都、IOC、大会組織委員会、日本政府の4者による、大会コストの削減に向けた協議の場を設けることで合意しました。
 小池知事は、18日に来日したIOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長とコーツ副会長、それにJOC=日本オリンピック委員会の竹田会長と都庁で会談しました。
 会談の冒頭で小池知事は「大会を成功させるため、都知事として責任を持って進めたい」とあいさつし、バッハ会長は「東京大会はすばらしいものになると確信している。親密に協力したい」と応じました。
  このあと小池知事は、課題となっている大会コストの削減に向け、競技会場について見直しも含めて検討していることを説明し、「今月中に結論を出したい。すべてはオリンピックという世界の祭典が続く、その責任を東京が負っていることをベースに考えたい」と述べました。
 これに対しバッハ会長は、「東京が招致レースでほかの都市に勝って選ばれたのは、非常に説得力のある提案を出したからだ。この競争のルールを変えないことこそ理にかなっている」と述べました。
 そのうえで「東京の皆さんにとって、すばらしいレガシー、遺産を残すよう、せつに願っている。大幅にコストを削減していける潜在性はある」と述べ、都の取り組みに理解を示しました。
 そして、バッハ会長は、都、IOC、大会組織委員会、日本政府の4者による大会コストの削減に向けた協議の場を提案し、小池知事は「国民・都民に見える形で情報公開を徹底したい」と述べ、双方が早期に初会合を開けるよう調整を進めていくことで合意しました。
 小池知事は、18日の会談や、今月末にも示される都の調査チームの報告を踏まえて総合的に判断し、競技会場についての結論を出したうえで、4者協議に臨むことにしています。

小池都知事「ベストの選択求めていきたい」

東京都の小池知事は、会談のあと、記者団に対し、「バッハ会長が『もったいない』という日本語を出されて驚いた。4者協議については私も提案しようとしていたが、ここにIF=国際競技団体や、NF=国内競技団体も加えて実質的に進めていければと思う。都庁で開いてもらえばベストだ」と述べました。そのうえで「都としての結論を出すが、今回のバッハ会長の訪問を受けてスピード感を持って決めたい。私はベストの選択を求めていきたい。基本的にレガシー、遺産や、アスリートファーストも大事だと申し上げている」と述べました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161018/k10010733771000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

« 警視庁、暗視スコープ紛失…トリチウムを使用(18日)読売 | トップページ | ホステスに氷投げ…元組長六本木のクラブで“暴行”(18日)テレビ朝日 »

東京都関係ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小池知事がコスト削減説明 バッハIOC会長は理解示す(18日)NHK:

« 警視庁、暗視スコープ紛失…トリチウムを使用(18日)読売 | トップページ | ホステスに氷投げ…元組長六本木のクラブで“暴行”(18日)テレビ朝日 »