« 救急車で患者搬送後に路地裏で時間つぶしの休憩63回 残業代15万円〝荒稼ぎ〟千葉市消防局の50代隊長を停職処分 「手当が欲しかった…」(2日)産経 | トップページ | ATM不正、6暴力団関与…海外ハッカー連携か(3日)読売 »

2016年10月 3日 (月)

巨大ドール、交通安全願い続けて35年 埼玉(3日)朝日

写真・図版

 交通事故の撲滅を願う巨大な人形「交通安全啓発ドール」が、埼玉県寄居町桜沢の交差点に今年もお目見えした。地元のボランティアが1981年以来、春と秋の交通安全運動にあわせてほぼ毎年欠かさずつくり続け、今回で72体目になる「ドール」。35年たった今も変わらず、交差点から安全運転を願い続けている。
 今年登場したのは、人々を救済するといわれる「弥勒菩薩(ぼさつ)」をかたどった人形。高さ約4メートル、重さ約300キロの大きさを誇る。寄居署管内では今年、4人が交通事故で亡くなっており、「見守ってほしい」との思いで選ばれたという。
 制作するのは、寄居地区交通安全協会の有志や地元のボランティア。材料は牛乳パックや木の板、竹など地元の業者や地域住民から分けてもらった廃材だ。インターネットで見つけた画像を頼りにデザインを練った菩薩ドールは、のべ325人が65日がかりでつくり上げた。「35年の技術の蓄積」。制作責任者の松本清さん(68)は話す。
 巨大ドール制作のきっかけは、…
残り:578文字/全文:997文字http://www.asahi.com/articles/ASJ9V7J36J9VUTNB015.html

« 救急車で患者搬送後に路地裏で時間つぶしの休憩63回 残業代15万円〝荒稼ぎ〟千葉市消防局の50代隊長を停職処分 「手当が欲しかった…」(2日)産経 | トップページ | ATM不正、6暴力団関与…海外ハッカー連携か(3日)読売 »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64291939

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大ドール、交通安全願い続けて35年 埼玉(3日)朝日:

« 救急車で患者搬送後に路地裏で時間つぶしの休憩63回 残業代15万円〝荒稼ぎ〟千葉市消防局の50代隊長を停職処分 「手当が欲しかった…」(2日)産経 | トップページ | ATM不正、6暴力団関与…海外ハッカー連携か(3日)読売 »