カテゴリー

« 携帯電話事業者の協会詐取=詐欺容疑で元派遣従業員ら逮捕-被害2億円超・京都府警(28日)時事 | トップページ | 成田空港で高校生34人搬送 ベトナム帰り、食中毒か(28日)共同 »

2016年10月28日 (金)

インフラ事業者へ攻撃急増 標的型メール、同じ「X」(28日)西日本

国内の重要インフラ事業者に取引先などを装ってウイルス付きメールを送り、情報を盗み出そうとする「標的型メール攻撃」が今夏に急増したことが28日、政府関係者への取材で分かった。ほぼ全件に関与している攻撃者は、過去にも同様の攻撃を繰り返しており、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は攻撃者を「X」と名付けて注意喚起、警戒を強めている。
 IPAと重要インフラ7業界(87組織)でつくる「サイバー情報共有イニシアティブ(J―CSIP)」の関係者によると、昨年4月以降、標的型メールの数は毎四半期ごとに20~30通程度だったが、7~9月に123通に増加した。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/285141

« 携帯電話事業者の協会詐取=詐欺容疑で元派遣従業員ら逮捕-被害2億円超・京都府警(28日)時事 | トップページ | 成田空港で高校生34人搬送 ベトナム帰り、食中毒か(28日)共同 »

ネット犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 携帯電話事業者の協会詐取=詐欺容疑で元派遣従業員ら逮捕-被害2億円超・京都府警(28日)時事 | トップページ | 成田空港で高校生34人搬送 ベトナム帰り、食中毒か(28日)共同 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ