« ホルマリン液誤注入、業務上過失致傷容疑で患者が医師を告訴(14日)TBS | トップページ | 嗣永桃子さんが一日署長 麻布十番でパレード(14日)テレビ朝日 »

2016年10月14日 (金)

徘徊高齢者発見、愛知・大府市で実験 名工大などと(14日)日経

 愛知県大府市や名古屋工業大学などは14日から、認知症で徘徊(はいかい)する高齢者を見つけるシステムの実証実験を始める。同市内の一部地区の公共施設や商店など16カ所に固定型受信機を設置。住民10人に外出時にセンサーを持ってもらい、受信機の近くを通ると名工大が管理するサーバーに位置情報が送られる仕組み。
 実験は来年2月末までの予定。システムの有用性を検証する。システム開発に向けた実証実験は2014年度から始めているが、固定型受信機を使うのは今回が初めて。認知症で徘徊する高齢者を発見するのは難しいことから、大府市は地域として高齢者を見守るモデルになると期待している。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD13H16_T11C16A0CN8000/

« ホルマリン液誤注入、業務上過失致傷容疑で患者が医師を告訴(14日)TBS | トップページ | 嗣永桃子さんが一日署長 麻布十番でパレード(14日)テレビ朝日 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64345833

この記事へのトラックバック一覧です: 徘徊高齢者発見、愛知・大府市で実験 名工大などと(14日)日経:

« ホルマリン液誤注入、業務上過失致傷容疑で患者が医師を告訴(14日)TBS | トップページ | 嗣永桃子さんが一日署長 麻布十番でパレード(14日)テレビ朝日 »