« 横浜アリーナのドア蹴って破損 自称記者の27歳女を容疑で逮捕(2日)産経 | トップページ | 自宅で拳銃と実弾所持容疑、三重・紀北町の町議逮捕(2日)TBS »

2016年10月 2日 (日)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(2、3日 単位・レベル) 
国の存亡の危機だ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012248

 「笑顔の絶えない明るい家庭を築きたい」―結婚後、どんな家庭を持ちたいか?という質問に決まって返ってくる言葉だ。今、そんな言葉が聞かれることは少ない。
 国立社会保障・人口問題研究所によると、交際相手のいない未婚者は男性が7割、女性は6割にのぼる。なんと、交際そのものを望んでいない未婚男性は30%、女性は25%もいるという。そんなに「家庭」は魅力がないのだろうか?
 警察庁によると被疑者と被害者の関係では刑法犯認知件数が最悪だった平成14年と比較すると同年の実父母間における殺人事件の検挙件数は99件だったが、平成27年は121件と増加傾向にある。さらに暴行事犯に至っては、平成14年の検挙件数219件に対して27年は3743件と激増しているのだ。
 また配偶者殺人は同184件が同147件に、実子殺人が同93件から同91件に、嬰児殺しが同25件から同17件になるなど、これらは減少しているが、増減を繰り返しているに過ぎない。数字的には「家庭崩壊」に見えると言っても過言ではあるまい。
 家庭とは、国や地域社会に比べ共同体の中で一番小さいものの、個人一人ひとりにとって生きて行くうえで一番大切なもの。しかも、次世代を担う子供たちは家庭という共同体の中で成長していくもので、その家庭がなければ何をか言わんやだ。国の存亡の危機に値する。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
全国都道府県の体感治安はdownwardleft

東京体感治安判定方式】 
Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる 感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であ り、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都 内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し  ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

全国の体感治安(警察庁資料参考)
□治安安定 白色 □やや安定 黄色 □普通 緑色 □不安定 青色 □悪い 赤

F1012226

 

« 横浜アリーナのドア蹴って破損 自称記者の27歳女を容疑で逮捕(2日)産経 | トップページ | 自宅で拳銃と実弾所持容疑、三重・紀北町の町議逮捕(2日)TBS »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64289855

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 横浜アリーナのドア蹴って破損 自称記者の27歳女を容疑で逮捕(2日)産経 | トップページ | 自宅で拳銃と実弾所持容疑、三重・紀北町の町議逮捕(2日)TBS »