« 社福法人側、捜索押収物の返還求め特別抗告へ(23日)朝日 | トップページ | 中国自動車道で乗用車とトラック2台事故 1人死亡1人意識不明(23日)NHK »

2016年10月23日 (日)

余震172回、295棟損壊…1500人が避難(23日)読売

鳥取県中部で21日に震度6弱を観測した地震で、同県内は22日も断続的な揺れに見舞われ、同日夜現在で約1500人が避難している。
 気象庁によると、同県中部では23日午前0時までに震度1~4の余震を計172回観測。同庁は、今後1週間程度、震度6弱程度の地震に注意するよう呼びかけている。同県はこれまでに295棟の損壊を確認している。
 鳥取県によると、県内では21日から22日にかけ、約2800人が避難所や車の中などで一夜を過ごした。22日午後8時現在では、倉吉市や三朝(みささ)町、湯梨浜(ゆりはま)町、北栄(ほくえい)町などに37か所の避難所が設置され、計1578人が避難。引き続き車中泊する住民もいるという。
 気象庁によると、鳥取県中部では21日午後2時7分頃に震度6弱の地震が発生した後、23日午前0時までに震度4が6回、震度3が20回、震度2が45回、震度1が101回あった。一連の地震は、三朝町中央付近から北栄町と倉吉市の境界付近まで、南北方向に長さ10キロ超にわたって起きている。この領域の地下に震源の断層があるとみられる。
 気象庁の青木元・地震津波監視課長は「近くに活断層はないが、内陸の地震では活断層ではない所でも起きることはある」と説明している。
 地震によって地盤が弱くなり、土砂災害が起こりやすくなったため、気象庁は当面の間、被災地周辺では、大雨警報や注意報、土砂災害警戒情報の発表基準を引き下げて運用することを決めた。対象は、震度5強以上を観測した鳥取県倉吉市や岡山県真庭市など7市町。発表する雨量の基準を通常の7~8割に引き下げる。
 鳥取県によると、同県内の重軽傷者は17人。住宅被害の内訳は全壊3棟、半壊2棟、一部損壊290棟。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161022-OYT1T50110.html?from=ycont_top_txt

« 社福法人側、捜索押収物の返還求め特別抗告へ(23日)朝日 | トップページ | 中国自動車道で乗用車とトラック2台事故 1人死亡1人意識不明(23日)NHK »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 余震172回、295棟損壊…1500人が避難(23日)読売:

« 社福法人側、捜索押収物の返還求め特別抗告へ(23日)朝日 | トップページ | 中国自動車道で乗用車とトラック2台事故 1人死亡1人意識不明(23日)NHK »