« 入国審査時に顔画像照合を導入 法務省、テロ防止へ水際対策強化(14日)共同 | トップページ | 電通社員過労自殺 労働局が本社を抜き打ち調査(14日)NHK »

2016年10月14日 (金)

7人死亡ホーム火災、社長に無罪 認知症高齢者向け、札幌地裁判決(14日 )共同

札幌市北区の認知症高齢者向けグループホーム「みらい とんでん」で2010年3月、入居者7人が死亡した火災で、業務上過失致死の罪に問われた施設運営会社社長、谷口道徳被告(58)に対し、札幌地裁(金子大作裁判長)は14日、無罪判決を言い渡した。求刑は禁錮2年。
 金子裁判長は認知症の入居者の行動が出火につながったとする検察側の主張について、裏付けがなく「認められない」と指摘した。
 公判では、出火原因や谷口被告が火災を予見できたかが争点。検察側が「入居者の行動が原因で火災は予見できた」とする一方、弁護側は「夜勤の職員の不注意で予見できなかった」と争っていた。
http://this.kiji.is/159525159370194946?c=39546741839462401

« 入国審査時に顔画像照合を導入 法務省、テロ防止へ水際対策強化(14日)共同 | トップページ | 電通社員過労自殺 労働局が本社を抜き打ち調査(14日)NHK »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7人死亡ホーム火災、社長に無罪 認知症高齢者向け、札幌地裁判決(14日 )共同:

« 入国審査時に顔画像照合を導入 法務省、テロ防止へ水際対策強化(14日)共同 | トップページ | 電通社員過労自殺 労働局が本社を抜き打ち調査(14日)NHK »