« 2016年10月25日 | トップページ | 2016年10月27日 »

2016年10月26日

2016年10月26日 (水)

トイレ詰まらせアジトが発覚 特殊詐欺グループ逮捕 警視庁(26日)産経

息子を装って現金をだまし取ろうとしたとして、警視庁捜査2課は、詐欺未遂容疑で、東京都中央区湊の無職、大谷克美(31)と、埼玉県川越市諏訪町の無職、黒崎貴志(27)の両容疑者を逮捕し、東京都板橋区内のアジトを摘発した。捜査2課によると、ともに容疑を否認している。
 8月上旬、足立区内のマンションで、シュレッダーにかけた書類が流されたトイレが詰まり、管理人側が水漏れの疑いで110番通報。詰まった書類を確認したところ、特殊詐欺のメモ類だった疑いが強まり、その後も詐欺グループがアジトを移転して犯行を続けているとみて捜査2課が捜査を進めていた。
 逮捕容疑は10月25日、世田谷区の無職男性(81)に息子を装って「病院で小切手の入ったカバンを盗まれた」などと嘘の電話をして現金100万~200万円をだまし取ろうとしたとしている。http://www.sankei.com/affairs/news/161026/afr1610260030-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

援助交際で女子高生に偽札 岐阜の僧侶を偽造容疑で逮捕、愛知県警(26日)産経

インターネットで知り合った女子高校生と援助交際をした見返りに自作の偽1万円札を渡したとして、愛知県警中村署は26日、通貨偽造・同行使の疑いで、岐阜県大垣市の僧侶、神戸寛亮容疑者(28)を逮捕した。
 逮捕容疑は、大垣市にある勤務先の寺で1万円札を偽造し、今年3月29日に大垣市のホテルで援助交際の対価として、当時17歳の少女に偽札を渡した疑い。
 中村署によると、少女が名古屋市の薬局で支払いした際に店員から指摘され、一緒にいた知人が県警に連絡して発覚。少女は少なくとも2枚の偽札を受け取っていたという。同じ番号の偽1万円札がほかに愛知、岐阜両県で計3枚見つかっており、関連を調べる。
http://www.sankei.com/affairs/news/161026/afr1610260036-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

50分で5件…大阪で連続不審火 インターホンが次々(26日)テレビ朝日

ンターホンが次々と燃える連続不審火事件が起きました。
 25日午後9時半ごろ、大阪府松原市の住宅で、インターホンが鳴って住人が玄関から出ると、門に取り付けられたインターホンや照明などが燃えていました。その後の約50分間で、住宅のインターホンや路上にある掲示板の貼り紙などが燃える不審火が半径600メートルの範囲で5件、相次ぎました。けが人はいませんでした。いずれの現場も火の気はなく、不審な少年2人が目撃されていて、警察は連続放火事件とみて調べを進めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000086401.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

トイレ詰まりがきっかけ、オレオレ詐欺グループ摘発(26日)TBS

高齢者から現金をだまし取っていたとみられるオレオレ詐欺グループのメンバー2人が警視庁に逮捕されました。捜査開始のきっかけは、アジトのトイレが詰まったことでした。
 逮捕されたのは埼玉県川越市の無職・黒崎貴志容疑者(27)と東京・中央区の無職・大谷克美容疑者(31)で、25日、東京・世田谷区に住む81歳の男性に対し、息子になりすまして電話をかけ、「病院でかばんを盗まれた」などとウソを言って現金をだまし取ろうとした疑いが持たれています。
 2人は容疑を否認していますが、警視庁は、今年5月以降、少なくとも4人からあわせて1600万円以上をだまし取っていたとみて裏付けを進めています。
 黒崎容疑者らのオレオレ詐欺グループは、証拠隠滅のためメモなどの書類を随時シュレッダーにかけてトイレに流していたとみられていて、今年8月、当時アジトとして使っていたマンションの一室でトイレの水が詰まり、通報されたことがきっかけで、警視庁が捜査を始めたということです。(26日19:54)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2901006.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

インサイダー疑いで強制調査 ライザップ子会社の前社長(26日)共同

フィットネスクラブ運営会社「RIZAP(ライザップ)グループ」の子会社の男性前社長(50)が、アパレル企業とライザップが結んだ業務提携契約の公表前に同社株を購入していたとして、証券取引等監視委員会が男性を金融商品取引法違反(インサイダー取引)の疑いで強制調査していたことが26日、市場関係者への取材で分かった。
 ライザップは昨年2月に大阪府内のアパレル企業と資本業務提携。500円台だった株価は720円を突破した。関係者によると、男性は公表前の情報を入手し、知人名義の口座を通じて株を大量に購入、その後売り抜けていた。1千万円超の利益を得たという。
http://this.kiji.is/163982782873403394?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

パロディーTシャツ 販売店経営者ら13人逮捕(26日)NHK

有名ブランドのロゴマークをアレンジしたいわゆるパロディーTシャツを販売している大阪・ミナミの店の経営者らが、商標法違反の疑いで警察に逮捕されました。
 逮捕されたのは、大阪・ミナミで、いわゆるパロディーTシャツを販売している店の経営者で、ナイジェリア人のオベムディア・キングスリー容疑者(51)ら合わせて13人です。警察は、26日昼前、商標法違反の疑いで6つの店を一斉に捜索し、商品などを押収しました。
 警察によりますと、これらの店では、スポーツメーカーのナイキに似せたロゴマークの上に「NAMAIKI」と書かれたパロディーTシャツなどが、1枚3000円程度で販売されていたということです。
 パロディーTシャツは、おもしろさから、中高生を中心に人気がある一方、メーカーからは、ブランドイメージを損なうとして、取り締まりを求める声が上がっています。
警察は、押収した数百点の商品を分析するとともに、販売の実態を調べています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161026/k10010745481000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子大生殺人7年、写真・動画の提供呼びかけ(26日)読売

2009年11月、島根県浜田市の同県立大1年平岡都さん(当時19歳)の遺体の一部が、北広島町の

臥龍

がりゅう

山で見つかった浜田女子大学生殺害事件。
 捜査は有力な手がかりがないまま、平岡さんが行方不明になってから26日で7年を迎える。島根・広島両県警の合同捜査本部は「薄れゆく記憶より確かな記録を」とし、当時の浜田市内や臥龍山付近などが写った写真や動画などの提供を呼び掛けている。
 島根県警捜査1課によると、合同捜査本部は2013年4月以降、捜査員110人(島根70人、広島40人)態勢。捜査員は他の事件を兼務しながら、平岡さんの足取りが途絶えたアルバイト先の商業施設「ゆめタウン浜田」からの帰路や、臥龍山付近での聞き込み、友人・知人らへの聞き込みを繰り返し、寄せられた情報の追跡捜査などにあたっている。
 今年9月までの1年間、合同捜査本部に寄せられた新たな情報は166件(前年同期100件)。遺体損壊の現場になった可能性があるとして、これまでに同県西部と広島県側の山県署管内の空き家約8100軒を調べた。行方不明になった当日、不審な白いセダン型の車が目撃されており、同型の車約600台を調べたが、有力な情報は得られていない。
 島根県警の杉原知行捜査1課長は、平岡さんが行方不明になった前後、県立大浜田キャンパスや、ゆめタウン浜田、臥龍山付近などを記録した写真や映像のほか、当時の記憶などの情報を求めているという。
 杉原課長は、現場の下見をしている犯人が写っている可能性もあるとし、「情報は組み合わせによってどこでどう転がるか、どこでリンク(連結)して化けるかわからない。どんなささいな情報でもいいので、寄せてほしい」と話した。
 情報提供は合同捜査本部(0120・385・301)へ。(佐藤一輝)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161026-OYT1T50049.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

入院患者の朝食から異臭、異物混入か 東名古屋病院(26日)朝日

 国立病院機構・東名古屋病院(名古屋市名東区)は26日、入院病棟の患者の朝食に異臭があり、異物が混入された疑いがあるとして、愛知県警に通報したと発表した。今のところ健康被害はないという。県警は混入の可能性も含め、異臭の原因物質の特定を進めている。名古屋市は27日、食品衛生法に基づいて立ち入り調査する。
 病院や名古屋市の説明では、25日午前6時50分ごろ、重症心身障害者病棟(50床)で、同じスープを出された患者26人のうち1人から「味に異常がある」と訴えがあった。病院側が患者に出した食事や、一緒に配ったうがい用のコップを調べたところ、コップの一つからも同じ塩素系の異臭がした。病院で管理する必要がある薬品に異常はないという。病院は26日までに県警と名古屋市に相談した。
 食事は病院内で作っており、25日の朝食はスープのほかに3品あった。配膳した職員は異臭に気づかなかったという。
 病院は、入院患者やその家族には個別に連絡し、事情を説明。26日分の食事は複数の職員がチェックしたうえで配膳したという。
 記者会見した今井常夫院長は「患者、家族の皆さまに不安とご迷惑をおかけし、おわびします」と陳謝した。
 東名古屋病院には468床あり、26日時点で330人が入院している。東海北陸地方国立病院機構の中で呼吸器疾患に関する中心的な施設で、神経・筋疾患、重症心身障害者などに関する専門医療施設もある。職員数は約450人。

http://www.asahi.com/articles/ASJBV647PJBVOIPE02H.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(26、27日 単位・レベル) 
防げない事件である
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012324

 ストーカーやDVで殺人に発展する事件がなくならない象徴的な事件となってしまった―9月から行方不明になっていた24歳の女性の遺体を遺棄したとして50歳の無職の男が警視庁に逮捕された。
 今年7月、女性は男に暴行を受けて埼玉県警川口署に逮捕された。この時、警察は女性と接触しないとする誓約書を提出させ男を釈放。同時に女性の住む警視庁目黒署に連絡。これを受けた目黒署は、女性に住居や携帯などの連絡方法の変更を指導。
 8月になって男は、行政書士を通して女性に交際時の費用の返済を求めていたほか、9月になって男が女性のかつてのアルバイト先を訪れるたり、女装までして接触を図るなどストーカー的な行為をしていたとして再々度目黒署に相談。同署は実家やホテルなどへの避難(引っ越し)を指導したが、連絡はその後途絶え事件に発展。捜査の結果、男が浮上した。
 こうなるとマスコミが報じるのは「警察に相談していたが防げなかった」となる。
 この事件には大きな争点がふたつある。第一の争点は川口署のとった誓約書を書かせて釈放した時点。もうひとつは、目黒署が被害女性に実家やホテルへの避難を指導したが、引っ越し代の金銭問題などで指導に従えなかったことだ。
 ストーカーやDVで殺人に発展するには大きな訳がある。それは警察が「事件にして相手を逮捕しましょう」と言うと、ほとんどの女性は「結構です」と断る。
 その訳は、逮捕してもストーカー規制法では6月以下の懲役又は50万円以下の罰金。暴行をしていても2年以下の懲役又は30万円以下の罰金と軽く初犯となれば1年そこそこで娑婆に戻ってしまう。当然、その時点での復讐を恐れるのだ。
 傷害が絡んでの逮捕となれば15年以下の懲役又は50万円以下の罰金となるが、残念ながらストーカー行為は親告罪なのだ。被害者に訴える意思がなければ逮捕できないのである。
 さらに今回の事件で警察は〝隔離〟するため引っ越しなどの指導をしたが、結果的に事件になってしまった。費用の問題も絡んでいるようだが、なんで女性センターへ隔離して住民表の発行を停止しなかったのか?が問われるが、これとて強制ではない。
 その判断は極めて難しい。相談者からどこまで相手の男の気性を引き出せるかだ。凶暴性があるのか否かを読み取れるかが勝負になる。
 完全に抑止するためには刑罰の強化しかない。冗談だが、フィリピンのドゥテルテ大統領のように、「薬物」でなく、ストーカーやDVで大きな事件を起こした場合は無期懲役か死刑にするしか方法はないようだ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
困り事相談回答集downwardleft

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

大川小津波訴訟、児童の遺族側が勝訴 石巻市などに約14億円の賠償命じる(26日)産経

東日本大震災の津波で児童・教職員の計84人が犠牲となった宮城県石巻市立大川小の児童23人の遺族29人が、市と県に計23億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、仙台地裁であった。高宮健二裁判長は石巻市などに約14億円の賠償を命じる判決を言い渡した。
 弁論で遺族側は「防災行政無線や市の広報車が大津波警報の発令を伝え避難を呼びかけていた」として津波の予見は可能だったと訴えていた。学校側は「大川小は市のハザードマップで津波浸水域外だった」と強調、請求棄却を求めていた。
 訴状によると、遺族は事故を「明らかな人災」と主張。学校側は地震発生直後、大津波警報などで津波を予見できたが、児童を校舎の裏山などの高台に避難させず、津波が来るまでの約50分間、児童を校庭に待機させ続けるなど安全配慮を怠ったとしていた。
http://www.sankei.com/affairs/news/161026/afr1610260022-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

大分市の女性会社員行方不明から1か月、警察が情報提供呼びかけ(26日)TBS

大分市の会社員・五條堀美咲さんが行方不明となって1か月が経ち、警察は26日朝からチラシを配って、改めて情報提供を呼びかけました。
 大分県警は、26日朝、行方不明となっている五條掘美咲さん(24)についての情報提供を呼びかけるチラシ1700枚を、大分市のJR大分駅と鶴崎駅の2か所で配りました。
 大分市横尾の会社員・五條掘美咲さんは、先月25日の午後11時半頃、自宅に遊びに来ていた友人が帰宅した後、行方がわからなくなっています。警察は、五條掘さんが所持しているとみられるバッグやスマートフォンを公開。これまで71件の情報が寄せられていますが、有力な手がかりは得られていません。
 警察は、来週にも、五條掘さんの自宅周辺で、所持品の捜索を行う方針です。
 大分東警察署 097-527-2131
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2900703.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

スマホなど詐取容疑 警視庁、2人逮捕(26日)日経

 他人名義の免許証を使ってスマートフォン(スマホ)など5台をだまし取ったとして、警視庁サイバー犯罪対策課は26日までに、職業不詳、平泉祐太郎容疑者(31)=東京都大田区中央3、無職、古川岳志容疑者(31)=板橋区大山東町=を詐欺容疑で逮捕した。
 同課によると、2人はスマホなどを狙う詐欺グループの実行役。指示役から他人名義の免許証や偽造通帳を受け取ってスマホなどを詐取し、転売していた。このグループは少なくとも昨年9月から今年2月までスマホ計約200台を詐取し、約1200万円で転売したという。
 同課はこれまで、平泉容疑者ら以外に、グループのメンバーとされる男女4人を詐欺容疑などで逮捕している。メンバーは10人程度いるとみられ、同課は指示役の特定を急ぐ。
 逮捕容疑は今年6月、横浜市内の携帯電話販売店で他人名義の免許証などを示し、代金を支払うと偽ってスマホなど5台(計約51万円相当)を詐取した疑い。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG26H2Z_W6A021C1CC0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

宇都宮の爆発は圧力鍋爆弾か 金属の鍋蓋見つかる(26日)テレビ朝日

宇都宮市の連続爆発事件で、元自衛官の男の車から数十メートル離れた場所で金属製の鍋のふたが見つかったことが分かりました。威力が強い圧力鍋爆弾が使われたとみられています。
 この事件では、死亡した元自衛官の栗原敏勝容疑者(72)の自宅と容疑者の車、それに宇都宮城址公園で相次いで爆発や火災が起きました。栗原容疑者の車が爆発した駐車場では多数の釘などの金属片が見つかっていますが、その後の捜査関係者への取材で、さらに数十メートル離れた場所で、ひしゃげた金属製の鍋のふたが見つかったことが分かりました。また、公園からも100個以上の釘などや焦げた乾電池、リード線が見つかっています。警察は、栗原容疑者が威力が強い圧力鍋爆弾に釘を入れて殺傷能力を高めた可能性があるとみて調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000086375.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

息子装う詐欺 3500万被害(26日)NHK

さいたま市と埼玉県上尾市で、息子を装って金を要求する電話が相次ぎ、60代と80代の女性が合わせて3500万円をだまし取られました。
警察は詐欺事件として捜査しています。
 警察によりますと、今月19日、さいたま市大宮区に住む67歳の女性の自宅に息子を装った男から「会社の金で株に手を出した。1000万円必要だ」などとうその電話がありました。
女性は20日、JRの「さいたま新都心駅」付近で、息子の会社の同僚をかたる男に現金1000万円を手渡しました。
さらに21日にも「お金が足りない」という電話を受け、現金1000万円を手渡したということで、合わせて2000万円をだまし取られたということです。
また、上尾市でも今月19日、80歳の女性の自宅に息子を装った男から「喫茶店でかばんをなくした。3000万円、どうにかならないか」とうその電話がありました。
女性は銀行のATMから金を引き出したり、定期預金を解約したりして現金を用意し、自宅近くに来た男などに4回にわたって合わせて1500万円余りをだまし取られたということです。
警察は、いずれも詐欺事件として捜査しています。 http://www3.nhk.or.jp/lnews/saitama/1106017351.html?t=1477453359048

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニ強盗11万被害 久喜(26日)NHK

26日未明、埼玉県久喜市のコンビニエンスストアに包丁のような刃物をもった男が押し入り、現金およそ11万円を奪って逃げ、警察は、強盗事件として逃げた男の行方を捜査しています。
 26日午前2時50分ごろ、久喜市菖蒲町台の「ローソン白岡菖蒲インター店」に男が押し入り、男性の店員に「お金を出してくれる」などと包丁のような刃物を突きつけて脅し、現金およそ11万円を奪って逃げました。
当時、店内に客はおらず、店員にけがはありませんでした。
警察によりますと、逃げた男は年齢が20歳代で身長は1メートル70センチくらい、黒のパーカーを着て灰色のズボンをはいたということです。
警察は強盗事件として逃げた男の行方を捜査しています。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/saitama/1106017471.html?t=1477453274642

| コメント (0) | トラックバック (0)

高配当うたう投資詐欺容疑、30億円集金か 6人逮捕(26日)朝日

 高配当をうたい、石油や金の先物取引への投資話で現金をだまし取ったとして、岩手、秋田両県警は25日、盛岡市でエステや広告事業などを営む会社「ベリテ」の役員、中里浩幸容疑者(50)=同市東黒石野1丁目=ら6人を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。岩手県警は、全国の二百数十人から30億円以上を集めたとみて調べている。
 両県警によると中里容疑者の逮捕容疑は、昨年4月から9月にかけて盛岡市秋田市に住む60代の女性3人に対し、元本保証と高配当をうたって架空の投資話を持ちかけ、計1650万円をだまし取ったというもの。昨年12月、両県警に「元本が戻ってこない」などと相談があったという。http://www.asahi.com/articles/ASJBV3DF2JBVUJUB003.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

宇都宮の爆発は圧力鍋爆弾か 金属の鍋蓋見つかる(26日)テレビ朝日

宇都宮市の連続爆発事件で、元自衛官の男の車から数十メートル離れた場所で金属製の鍋のふたが見つかったことが分かりました。威力が強い圧力鍋爆弾が使われたとみられています。
 この事件では、死亡した元自衛官の栗原敏勝容疑者(72)の自宅と容疑者の車、それに宇都宮城址公園で相次いで爆発や火災が起きました。栗原容疑者の車が爆発した駐車場では多数の釘などの金属片が見つかっていますが、その後の捜査関係者への取材で、さらに数十メートル離れた場所で、ひしゃげた金属製の鍋のふたが見つかったことが分かりました。また、公園からも100個以上の釘などや焦げた乾電池、リード線が見つかっています。警察は、栗原容疑者が威力が強い圧力鍋爆弾に釘を入れて殺傷能力を高めた可能性があるとみて調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000086375.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

在特会前会長に「殺すぞ」「ばりきもいねんけど」 ツイッターに書き込んだ高校生ら5人書類送検(26日)産経

7月31日投開票の東京都知事選に立候補した「在日特権を許さない市民の会」前会長の桜井誠氏(44)をインターネットで脅すなどしたとして、警視庁が脅迫や公職選挙法違反(自由妨害)の疑いで、栃木県佐野市の男子高校生(17)ら5人を書類送検していたことが26日、捜査関係者などへの取材で分かった。「反応が面白かった」などと容疑を認めているという。 送検容疑は7月中旬、桜井氏を「殺す」「当選させたくありません」などとツイッターに投稿したなどとしている。5人は互いに面識のない他人だった。 桜井氏が警視庁に被害届を出していた。桜井氏は都知事選に無所属で出馬して11万票超を獲得し、落選した。
 桜井氏をめぐっては出馬したころから、ネット上に桜井氏を攻撃する文言が出始めていた。続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性遺体遺棄事件 逮捕の男 女装して待ち伏せか(26日)NHK

先月から行方不明になっている東京・目黒区の24歳の女性の遺体を遺棄したとして元交際相手の男が逮捕された事件で、男が女装して女性のマンション付近を出入りしていたことが警視庁への取材で分かりました。警視庁は、気付かれないように変装して待ち伏せしていたとみて調べています。
 この事件は、行方が分からなくなっている目黒区大橋の会社員、中元志織さん(24)の遺体を先月中旬、埼玉県や千葉県の川などに遺棄したとして、元交際相手で住所不定、無職の佐賀慶太郎容疑者(50)が死体遺棄の疑いで警視庁に逮捕されたものです。
警視庁は佐賀容疑者の供述に基づいて、26日から千葉県野田市の利根川でダイバーによる捜索などを行うことにしています。
 これまでの調べに対し、佐賀容疑者は容疑を認め、「中元さんのマンションの部屋で刃物で刺して殺害し、遺体を切断した」などと供述しているということですが、その後の調べで、中元さんが行方不明になった先月中旬、佐賀容疑者がカツラをかぶるなど女装してマンション付近を出入りしていたことが警視庁への取材で分かりました。
 佐賀容疑者はことし7月、中元さんに暴行を加えたとして埼玉県警に逮捕され、中元さんに接触しないという誓約書を書かされていたということです。警視庁は、気付かれないように変装して待ち伏せしていたとみて調べています。

「ロングヘアのかつらにマスク姿」

行方不明になっている中元さんと同じマンションに住む女性は「今月初めごろにかつらをかぶった男性の写真を警察官から見せられ、『見たことがあるか』と聞かれました。写真は、男性が旅行用の黒い大きなボストンバックを持っているものや、エレベーターに乗っているものなど複数ありました。ロングヘアのかつらにマスク姿で、赤いチェックのシャツを着ていましたが、不自然な感じがあり、明らかに男性が女装していると思いました」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161026/k10010744721000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

医師を再逮捕、準強姦の疑い 酒飲ませ女性暴行「同意した」/吉川署(26日)共同

吉川署は25日、準強姦(ごうかん)の疑いで、千葉県船橋市海神6丁目、医師の男(31)を再逮捕した。
 再逮捕容疑は9月18日午前5時5分ごろから同20分ごろの間、東京都大田区の自宅マンションで、県内に住む20代女性に酒を飲ませた上、睡眠中で抵抗できない状態であるのに乗じて暴行した疑い。
 同署によると「相手も同意していた」などと容疑を否認しているという。
 男は7月5日、同じマンションで、県内に住む別の20代女性に対しても同様の手口で暴行を加えたとして、今月5日に同容疑で逮捕されていた。
http://www.saitama-np.co.jp/news/2016/10/26/01.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「イレブンスリー暴走」阻止、国道の一部閉鎖(26日)読売

大阪府岸和田市の国道26号で毎年11月3日未明に若者らがバイクや車で繰り広げる暴走行為を防ぐため、府警は今年初めて国道の一部を事前に封鎖する。

  •                                
     
           

 「イレブンスリー暴走」と呼ばれ、年々見物人が増加するなどしてトラブルになっていた。府警は機動隊も動員し、昨年の4倍の約800人態勢で警戒にあたる。
 府警によると、暴走は以前から行われていたが、10年ほど前からは、派手な装飾を施した改造バイクや車による暴走行為を見ようと、国道沿いに若者が集まり始めた。
 ここ数年は「LINE」(ライン)などを通じて広まり、関西一円からの見物人が急増。周辺が占拠され、近隣の飲食店が休業せざるを得ない事態にもなっている。昨年は約50台が暴走、見物人も約2500人に上り、府警は31人(15~36歳)を道路交通法違反容疑などで摘発した。(ここまで355文字 / 残り96文字)

http://www.yomiuri.co.jp/national/20161026-OYT1T50044.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

茨城でも不審バルーン タイマーのようなものや透明な液体の容器 秋田市や新庄市ではハングルの表示(26日)産経

 茨城県警太田署は25日、常陸太田市小沢町の住宅の屋根に、不審な筒状のバルーンが引っ掛かっているのが見つかったと明らかにした。同様のバルーンが9月以降、秋田市や山形県新庄市で発見されており、関連を調べる。
 署によると、バルーンは縦約9メートル、横約1・5メートル。タイマーのようなものや透明な液体が入った容器が取り付けられていた。25日朝、「ビニールのようなものが飛んでいる」と署に届けがあり、警察官が空気の抜けた状態で屋根に引っ掛かっているのを見つけた。
 秋田市や新庄市で見つかったバルーンには、ハングル表示の乾電池が入ったタイマーのようなものが取り付けられており、朝鮮半島から来た可能性があるとみられる。

http://www.sankei.com/affairs/news/161025/afr1610250046-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

行方不明の中元志織さん 警察と複数回接触も事件防げず 佐賀容疑者は7月に暴行で逮捕もその後釈放 (26日)産経

佐賀慶太郎容疑者(50)が中元志織さん=当時(24)=への暴行容疑で逮捕された後、中元さんは複数回警察と接触。警察も繰り返し住所変更などを要請したが、事件は防げなかった。
 警視庁によると、7月16日に埼玉県警川口署管内で中元さんから男女間トラブルをめぐる110番通報があり、警察官が暴行容疑で佐賀容疑者を逮捕していた。川口署は管内に中元さんの自宅がある警視庁目黒署へ事件を連絡。中元さんは同23日に同署を訪れた。続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ショバ代払え」 10年にわたり約1億円脅し取ったか 暴力団の男逮捕(26日)フジテレビ

東京・新宿区の公園で、「ショバ代を払え」などと言って、10年にわたり、およそ1億円を脅し取っていたとみられる暴力団の幹部の男が、警視庁に逮捕された。
指定暴力団極東会系幹部の佐藤善太容疑者(47)は9月、新宿区の西戸山公園で、日雇い労働者を勧誘していた会社役員の男性に、「人集めをするなら金を払え。ショバ代だ」と言って、現金8万円を脅し取った疑いが持たれている。
佐藤容疑者は、「労働者を紹介した報酬として、金を受け取っただけ」と容疑を否認している。
西戸山公園は、日雇い労働者の勧誘が行われる、いわゆる「寄せ場」で、警視庁は、10年前から、およそ1億円を脅し取っていたとみて、余罪を追及している。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00340058.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

少女にみだらな行為=容疑で私立高教諭逮捕-埼玉県警(26日)時事

18歳未満の少女にみだらな行為をしたとして、埼玉県警熊谷署は25日、県青少年健全育成条例違反容疑で、県内の私立高校教諭、井上浩一容疑者(49)=同県上尾市今泉=を逮捕した。「わいせつ行為をしたことは間違いないが、18歳未満とは知らなかった」と供述しているという。
 逮捕容疑は、16日午前2時ごろ、埼玉県内の路上に止めた井上容疑者の車の中で、18歳未満と知りながら、県内に住むアルバイトの10代少女とみだらな行為をした疑い。(2016/10/26-01:32)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016102600030&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

会社社長強盗殺人 男2人に無期懲役判決 東京地裁(26日)テレビ朝日

不動産会社の社長を殺害し、貸金庫から現金約1億7000万円を引き出した罪などに問われた男2人に対し、東京地裁は無期懲役の判決を言い渡しました。
 山口安夫被告(66)と坂巻勝美被告(54)は、青森県弘前市の不動産会社社長・小沢道明さん(当時62)の首を針金で絞めて殺害して、前橋市の住宅の敷地内に遺棄し、貸金庫から現金約1億7000万円を引き出した罪などに問われています。初公判で山口被告は、「殺人について事前に相談しておらず、自分は手を出していない」と強盗殺人の罪について無罪を主張した一方、坂巻被告は「一緒にやろうと話をした」と起訴内容を認めていました。
 東京地裁は25日の判決で、「山口被告から人を殺して金を奪うことを持ち掛けられたという坂巻被告の供述は具体的で信用できる」などとして強盗殺人について共謀を認めました。そのうえで、「犯行は、金のためには他人の生命さえ顧みない非常に悪質なもので、強い非難に値する」として、2人に求刑通り無期懲役の判決を言い渡しました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000086335.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

パトカーがスクーターと衝突 女性が左肩を脱臼(26日)テレビ朝日

横浜市の交差点で、緊急走行中のパトカーがスクーターと衝突し、スクーターに乗っていた女性が左肩を脱臼するなどのけがをしました。
 25日午前10時半ごろ、横浜市中区で、パトカーでパトロール中の警察官が携帯電話を掛けながら車を運転している人を見つけ、追跡するためにサイレンを鳴らして赤信号の交差点に入ったところ、右側から走ってきたスクーターと衝突しました。スクーターを運転していた22歳の女性は投げ出され、左肩を脱臼するなどのけがをしました。命に別状はないということです。警察によりますと、パトカーは神奈川県警伊勢佐木署の26歳の男性巡査長が運転していて、「スクーターに気が付かなかった」と話しているということです。他に36歳の男性巡査長が乗っていましたが、2人ともけがはありません。伊勢佐木署は「事故の事実関係は詳細に捜査します」とコメントしています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000086353.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

目黒女性不明「遺体を10部位に切断し捨てた」(26日)TBS

東京・目黒区で24歳の女性が行方不明になり、元交際相手の男が逮捕された事件で、男が「遺体をおよそ10の部位に切断して捨てた」と話していることが新たにわかりました。
 この事件は、先月、目黒区に住む会社員・中元志織さん(24)の遺体を埼玉県戸田市の荒川などに捨てたとして、元交際相手の佐賀慶太郎容疑者(50)が逮捕されたものです。
 佐賀容疑者は「ケンカになって刃物で刺した」「中元さんを殺して、バラバラにして利根川と荒川に捨てた」と容疑を認めているということですが、警視庁へのその後の取材で、「遺体を頭部や胴体、両手、両足などおよそ10の部位に切断して捨てた」と話していることが新たにわかりました。
 「キャーみたいな女性の声。9月の半ばか終わりごろ」(中元さんと同じマンションに住む人)
 「無邪気な子、かわいかったです。こういう事件に巻き込まれて残念としか言いようがない。なんであんな子が」(中元さんが通っていたキックボクシングジム会長)
 中元さんは先月中旬から行方がわからなくなっていて、そのおよそ1週間前まで4回にわたり、「佐賀容疑者が私を探っている」などと警視庁にストーカー相談をしていたということです。
 警視庁は、2人の間に交際や金銭をめぐるトラブルがあったとみて、詳しいいさきつを調べています。(26日01:41)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2900444.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「遺体、海に捨てた」 大阪・堺、4歳男児不明(26日)共同

堺市北区に住民票がある梶本樹李ちゃん(4)が所在不明になり、児童手当などを詐取したとして詐欺の疑いで両親が逮捕された事件で、逮捕された父親(35)が「階段から落ちて死んだ。遺体は海に捨てた」と供述していることが25日、捜査関係者への取材で分かった。その後「どこにいるか今は言えない」と話すなど、供述は変遷しており、大阪府警は慎重に裏付けを進める。
 大阪府警によると、逮捕されたのは父親の鉄筋工卓容疑者と母親の無職千穂容疑者(32)。2人は昨年、長男樹李ちゃんの3歳児健診を再三先延ばしして受けさせておらず、府警は所在不明の発覚を免れる狙いがあったとみている。
http://this.kiji.is/163575598866956293?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

不明男児の両親 市職員と男児との面会を毎回拒む(26日)NHK

大阪・堺市に住民票がある4歳の男の子が所在不明になり、両親が児童手当を不正に受け取ったとして詐欺の疑いで逮捕された事件で、市の職員が何度部屋を訪れても、両親は毎回、男の子との面会を拒んでいたことが分かりました。警察の調べに対し両親は、詐欺の容疑を否認し、男の子の所在について「今は言えません」などと話しているということです。
 所在が分からなくなっているのは大阪・堺市北区に住民票がある梶本樹李ちゃん(4)です。
警察は、父親の梶本卓容疑者(35)と母親の千穂容疑者(32)が、養育の実態がないのに児童手当およそ36万円を不正に受け取っていたとして、詐欺の疑いで逮捕しました。
 樹李ちゃんは3年前、当時住んでいた大阪・松原市で姿が確認されていますが、去年の年末に堺市のマンションに引っ越したあと、堺市の職員が何度部屋を訪れても、両親は毎回、樹李ちゃんとの面会を拒んでいたことが市の関係者への取材で分かりました。
両親は、「子どもは外出している」「実家にいる」などと話し、職員は一度も会えなかったということです。
 マンション周辺で樹李ちゃんの目撃情報はなく、警察は堺市に転居した時点で樹李ちゃんと同居していなかった可能性があるとして調べています。
 警察によりますと、2人は詐欺の容疑について否認し、樹李ちゃんの所在について父親は、逮捕直後に「階段から落ちて死亡し、海に遺棄した」などと供述したということですが、あいまいな内容で、その後は「今は言えません」などと話しているということです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

赤ちゃん置き去りにし殺害の疑い 16歳女子高校生逮捕(26日)NHK

25日、栃木県矢板市で生まれてまもないと見られる男の赤ちゃんの遺体が見つかった事件で、16歳の女子高校生が赤ちゃんを置き去りにしたとして殺人の疑いで逮捕されました。
 逮捕されたのは、栃木県北部に住む16歳の女子高校生です。
警察によりますと、女子高校生は今月16日、栃木県矢板市のJR矢板駅西口の公衆トイレで男の赤ちゃんを出産し、近くの植え込みに置き去りにして殺害したとして殺人の疑いが持たれています。
 赤ちゃんの遺体は25日の朝、近くにいたタクシーの運転手が見つけて、警察に通報していました。また、今月17日には公衆トイレに血のようなものがあるという通報があり、警察が調べていたということです。
 警察の調べに対して女子高校生は「妊娠や出産を知られたくなかった」などと供述し、容疑を認めているということです。
警察は、詳しいいきさつを調べています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161026/k10010744531000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

連続爆発、現場3か所で金属片100個以上発見(26日)読売

宇都宮市で23日に起きた連続爆発事件で、現場検証した栃木県警が3か所の爆発現場から、くぎやナットなどの金属片計100個以上を発見したことが25日、わかった。                                

 

 県警は、爆死した同市針ヶ谷町、元自衛官栗原敏勝容疑者(72)が爆発物を自作する際、殺傷能力を高めるために使ったとみて調べている。栗原容疑者は、離婚を巡り自宅などを仮差し押さえされていたことも訴訟関係者への取材で判明。県警も経緯を把握しており、離婚を巡る争いが犯行の動機につながった可能性もあるとみている。
 捜査関係者によると、栗原容疑者の遺体は腹部が激しく損傷していた。ベンチの腰掛け部分や背もたれも激しく壊れていたことなどから、栗原容疑者は宇都宮

城址

じょうし

公園のベンチに腰掛け、爆発物を腹の辺りに抱えた状態で爆発させたとみられる。爆発物に金属片が使われていたことから、県警幹部は「周囲にも被害を与える意図があった」とみている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161025-OYT1T50107.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

9都県の橋、耐震性不十分 検査院指摘、設計ミスが主因(26日)朝日

2013~15年度に耐震補強工事をした全国200以上の橋について会計検査院が調べたところ、9都県にある複数の橋が一定の基準を満たしておらず、十分な耐震性を備えていなかった。問題のある橋は10以上にのぼるといい、工事にかかった費用は計1億数千万円。設計ミスが主な原因で、検査院は国土交通省に改善を求めた。
 検査院は、日本道路協会の基準などを満たし、震度7クラスの地震でも橋桁が落ちないような補強になっているかを調査した。すると、東京都高知県などにある十数の橋で問題が見つかった。事業主体の国や自治体から設計を委託されたコンサルタントの設計ミスや検討不足などが主な原因という。これらの橋の多くは、災害時に使われる緊急輸送道路が通り、緊急車両が通行できる状態を保つ必要もある。
 検査を受け、国交省は「設計の確認をしっかりするなど整備局などに再発防止を文書で呼びかけた」としている。
 国交省は緊急輸送道路が通る橋の耐震補強工事を優先的に進めており、全国で対象となっている約6万の橋のうち76%は耐震化が済んでいるとしている。
http://www.asahi.com/articles/ASJBT56B4JBTUTIL02F.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月25日 | トップページ | 2016年10月27日 »