« 2016年10月1日 | トップページ | 2016年10月3日 »

2016年10月2日

2016年10月 2日 (日)

救急車で患者搬送後に路地裏で時間つぶしの休憩63回 残業代15万円〝荒稼ぎ〟千葉市消防局の50代隊長を停職処分 「手当が欲しかった…」(2日)産経

救急車で患者を運んだ後、まっすぐ消防署に帰らずに時間つぶしを繰り返し、時間外勤務手当を不正に受け取っていたとして、千葉市消防局は30日、中央消防署所属の消防司令補で救急隊長の男性(56)を停職3カ月の懲戒処分とした。処分は30日付。消防司令補は同日に依願退職した。不正に受け取った手当約15万円は全額返還済みという。
 同消防局によると、救急隊長だった消防司令補は、残業代をもらうために時間外の勤務時間を引き延ばそうと画策。夜間に救急車で患者を病院に搬送した後、ソフトドリンクを売る自販機やコンビニの前に救急車を停めるよう部下に指示。消防司令補がおごった飲み物を救急隊員らで飲みながら休憩していた。
 救急車は目立つため、休憩中は人目を避け、住宅街の路地裏など複数の“秘密の休憩スポット”で時間かせぎしていた。
 救急車の現在位置や出動可能な状況かは、車内に搭載された端末で消防局の司令センターが分かるため、端末の電源を切って出動できないかのように偽装。部下から「帰りましょう」と言われても消防司令補は聞き入れず、時間つぶしを続けていた。消防司令補は「手当が欲しかったし、部下をねぎらいたかった」と話しているという。続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

置引容疑で29歳小学校教諭を逮捕 パチンコ店で財布を盗む 埼玉県警(2日)産経

埼玉県警狭山署は2日、パチンコ店で財布を置引したとして、窃盗の疑いで、同県所沢市立中富小教諭、山崎智弘容疑者(29)=同県川越市下赤坂1835の12=を逮捕した。
 逮捕容疑は、1日午後6時10分ごろ、狭山市上赤坂のパチンコ店で、パチスロ台に他の客が置き忘れた財布を盗んだ疑い。財布には現金約1万4千円などが入っていた。
 署によると、防犯カメラに山崎容疑者に似た男が写っており、事情を聴いたところ、容疑を認めた。http://www.sankei.com/affairs/news/161002/afr1610020009-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

筧被告、責任能力「問題ない」 青酸連続不審死事件(2日)朝日

 京都、大阪、兵庫で起きた青酸化合物による連続不審死事件で、殺人3件と強盗殺人未遂1件の罪に問われている筧(かけひ)千佐子被告(69)=京都府向日市=について、京都地裁が実施した精神鑑定の結果、刑事責任能力や訴訟能力は「問題ない」とされたことがわかった。
 検察側は起訴前の精神鑑定で責任能力に問題はないとして、昨年9月末までに4事件について起訴した。しかし、弁護側は公判前整理手続きで改めて精神鑑定を請求。京都地裁はこれを認め、4事件の犯行時の精神状態や現在の健康状態を調べていた。
 関係者によると、千佐子被告は認知能力に関わる健康障害があると指摘されたといい、状態が悪化すれば、訴訟能力が今後の争点となる可能性がある。
 初公判の日程は決まっていないが、弁護側はすべての事件で無罪を主張する方針という。

http://www.asahi.com/articles/ASJB24FPTJB2PLZB007.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

めぐみさん52歳の誕生日前に集い 両親が帰国を訴え(2日)NHK

中学1年のときに北朝鮮に拉致された横田めぐみさんが、今月5日に52歳の誕生日を迎えるのを前に、両親も出席して集いが開かれ、めぐみさんの1日も早い帰国を訴えました。
 39年前の昭和52年、中学1年のときに北朝鮮に拉致された横田めぐみさんは、今月5日に52歳の誕生日を迎えます。
誕生日を前に2日、父親の滋さん(83)と母親の早紀江さん(80)も出席して、2人が住む川崎市で集いが開かれました。この中で早紀江さんは「毎年、誕生日になると、めぐみが生まれてきた日の朝のことを思い出します。来年で拉致から40年になりますが、主人も高齢になって言葉がしゃべりにくくなったり歩きにくくなったりしています。『めぐみちゃん』と言える状態のときに帰ってきてほしいし、倒れるまで頑張って悔いが残らない形で天国に行きたい」と訴えました。
 拉致問題をめぐってはこう着状態が続いていて、高齢化が進む家族の間には「元気なうちに再会を果たしたい」という思いが強くなっています。集いのあと早紀江さんは「めぐみが成長している姿を想像してきましたが、あまりにも長い年月が経過し、想像もつかなくなってきました。家族も高齢になって病院に入ったり亡くなったりする人も出てきているので、早く喜び合える日を迎えたい」と話しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161002/k10010714931000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

逮捕状却下で男性釈放、佐賀県警 「過失」部分の証拠が不足(2日)共同

佐賀県警鹿島署は2日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)などの疑いで緊急逮捕した長崎県東彼杵町の男性(46)に関し、逮捕状請求を裁判官に却下され、釈放したと発表した。「過失」部分の「証拠が足りない」とされた。捜査は続ける。
 署によると、男性は1日夜、佐賀県嬉野市の国道を乗用車で走行中、自転車で前を走っていた男子高校生(17)と衝突、軽傷を負わせた上、連絡先などを告げずに立ち去ったとして逮捕された。
 署によると、逮捕状請求の際、容疑の「相手の動きを注視していなかった」とした部分の証拠が足りないと裁判官に指摘された。逮捕時、男性は容疑を認めていたという。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/279032

| コメント (0) | トラックバック (0)

家庭ごみを“不法投棄” 町議「分別できなかった」(2日)テレビ朝日

宮城県亘理町にある会社の敷地に家庭ごみを不法に投げ捨てたとして、町議会議員が逮捕されました。
 廃棄物処理法違反の疑いで現行犯逮捕されたのは、亘理町の町議会議員・鞠子幸則容疑者(59)です。警察によりますと、2日午前1時40分ごろ、鞠子町議が自宅から出た食品容器や封筒などが入ったごみ袋1つを自転車で運び、町内の会社の敷地に投げ捨てるところを捜査員が見つけ、その場で逮捕しました。この会社では「今年5月ごろから敷地にごみが捨てられている」と警察に相談していました。鞠子町議は「分別ができず、集積場に持っていけなかった」と容疑を認めているということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000084674.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「一発殴りました」居酒屋でトラブル、男性重体(2日)TBS

2日午前7時半ごろ、横浜市中区の居酒屋で、別の席で酒を飲んでいた男性の顔を殴ってけがをさせた疑いで、静岡県浜松市の無職・国本貴典容疑者(31)が逮捕された。殴られた男性は意識不明の重体だ。警察によると、知人の女性に男性が話し掛けてきたことでトラブルになったという。国本容疑者は「一発殴りました」と容疑を認めている。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000084680.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

自宅で拳銃と実弾所持容疑、三重・紀北町の町議逮捕(2日)TBS

三重県紀北町の町議会議員の男が、自宅で拳銃2丁と実弾を所持したとして、銃刀法違反などの疑いで現行犯逮捕されました。
 現行犯逮捕されたのは、紀北町の町議会議員・東篤布容疑者(62)です。
 津警察署によりますと、東容疑者は1日午後4時ごろ、自宅2階の寝室で拳銃2丁と実弾11発を所持していた銃刀法違反などの疑いがもたれています。警察は、「東容疑者が拳銃を所持している」という情報提供をもとに、1日、東容疑者の自宅を家宅捜索し、現行犯逮捕しました。
 東容疑者は、調べに対し「間違いありません」と容疑を認めているということで、警察は拳銃の入手経路などについて調べを進める方針です。(02日15:49)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2882225.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(2、3日 単位・レベル) 
国の存亡の危機だ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012248

 「笑顔の絶えない明るい家庭を築きたい」―結婚後、どんな家庭を持ちたいか?という質問に決まって返ってくる言葉だ。今、そんな言葉が聞かれることは少ない。
 国立社会保障・人口問題研究所によると、交際相手のいない未婚者は男性が7割、女性は6割にのぼる。なんと、交際そのものを望んでいない未婚男性は30%、女性は25%もいるという。そんなに「家庭」は魅力がないのだろうか?
 警察庁によると被疑者と被害者の関係では刑法犯認知件数が最悪だった平成14年と比較すると同年の実父母間における殺人事件の検挙件数は99件だったが、平成27年は121件と増加傾向にある。さらに暴行事犯に至っては、平成14年の検挙件数219件に対して27年は3743件と激増しているのだ。
 また配偶者殺人は同184件が同147件に、実子殺人が同93件から同91件に、嬰児殺しが同25件から同17件になるなど、これらは減少しているが、増減を繰り返しているに過ぎない。数字的には「家庭崩壊」に見えると言っても過言ではあるまい。
 家庭とは、国や地域社会に比べ共同体の中で一番小さいものの、個人一人ひとりにとって生きて行くうえで一番大切なもの。しかも、次世代を担う子供たちは家庭という共同体の中で成長していくもので、その家庭がなければ何をか言わんやだ。国の存亡の危機に値する。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
全国都道府県の体感治安はdownwardleft

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

横浜アリーナのドア蹴って破損 自称記者の27歳女を容疑で逮捕(2日)産経

横浜アリーナ(横浜市港北区)の出入り口ドアを蹴って破損させたとして、港北署は1日、器物損壊の疑いで、国籍、住所不詳の自称記者、李愛肖容疑者(27)を現行犯逮捕した。「自分でやったわけではない」と容疑を否認している。
 署によると、李容疑者は中国語で書かれた身分証を所持。韓国人歌手のライブに友人と訪れていた。会場には撮影禁止の貼り紙が中国語で書かれていたが、李容疑者が携帯電話で撮影していたため、外に連れ出されていた。
 逮捕容疑は1日午後3時15分ごろ、出入り口のドアを足で蹴り、ガラスを破損させた疑い。
http://www.sankei.com/affairs/news/161002/afr1610020002-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

停車のバスにトラック衝突、壁に挟まれ2人死亡(2日)読売

2日午前2時5分頃、愛知県岡崎市駒立町の新東名高速道路上り線で、路肩に停車していた2階建ての観光バスに、大型トラックが衝突した。
 バスの外に出ていた男性運転手2人がバスと側壁に挟まれ、いずれも出血性ショックで間もなく死亡、乗客27人のうち20歳代の女性1人が顔などにけがを負い、トラックの運転手も病院で治療を受けている。
 愛知県警高速隊の発表によると、バスは大阪・心斎橋を出発し、東京ディズニーシーへ向かう途中だった。事故の直前、バスの運転手は、道路に設置された非常電話で、道路を管理する中日本高速にバスが故障したと連絡していたといい、高速隊で詳しい状況や事故原因を調べている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161002-OYT1T50020.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

JRの高架橋から歩道に鉄板が落下 大阪(2日)NHK

1日、大阪・港区のJR大阪環状線の高架橋の下の歩道に、橋に設置されていた重さ3キロ余りの鉄板が落ちているのが見つかり、JR西日本は落下の原因を調べるとともに現場付近の高架橋の点検を行うことにしています。

鉄板が落ちているのが見つかったのは、大阪・港区南市岡3丁目のJR大阪環状線の高架橋の下の歩道です。
JR西日本によりますと、1日夕方、近くを通りかかった人から「道路脇に鉄板が落ちている」と連絡がありました。鉄板は、高架橋の側面に設置している通信ケーブルを保護するためのカバーで、長さ2メートル、幅が10センチで重さはおよそ3.3キロあり、3つのちょうつがいで固定されていたということです。落下によるけが人はいませんでした。
JR西日本によりますと、2年に一度定期的に検査をしていて、去年6月に現場の点検を行ったときには異常はなかったということです。
JR西日本では、鉄板が落下した原因を調べるとともに現場付近の高架橋の点検を行うことにしています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161002/k10010714601000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

ビッグデータで交通事故防げ 浜松市「ワースト」脱出へ活用探る(2日)共同

これまでの事故対策は、重大事故が発生した後に現場を確認し、問題点を洗い出して改善を図る形が主流。市道路企画課の担当者は「客観的な情報から傾向をつかむことで、道路の特異性を把握し、未然防止の対策を取る可能性が高まる」と意義を強調する。
 ビッグデータの活用は、対策の効果の検証にも役立つという。担当者は「3地区の活動で成果を上げ、今後他地区にも広げていきたい」と話す。

 <メモ>近年、全国の交通事故死者は、歩行中や自転車走行中の事故が半数を占める。また、自宅から半径500メートル以内の生活道路で事故が多発している。国土交通省は生活道路の事故対策を重点的に取り組む課題に設定し、保有するビッグデータを自治体に提供して、協働で事故の未然防止を図る施策を展開している。国交省静岡国道事務所によると、県内では22市町、41エリアの情報を各自治体に提供しているという。 (続く)

| コメント (0) | トラックバック (0)

口論の末に“日本刀”で弟を殺害しようと…兄を逮捕(2日)テレビ朝日

愛知県西尾市で、48歳の兄が44歳の弟を日本刀のようなもので切り付けて殺害しようとしたとして逮捕されました。
 殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、西尾市の自称・会社員の井上和彦容疑者です。警察によりますと、井上容疑者は1日午後11時ごろ、自宅近くの路上で、44歳の弟を自宅から持ち出した刃渡り50センチから60センチほどの日本刀のようなもので切り付け、殺害しようとした疑いが持たれています。弟は顔と左腕にけがをしましたが、命に別状はないということです。井上容疑者は容疑を認めています。事件前、井上容疑者の自宅で親族の集まりがあり、兄弟の間で口論になったということで、警察は動機について詳しく調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000084665.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

風呂沸かす薪の火で?住宅全焼 焼け跡から男性遺体(2日)テレビ朝日

 2日未明、千葉県市川市で住宅が全焼し、焼け跡からこの家に住む男性とみられる遺体が見つかりました。風呂を沸かすための薪(まき)から火が燃え移ったとみられています。
 午前2時半ごろ、市川市曽谷にある木造平屋建ての住宅から火が出ました。焼け跡から1人の遺体が見つかり、警察は、この家に住む75歳の渡辺文吉さんとみて身元の確認を急いでいます。74歳の妻は無事でした。警察によりますと、この家では薪で風呂を沸かしていて、渡辺さんは深夜に風呂に入ることが多かったということです。風呂の煙突が激しく燃えていて、警察は、薪の火が燃え移って火事になったとみて調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000084667.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

少女の人身売買容疑で日本人ら拘束 フィリピンから出国直前 日本人装った少女は「貧しくて日本で働きたかった…」(2日)産経

フィリピンの航空保安当局は1日、人身売買に関与した疑いで日本人と、フィリピン人の少女(18)の計2人を9月30日に拘束したと明らかにした。2人はマニラ空港から日本へ向かう直前で、少女は「貧しくて日本で働きたかった」と話しているという。
 捜査関係者によると、日本人はワタナベ・アキオ容疑者(68)=漢字表記不明=とされる。マニラ在住との情報がある。
 空港での出国手続きの際、少女が日本人を装った名前を使ったため、拘束された。2人はフィリピン航空で愛知県に向かう予定だった。
 身柄の引き渡しを受けたフィリピン国家捜査局(NBI)が今後、組織的関与の有無などを調べる。(共同)
http://www.sankei.com/affairs/news/161001/afr1610010020-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

JR高崎線のグリーン車に女性連れ込み、わいせつ行為 容疑で32歳会社員を逮捕(2日)産経

埼玉県警鴻巣署は1日、列車内で女性にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつの疑いで、群馬県高崎市東町、会社員、里見洋一容疑者(32)を逮捕した。
 逮捕容疑は1日午前5時40分ごろ~午前6時5分ごろ、JR高崎線大宮-北鴻巣間の列車内で、20代のアルバイト女性の上半身を触るなどしたとしている。
 鴻巣署によると、里見容疑者はさいたま市内で飲酒後帰宅する途中だった。女性をグリーン車に連れ込んだという。女性が降車後、友人を通じて通報。群馬県警高崎署員が、着衣の似た男がJR高崎駅から出てくるのを見つけ、任意同行した。
http://www.sankei.com/affairs/news/161002/afr1610020001-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

渋谷の飲食店で火事 客が避難するなど一時騒然(2日)テレビ朝日

 1日夜、東京・渋谷区の飲食店が入るビルでぼや騒ぎがあり、ビルの中にいた客が一時、避難するなど辺りは騒然となりました。
 午後8時ごろ、渋谷区宇田川町のビルの2階にあるフードコートで、飲食店のダクトが焼ける火事がありました。
 店内にいた客:「(煙で)苦しい感じ」「喉が痛いねって」
 火はダクトを焼き、約1時間で消し止められました。警視庁などによりますと、この火事で客の男女4人が喉の痛みを訴え、病院に搬送されましたが、いずれも軽傷とみられています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000084649.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ATM不正送金、引き出し指示役?逮捕 窃盗容疑(2日)日経

全国のコンビニATMで現金約18億円が引き出された事件で、愛知県警国際捜査課と小牧署は1日、住所不定、無職、丹羽龍貴容疑者(28)を窃盗の疑いで逮捕した。
 県警は、丹羽容疑者は、現金の引き出し役の「出し子」の男2人に偽造クレジットを渡すなどした指示役とみて、行方を追っていた。男2人は9月に一審判決で懲役2年を言い渡された。中学時代からの遊び仲間だったという。
 逮捕容疑は5月15日、男2人と共謀し、愛知県小牧市と名古屋市のコンビニ2店で計12回にわたり、偽造カードを使って、現金120万円を引き出した疑い。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD01H29_R01C16A0CN8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁で初の合格証書授与式、採用試験合格者1100人が参加(2日)TBS

警察官になる志気を高めてもらおうと、警視庁の警察官採用試験の合格者を対象にした合格証書授与式が初めて行われました。
 1日、東京・府中市の警察学校で行われた合格証書授与式には、来年度の警視庁・警察官採用試験に合格したおよそ1100人が参加し、緊張した表情で証書を受け取りました。
 この授与式は、試験の合格者に警察官になるという志気を高めてもらうのが目的で、今回初めて行われたものです。
 警視庁では来年度、警察官や職員としておよそ2000人が採用されるということで、今後、札幌、名古屋、福岡などでも授与式が行われます。(01日21:50)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2881713.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

量販店の弁当に針=購入客にけがなし-滋賀(2日)時事

1日午後3時15分ごろ、滋賀県草津市の大型量販店の店員から、「客が購入した弁当に針が混入していた」と県警草津署に通報があった。同署は偽計業務妨害容疑で捜査している。けが人はいなかった。
 同署によると、草津市の女性(87)が1日午後0時半におこわの弁当を購入し、自宅で食べたところ針に気付き、店へ連絡した。
 針は長さ約5センチの縫い針。弁当下側の発泡スチロール製のトレーに穴が開いており、同署はそこから差し込まれたとみている。(2016/10/01-22:08) 【社会記事一覧へ】 【アクセスランキング】
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016100100304&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

いじめ不登校で学校謝罪、大阪市 「対応不十分」と認める(2日)共同

大阪市立小6年の男児(11)が2年時にいじめを受けて心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症し、不登校が続いていると訴えた問題で、学校が男児の保護者に対し、不十分な対応で発症させ、復学の機会も逃したと認めて謝罪、他の保護者にも同様の説明をしたことが1日、市教育委員会関係者への取材で分かった。
 学校側は9月28日、6年の校内行事に関する保護者説明会を開催。その際に校長が「被害児童が受けた暴力を単なるトラブルと考えて不十分な対応を続けた結果、PTSDを発症させた」と話した。
http://this.kiji.is/154911508347142146?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

テロ防止で新旅券開発、偽造対策 23年度導入、プラスチック使用(2日)共同

外務省は国際テロなどの犯罪を防止するため、偽造対策を強化する新たな旅券(パスポート)の開発を目指す方針を固めた。顔写真や氏名が印刷された紙のページを偽造しにくいプラスチック板に変更し、セキュリティーの向上を図るのが柱。2023年度中に導入する。新旅券を導入しても、交付にかかる日数や手数料に変更はない見通しだ。外務省関係者が1日、明らかにした。
 外務省は偽造を防ぐため、これまで5~8年に1回のペースで旅券を変えてきた。今回の開発は次回改良予定の19年度には間に合わないが、次々回の改良を前倒しして導入し、テロ対策強化を後押しする。
http://this.kiji.is/155040356736827397?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

高速でバスにトラック追突 重体のバス運転手2人死亡(2日)NHK

2日未明、愛知県岡崎市の新東名高速道路の上り線で故障をして止まっていた観光バスにトラックが追突し、外に出ていたバスの運転手2人がバスと側壁との間に挟まれ死亡したほか、乗客など3人が軽いけがをしました。
 2日午前2時すぎ、愛知県岡崎市の新東名高速道路の上り線で、故障をして道路脇に止まっていた大型の観光バスにトラックが追突しました。
 警察によりますと、観光バスは大阪・浪速区に本社がある「中央交通バス」が運行していたもので、故障部分を確認するため外に出ていた運転手2人がバスと側壁との間に挟まれ病院で手当てを受けていましたが、およそ2時間後に死亡しました。また、バスの乗客の女性2人とトラックを運転していた男性の合わせて3人が軽いけがをしているということです。
 観光バスには、乗客27人が乗っていたとみられ、1日夜、大阪市内を出発して、東京ディズニーシーなどに向かっていたということです。
 現場は、新東名高速道路上り線の豊田東ジャンクションと岡崎東インターチェンジの間で、警察は身元の確認を進めるとともに事故の詳しい状況を調べています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161002/k10010714581000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

サイバー犯罪対策を強化 官民合同会議初開催へ(2日)NHK

4年後の東京オリンピック・パラリンピックに向け、近年、脅威が増しているサイバー犯罪への対応をさらに高めるため、警視庁はインターネット関連企業や自治体などとの連携を強化しようと、関係する担当者を集めた官民合同の会議を今月初めて開催することにしました。
 この会議は、警視庁にことし4月に新たに発足したサイバー犯罪捜査の司令塔となる部署「サイバーセキュリティ対策本部」が開くものです。
 対策本部では、中小企業のなかにはサイバー犯罪への備えが比較的弱いところがあるとして、東京都などと連携し、商工会議所などでセキュリティー対策に関するセミナーなどを行っています。
 こうした中、4年後の東京オリンピック・パラリンピックに向け、近年、脅威が増しているサイバー犯罪への対応をさらに高めるため、警視庁はインターネット関連企業や自治体、それに、研究機関などとの連携を強化しようと、関係する担当者を集めた官民合同の会議を初めて開催することにしました。
 会議は今月5日に東京都内で開かれ、高度化するサイバー犯罪について情報共有を図るとともに、連携を強化するということです。対策本部は「『世界一安全な都市、東京』の実現のため、サイバー犯罪の脅威に的確に対応していきたい」としています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

青酸連続死、千佐子被告の責任能力「問題なし」(2日)読売

青酸化合物を使った連続変死事件で、夫や元交際相手に対する3件の殺人罪と1件の強盗殺人未遂罪で起訴された

かけひ

千佐子被告(69)について、京都地裁が行っていた精神鑑定が終了した。関係者によると、30日、鑑定医による報告書が地裁に届き、刑事責任能力や訴訟能力は「問題ない」と鑑定されたという。                                

 

 千佐子被告について検察側は、捜査段階で精神鑑定を実施し、責任能力に問題はないとして昨年9月末までに起訴。一方、弁護側は今年3月、責任能力や訴訟能力に問題がある可能性があるとして鑑定を請求し、認められていた。
 事件では、千佐子被告側は、起訴された全4件で無罪を主張する方針。公判前整理手続きはこれまで19回行われたが、初公判の日程は決まっていない。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161001-OYT1T50066.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

NHK、ひき逃げ容疑者の顔写真を取り違え(2日)読売

 NHK青森放送局は、ひき逃げ事件の容疑者の男として報じた顔写真が別の男性だったとして、1日夜の番組で謝罪した。
 同局によると、9月30日午後8時45分から青森県内で放送されたローカルニュース番組で、同県三沢市で小学2年の女児(7)がトラックにはねられ死亡した事件を報じた際、事件とは無関係の男性の写真を流した。1日になって関係者から「別人ではないか」との指摘があり、間違いがわかった。写真の放送は1回だけだった
 同局は1日午後6時45分からのローカルニュース番組で、「事件とは全く関係のない別の人の画像を放送しました。確認が不十分でした。ご本人と関係者、視聴者の皆さまにおわびいたします」と放送。青田浩一・放送部長が同日、男性と面会し、謝罪したという。
(ここまで328文字 / 残り152文字)

http://www.yomiuri.co.jp/national/20161001-OYT1T50138.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

いじめ、届かぬSOS 「トラブル」扱い、対策後手に(2日)朝日

いじめから子どもたちを救おうと超党派で成立した「いじめ防止対策推進法」。だが、自殺に追い込まれる子どもたちが後を絶たず、法律は見直しのめどとなる施行3年を迎えた。どこに問題があるのか。各地の現場から、見直しに向けた課題を探る。
 「LINEで悪口を言われている」「部活動に行きづらい」「仲間とのトラブルがある」――。青森市の中学校に、2年の女子生徒とその保護者から相談が寄せられたのは昨年6月から今夏のことだった。
 学校は「一方的にやられているわけではない」などとして「よくある子ども同士のトラブル」ととらえた。今年8月22日。自殺が増えるといわれる夏休み明け直前の職員会議では、不登校や病気の子など十数人の「気になる子ども」の一人としてこの生徒の名前を挙げ、目配りすることを確認した。
 24日、2学期が始まり、翌日に生徒は自ら命を絶った。13歳だった。
 スマートフォンには「遺書」と題した文章が残され、家族や教員への感謝の言葉とともに、悲痛な訴えがあった。
 「噂(うわさ)流したりそれを信じたりいじめてきたやつら」「もう、二度といじめたりしないでください」
 学校にとっての「子ども同士のトラブル」は、生徒にとって「いじめ」だった。成田一二三・市教育長が「いじめが濃厚に考えられる」と記者会見で認めたのは、生徒の死から1週間後だった。
 「いじめ」とは何か。2013…
残り:3157文字/全文:3730文字
http://www.asahi.com/articles/ASJ9Y71Z1J9YUTIL059.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月1日 | トップページ | 2016年10月3日 »