« そろばん教室のげた箱や机、おので壊した疑い 男逮捕(15日)朝日 | トップページ | 車椅子女性、ホームから線路に転落しけが…千葉(15日)読売 »

2016年9月15日 (木)

相模原殺傷、市と病院対応不十分…有識者検討会(15日)読売

神奈川県相模原市の知的障害者施設で起きた殺傷事件で、厚生労働省の有識者検討会(座長=山本輝之・成城大教授)は14日、容疑者の措置入院先だった北里大学東病院(相模原市)や市の対応が不十分だったとする検証結果を盛り込んだ中間とりまとめを公表した。
 入院中から退院後にかけて、適切な治療や福祉の支援が行われなかったことを問題点として挙げた。検討会は年内にも再発防止策を盛り込んだ最終提言をまとめる。
 検討会はまず、施設襲撃を予告した植松

さとし

容疑者(26)を今年2月19日に緊急措置入院(強制入院)させ、12日後の3月2日に措置解除(退院)した医学的な判断について検証。関与した精神保健指定医4人の判断については、自傷他害の恐れの有無を基準にしており、いずれも「標準的な判断だった」とした。

(ここまで346文字 / 残り366文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160914-OYT1T50119.html?from=ycont_top_txt

« そろばん教室のげた箱や机、おので壊した疑い 男逮捕(15日)朝日 | トップページ | 車椅子女性、ホームから線路に転落しけが…千葉(15日)読売 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64205688

この記事へのトラックバック一覧です: 相模原殺傷、市と病院対応不十分…有識者検討会(15日)読売:

« そろばん教室のげた箱や机、おので壊した疑い 男逮捕(15日)朝日 | トップページ | 車椅子女性、ホームから線路に転落しけが…千葉(15日)読売 »