« 大使館書記官を起訴 ストーカーの罪で岡山地検(24日)日経 | トップページ | 罰金命令で釈放の25分後、また万引き容疑で逮捕 三重(24日)朝日 »

2016年9月24日 (土)

【巨人軍野球賭博】球界むしばむ暴力団 「中胴元」は店の客、上位の「大胴元」立件が今後の焦点(24日)産経

 球界を揺るがした巨人元投手らによる野球賭博事件は24日、発覚から1年を目前にして、国内最大の暴力団が侵食していた実態があぶり出された。国民的プロスポーツの野球を対象にした賭博は「一晩に数億円が動く」(暴力団関係者)ともいわれ、暴力団の重要な資金源とされてきた。野球賭博事件で実際に上層部の「中胴元」まで立件されるのは異例。警視庁組織犯罪対策4課はさらに上位の「大胴元」を見据えるが、立件のハードルは高い。
 「暴力団は店の客として付き合っているだけ」。野球賭博を主催したとして逮捕される前の3月、元飲食店経営の斉藤聡被告(38)が「賭博とは関係ない」とも話していた客の男こそが、上位の「中胴元」として斉藤被告を手足のように使い、賭博開帳図利容疑で逮捕された山口組系組員の三宅雅剛容疑者(42)だった。
 「野球賭博の主催には、チームの実力差を調整する『ハンデ』を計算する野球の専門家と、暴力を背景に他の野球賭博グループとの争いをまとめる『暴力団』が必要」。賭博捜査に詳しい捜査関係者は、そう説明する。指定暴力団幹部も「暴力団対策法でみかじめ料の徴収などが難しくなり、重要なシノギ(資金源)として多数の暴力団が関与している」と明かす。続きを読む

« 大使館書記官を起訴 ストーカーの罪で岡山地検(24日)日経 | トップページ | 罰金命令で釈放の25分後、また万引き容疑で逮捕 三重(24日)朝日 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【巨人軍野球賭博】球界むしばむ暴力団 「中胴元」は店の客、上位の「大胴元」立件が今後の焦点(24日)産経:

« 大使館書記官を起訴 ストーカーの罪で岡山地検(24日)日経 | トップページ | 罰金命令で釈放の25分後、また万引き容疑で逮捕 三重(24日)朝日 »