« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | かばんに注射器、薬物を使用か…発砲容疑者 (1日)読売 »

2016年9月 1日 (木)

車のパンク救援、過去最多 セルフ式GS増で点検甘く?(1日)朝日

 車のタイヤのパンクが増えている。日本自動車連盟(JAF)のパンク救援は昨年度は36万件余りと過去最多を記録した。JAFは、セルフ式ガソリンスタンド(GS)の増加で空気圧点検がおろそかになっているとみて、注意を呼びかけている。
 群馬県昭和村の関越自動車道で昨年9月13日夜、パンクで止まっていた乗用車に大型トラックが追突。乗用車の会社員男性(20)と無職女性(20)が死亡し、同乗の2人も負傷した。
 県警によると、4人は東京ディズニーリゾート千葉県)から帰る途中で、ハザードランプを点滅させて助けを待っていた。県警高速隊の登坂幸永副隊長は「パンクでも死亡事故につながり、高速道路上は特に危険だ」と話す。
 JAF(会員数1855万人)によると、昨年度のパンクによる救援は36万1942件。活動を始めた1963年度以来最も多く、10年前と比べ5万3506件(約17%)増えた。
 車の性能向上で救援総数は10年間で2割減っており、全体に占めるパンクの割合は10・3%から15・5%に上昇。発生場所別では一般道が92・3%で、高速道路は7・7%、月別では夏休みで遠出する機会が増える8月が最も多く、3万6494件と全体の約1割を占める。
 JAFはパンクの増加要因として、セルフ式GSの増加をあげる。全国のセルフ式GSは今年3月末時点で9728店と全GSの3割を占め、年々増え ている。JAFの広報担当者は「身近な車の点検所であるGSで専門的な知識を持った店員との接触が減り、タイヤの点検回数も減る。その結果、空気圧不足の 車が増え、パンクが増える」と話す。
 日本自動車タイヤ協会が毎年4…
残り:710文字/全文:1388文字
http://www.asahi.com/articles/ASJ8Y35RNJ8YUTIL006.html

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | かばんに注射器、薬物を使用か…発砲容疑者 (1日)読売 »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64141668

この記事へのトラックバック一覧です: 車のパンク救援、過去最多 セルフ式GS増で点検甘く?(1日)朝日:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | かばんに注射器、薬物を使用か…発砲容疑者 (1日)読売 »