« 豊洲市場地下の水から微量ヒ素、都調査(17日)TBS | トップページ | 教員の叱責や体罰で自殺 「指導死」の実態 子どもの遺族が訴え(17日)NHK »

2016年9月17日 (土)

航空機レーザー照射に罰金 国交省、空港周辺で禁止(17日)日経

航空機にレーザー光とみられる光線が照射されるケースが相次いでいることを受け、国土交通省は17日までに、航空法の省令を改正し、空港周辺で飛行する航空機への照射を禁止する規定を新設する方針を固めた。違反者には罰金50万円を科す。年内の施行を目指す。
 民間機の被害は、2010年7月~今年6月に計194件が国交省に報告された。多くは着陸体勢に入った機体への照射とみられる。
 昨年7月、米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)周辺上空を飛行中の米軍ヘリコプターに照射されるなど、自衛隊機や米軍機が被害に遭ったケースもある。
 航空法は「飛行に影響を及ぼす恐れのある行為」を禁止しており、省令でロケットや花火の打ち上げなどを指定。国交省はこれに、空港周辺を飛行する航空機へのレーザー光照射を追加する。同時に空港周辺空域でのたこ揚げも禁止する。
 対象には米軍機を加える方針で、日米地位協定に基づく航空特例法の政令も改正する。〔共同〕http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG15HAQ_X10C16A9CR8000/

« 豊洲市場地下の水から微量ヒ素、都調査(17日)TBS | トップページ | 教員の叱責や体罰で自殺 「指導死」の実態 子どもの遺族が訴え(17日)NHK »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64217248

この記事へのトラックバック一覧です: 航空機レーザー照射に罰金 国交省、空港周辺で禁止(17日)日経:

« 豊洲市場地下の水から微量ヒ素、都調査(17日)TBS | トップページ | 教員の叱責や体罰で自殺 「指導死」の実態 子どもの遺族が訴え(17日)NHK »