« 奈良のリサイクル会社の破砕機から遺体の一部発見 8月に2件の死亡事故、さらに5年前にも…(7日)産経 | トップページ | 北九州でコンビニ強盗 男逃走 (7日)NHK »

2016年9月 7日 (水)

ミグ25機密文書から新事実(7日)NHK

いまから40年前の東西冷戦のさなか、旧ソビエト軍の最新鋭戦闘機が函館空港に強行着陸した「ミグ25事件」で、アメリカ政府は一刻も早く機体の調査を行おうと日本政府に外交圧力をかけていたことがアメリカの機密文書から明らかになりました。
昭和51年9月6日、函館空港にソビエト軍のミグ25が強行着陸し、各国の情報機関の関係者が函館に集まり、情報戦を繰り広げました。
各国は当時のソビエトの最高機密を得ようとしますが、当初、日本の警察が機体を差し押さえたため自衛隊も近寄ることができず調査は事件から5日後にようやく始まりました。
NHKがこのほどアメリカのフォード大統領図書館から入手した公文書によりますとアメリカ政府は事件から2日後、一刻も早く調査を行えるよう日本のアメリカ大使館に指示し、大使館側は「必要とあれば日本に圧力をかけなければならない」と本国に報告しています。
その後、アメリカ側は当時の宮沢外務大臣と非公式に会談し、日系アメリカ人の調査員を送り込むことを提案するなど、日本政府に圧力をかけながらもソビエト側を刺激しないようアメリカの関与を最小限に見せかけようとしていたことがうかがえます。
日米関係に詳しい東京財団の渡部恒雄上席研究員は「アメリカが調査できない最悪の状況を避けるため圧力をかけたのではないか。当時ソビエト側の軍事力が一段と上がる中、アメリカにとってミグ25の情報的価値は大変に高かった」と分析しています。
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20160906/5189832.html

« 奈良のリサイクル会社の破砕機から遺体の一部発見 8月に2件の死亡事故、さらに5年前にも…(7日)産経 | トップページ | 北九州でコンビニ強盗 男逃走 (7日)NHK »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64169448

この記事へのトラックバック一覧です: ミグ25機密文書から新事実(7日)NHK:

« 奈良のリサイクル会社の破砕機から遺体の一部発見 8月に2件の死亡事故、さらに5年前にも…(7日)産経 | トップページ | 北九州でコンビニ強盗 男逃走 (7日)NHK »