« 消費者庁 フライパンの誇張宣伝で命令(2日)NHK | トップページ | 事件後の心情、ノートに 和歌山発砲、4人死傷の動機捜査(2日)共同 »

2016年9月 2日 (金)

和歌山射殺 容疑者、拳銃3丁所持か 回転式押収されず(2日)毎日

和歌山市の建設会社「和大(わだい)興業」で従業員4人が死傷した射殺事件で、拳銃自殺した溝畑泰秀容疑者(45)が逃走 中にパトカーに向けて発砲した現場付近で、空の薬きょうが見つかっていないことが1日、捜査関係者への取材で分かった。自殺後に押収された2丁はいずれも 自動式拳銃で、自動式だと発射後に薬きょうが排出される。溝畑容疑者が回転式拳銃も所持していて未発見となっている可能性があり、和歌山県警和歌山西署捜 査本部が確認を急いでいる。

     溝畑容疑者は8月30日夜、同社近くで自転車に乗っていて発見され、逃走しながらパトカーに向けて4発を発射した。捜査関係者によると、空薬きょうが見つかっていないことに加え、パトカーの乗員も「回転式だと思う」と話している。
 これまでの捜査では、溝畑容疑者とみられる男が立ち寄ったJR和歌山駅近くのホテルの部屋や、立てこもり現場近くにあったカバンなどから回転式拳銃は見 つかっていない。捜査本部は、パトカーに向けて発射された弾丸の線条痕などを調べて回転式かどうか確定させるとともに、関係先を捜索している。
 捜査本部が押収した2丁はいずれも自動式で、45口径の「コルト・ガバメント」と38口径の「ステアーGB」だったことも分かった。従業員4人が撃たれた現場からは空の薬きょう7個が見つかり、いずれも38口径の銃で使用する直径9ミリの弾丸のものだった。
 一方、1日に司法解剖した結果、溝畑容疑者は両手に持っていた拳銃をほぼ同時に自身の腹に発射していたことが判明した。弾丸はいずれも腹部を貫通しており、死因は出血性ショックだった。薬物使用の有無については今後詳しく鑑定する。【最上和喜、倉沢仁志】

http://mainichi.jp/articles/20160902/k00/00m/040/123000c

« 消費者庁 フライパンの誇張宣伝で命令(2日)NHK | トップページ | 事件後の心情、ノートに 和歌山発砲、4人死傷の動機捜査(2日)共同 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64145290

この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山射殺 容疑者、拳銃3丁所持か 回転式押収されず(2日)毎日:

« 消費者庁 フライパンの誇張宣伝で命令(2日)NHK | トップページ | 事件後の心情、ノートに 和歌山発砲、4人死傷の動機捜査(2日)共同 »