« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 未販売の東京五輪チケット代、要求の電話相次ぐ(6日)読売 »

2016年9月 6日 (火)

市議、防火用の消火栓を不正使用 シバザクラの水やりに(6日)朝日

奈良県葛城市は6日、男性市議(69)が防火用の消火栓から水を不正に使用していたと発表した。消防法違反などの疑いで刑事告訴の準備を進めている。
 市によると、8月下旬、匿名の投書があり、発覚した。市議は使用を認め、同29日、自宅の水道料金の約2カ月分にあたる7800円を支払ったという。
 市議は取材に対し、昨年8月、300リットル入りのポリタンクに消火栓から水を入れ、地区で管理するシバザクラの水やりに使ったと説明。使用はこ の1回だけといい、「ふだんは川や井戸の水を使っているが、この時は急いでいたと思う。深く反省している」と話した。(松永和彦)http://www.asahi.com/articles/ASJ96462JJ96POMB008.html

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 未販売の東京五輪チケット代、要求の電話相次ぐ(6日)読売 »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64167520

この記事へのトラックバック一覧です: 市議、防火用の消火栓を不正使用 シバザクラの水やりに(6日)朝日:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 未販売の東京五輪チケット代、要求の電話相次ぐ(6日)読売 »