« ニューヨーク中心部で爆発 29人けが(18日)NHK | トップページ | トンネル内で列車にはねられ88歳女性死亡(18日)NHK »

2016年9月18日 (日)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(18、19日 単位・レベル) 
秋の全国交通安全運動
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012198

 21日から秋の全国交通安全運動が始まる。30日までの10日間で特に30日は交通事故死者0を目指す。
 今年の安全運動の重点は①自転車の安全運転の推進②後部座席の全てのシートベルト、チャイルドシートの着用③飲酒運転の根絶。
 警察庁によると今年7月現在の交通事故発生は27万9674件で、前年同期に比べて2万8121件の減少。死者は2121人で同104人の減。しかし、1日平均にすると10人が亡くなっている。
 年齢別で最も多いのは65歳以上の54.3%。次いで50歳代10.2%、16歳から24歳が8.8%、40歳代が8.7%、30歳代が7.2%、60歳から64歳が5.8%、15歳以下が2.0%の順。
 状態別では自動車が最多で36.4%、歩行中が33.1%、自転車が12.6%。この中で75歳以上に限ってみると歩行中の死者は46.9%を占め、自動車の30.6%を上回っている。
 現在、年間死者数が4000人代で推移しているが、日本警察は「第10次交通安全基本計画」を策定し、平成32年で2500人以下にする目標を掲げている。
 特に、高齢化社会に向けた自動車運転者対策では、政府は関係省庁が連携た「高齢者に優しい地域づくり」を目指している。
 例えば岡山県では運転免許証の自主返納者には「おかやま愛カード」を発行。安い買い物ができるほかバスやタクシーも割安で利用できるなど至れり尽せりの自治体もある。
 事故防止の講習も必要だが、〝足〟がなくては生活ができない地方に住んでいる高齢者もある。そうした自治体の「愛ある対応」に期待したい。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
全国都道府県の体感治安はdownwardleft

【東京体感治安判定方式】 
Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる 感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であ り、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都 内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し  ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

全国の体感治安(警察庁資料参考)
□治安安定 白色 □やや安定 黄色 □普通 緑色 □不安定 青色 □悪い 赤

F1012226


 

« ニューヨーク中心部で爆発 29人けが(18日)NHK | トップページ | トンネル内で列車にはねられ88歳女性死亡(18日)NHK »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64222014

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« ニューヨーク中心部で爆発 29人けが(18日)NHK | トップページ | トンネル内で列車にはねられ88歳女性死亡(18日)NHK »