« 「大変勇気づけられた。協力する」ケネディ大使、共謀罪に期待(15日)産経 | トップページ | 焼き菓子にカビ、最大10万個回収…森永製菓(16日)読売 »

2016年9月16日 (金)

ホームドア整備に試行錯誤 鉄道各社、死亡事故受け対策(16日)朝日

東京メトロ銀座線青山一丁目駅のホームから視覚障害者が転落して亡くなった事故で、関係者からはホームドア設置などの対策を求める声があがっている。だが、ホームドアは大がかりな工事が必要で、普及が進んでいない。15日で事故から1カ月。鉄道各社は、低コスト、短い工期での普及が期待できる新型ホームドアのほか、転落検知マットを設置するなど、駅の整備に試行錯誤している。

 JR東日本は今月6日、ドアをフレーム構造にした新型ホームドアを今年度、横浜線町田駅に試験導入すると発表した。従来型より3割ほど軽いため、工事費が抑えられ、工期が短い。開口部も約1メートル広く、ほかの鉄道会社の車両の乗り入れにも対応できるという。
同社は現在、八高線拝島駅東京都昭島市)で、ドアではなく3本のバーが昇降するタイプも試験導入している。開口部の重さはドアの半分ほどで、導入費用は約2億円。従来型のホームドアを整備中の山手線は全29駅で550億円かかるといい、「低コストが期待できる」と広報担当者は話す。
 JR西日本は、バーではなくステンレス製ロープが上下するタイプを東海道線六甲道(神戸市灘区)、高槻(大阪府高槻市)の両駅で導入した。ドア型と比べ、バーやロープはホームと線路の遮蔽(しゃへい)が完全ではないが、「簡易さ」が特徴。同社は今後さらなる設置を検討している。 ホームドア以外の対策では、J…
残り:334文字/全文:906文字
http://www.asahi.com/articles/ASJ9F63THJ9FUTIL045.html

« 「大変勇気づけられた。協力する」ケネディ大使、共謀罪に期待(15日)産経 | トップページ | 焼き菓子にカビ、最大10万個回収…森永製菓(16日)読売 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64210194

この記事へのトラックバック一覧です: ホームドア整備に試行錯誤 鉄道各社、死亡事故受け対策(16日)朝日:

« 「大変勇気づけられた。協力する」ケネディ大使、共謀罪に期待(15日)産経 | トップページ | 焼き菓子にカビ、最大10万個回収…森永製菓(16日)読売 »