« 土佐犬、逃げだし行方不明に 小学校は集団下校 青森(2日)朝日 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2016年9月 2日 (金)

【相模原19人刺殺】措置入院を決めた医師、精神保健指定医を不正取得の疑い(2日)産経

相模原市の知的障害者施設で19人が刺殺された事件で、殺人容疑で逮捕された元職員の植松聖(さとし)容疑者(26)が事件の4カ月前に措置入院し た際に診断した医師の1人が、措置入院の必要性を判断する医師に必要な専門資格を不正に取得していた疑いがあることが2日、厚生労働省の調査で分かった。
  措置入院が必要かどうかを決めるには、「精神保健指定医」の資格を持つ医師2人が診断する必要がある。厚労省によると、植松容疑者の措置入院の必要性を診 断した医師の1人が資格を不正に取得していた疑いがあるという。厚労省は、診断に問題がなかったかも含めて調査を進めている。 精神保健指定医をめぐっては、聖マリアンナ医科大病院(川崎市宮前区)で昨年4月、複数の医師が同じ患者の症例を使い回すなどしたリポートを提出して不正に資格を取得したことが問題になった。この事件を受け、厚労省は他の医療機関でも同様の不正がなかったか調べていた。http://www.sankei.com/affairs/news/160902/afr1609020013-n1.html

« 土佐犬、逃げだし行方不明に 小学校は集団下校 青森(2日)朝日 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64147279

この記事へのトラックバック一覧です: 【相模原19人刺殺】措置入院を決めた医師、精神保健指定医を不正取得の疑い(2日)産経:

« 土佐犬、逃げだし行方不明に 小学校は集団下校 青森(2日)朝日 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »