« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 気温上昇で事故件数も上昇 県警、7、8月を調査(25日)共同・山形 »

2016年9月25日 (日)

ナースステーションで点滴に異物混入された可能性も (25日)NHK

横浜市の病院で点滴に異物が混入され入院患者が死亡した事件で、点滴は、病院内のナースステーションに移される前は、施錠した状態で複数の担当者が管理していたことが警察への取材でわかりました。警察は、その後、鍵などをかけずに保管していたナースステーションで異物が混入された可能性もあると見て調べています。

今月20日、横浜市神奈川区にある大口病院で、点滴に異物が混入され、寝たきりの状態で入院していた八巻信雄さん(88)が死亡し、点滴や遺体から洗剤や医薬品などに含まれる界面活性剤という薬品が検出されたことから、警察は殺人の疑いで捜査しています。
これまでの調べで、八巻さんの点滴は、使用する2日前の今月17日に薬剤部から看護師が待機するナースステーションに移されて、保管されていたことがわかっています。
その後の調べで、点滴はナースステーションに持ち込まれる前の薬剤部では、施錠したスペースで保管し複数の担当者でチェックして管理していたことが警察への取材でわかりました。
一方で、ナースステーションでは保管の際に鍵などはかけられず、机の上や洗面台などに置かれ、業務の都合で誰もいない時間帯もあったということです。
警察は、ナースステーションで異物が混入された可能性もあると見て、病院関係者などから事情を聴き詳しい状況を調べています。
亡くなった八巻信雄さん(88)は、入院する前、横浜市港北区で長男と暮らしていました。
近所の知り合いによりますと、八巻さんは建設関係の仕事を続けたあと、地元の老人会の活動に積極的に関わり、年に数回行われる誕生日会や旅行などの行事には、ほとんど参加していたということです。また、老人会のコーラス部に所属するなど、趣味の活動にも熱心に取り組んでいたということです。
妻を亡くし、長男と暮らすようになってからは、八巻さんは数年前から体調を崩し、車いすに乗ってタクシーで病院に通う姿がたびたび目撃されていました。
警察によりますと、八巻さんは今月14日から大口病院に入院し、寝たきりの状態になっていたということです。八巻さんが亡くなった今月20日は88歳の誕生日でした。
老人会で交流のあった栗原一年さんは「老人会で誕生会をしたり、旅行に行ったりするときは、八巻さんはほとんど参加していました。お酒が好きな楽しい人でした。こんな形で亡くなって本当に残念で悔しいです」と話していました。
また、妻のトク子さんは「八巻さんはよく帽子やマフラーを身に着けていて、おしゃれな方でした。数年前に息子さんと2世帯住宅を建てたときは『死ぬまでこの家で住むんだ』と言って喜んでいました。本人がいちばん悔しがっていると思います」と話していました。
八巻さんと同じ老人会のコーラス部に所属していた豊田光雄さんは「八巻さんは、月に2回行われるコーラス部の練習にほとんど欠かさず参加し、老人会のイベントなどで楽しそうに演歌を歌っていました。同じグループの仲間が亡くなって非常に驚いています」と話していました。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160925/k10010706411000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 気温上昇で事故件数も上昇 県警、7、8月を調査(25日)共同・山形 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64255531

この記事へのトラックバック一覧です: ナースステーションで点滴に異物混入された可能性も (25日)NHK:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 気温上昇で事故件数も上昇 県警、7、8月を調査(25日)共同・山形 »