« 2016年9月16日 | トップページ | 2016年9月18日 »

2016年9月17日

2016年9月17日 (土)

アパート隣室の男逮捕 西東京市の女性殺害容疑(17日)共同

東京都西東京市のアパートで8月、住人で1人暮らしの無職多田和代さん(79)が首から血を流して死亡していた事件で、警視庁捜査1課は17日、殺人の疑いで、隣室に住むアルバイト平岡大容疑者(30)を逮捕した。
 捜査1課によると「首を包丁で切って殺したことに間違いありません。私1人でやったことです」と供述している。
 事件は8月2日夜に発覚。同日朝から多田さん宅の玄関ドアが開けっ放しになっており、近所の住人が午後7時ごろ、中で倒れている多田さんを見つけ110番した。
 捜査1課によると、司法解剖の結果、死因は失血死で死後2~3日程度たっていた。
http://this.kiji.is/149870288482354678?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

洋品店で不審な動き、警備員に追われる 「ららぽーと横浜」で転落死の高2男子(17日)産経

横浜市都筑区池辺町の商業施設「ららぽーと横浜」で17日午後に転落死した神奈川県立高2年の男子生徒(16)=同市保土ケ谷区=が、転落前に3階の洋品店で不審な動きをしていたとして店員に声を掛けられていたことが分かった。
 男子生徒はその後、3階から1階に転落し、搬送先の病院で死亡が確認された。
 神奈川県警都筑署によると、店員に声を掛けられた男子生徒は店の外に逃走したため、警備員らが追ったところ、3階テラスの柵を自ら乗り越えたという。同署が詳しい状況を調べている。http://www.sankei.com/affairs/news/160917/afr1609170030-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

電車内で寝ている男性からバッグ盗む 44歳男を逮捕(17日)テレビ朝日

さいたま市のJR大宮駅の電車内で、寝ている男性からバッグなどを盗んだとして44歳の無職の男が逮捕されました。大宮駅では同様の被害が5件相次いでいました。
 川村利男容疑者は17日午前7時ごろ、JR大宮駅で折り返し待ちをしていた電車の座席で寝ていた会社員の男性(22)から現金約13万円の入ったバッグ と携帯電話を盗んだ疑いが持たれています。警察によりますと、川村容疑者は寝ている男性に近付いて隣に座り、犯行に及びましたが、ホームに降りたところを 警察官に現行犯逮捕されました。取り調べに対し、川村容疑者は「お金がなくて困っていた。生活費欲しさにやった」と容疑を認めています。大宮駅では7月か ら週末に同様の被害が5件相次いでいて、警察が警戒していました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000083722.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

拉致問題 被害者家族らが国民大集会開催…安倍首相も出席(17日)毎日

北朝鮮による拉致被害者家族連絡会などは17日、東京都千代田区で拉致問題に関する国民大集会を開いた。大集会は今年2回目。
 安倍晋三首相や拉致被害者の家族らが出席。安倍首相は米ニューヨークで開幕した国連総会を念頭に「国連の場においても拉致問題解決の必要性を訴え国際社会と連携を強めていきたい」と述べた。
 自身も拉致被害者で、母ミヨシさん(行方不明時46歳)がまだ帰国していない曽我ひとみさん(57)は北朝鮮で月を見上げては帰国を祈っていたことを明 かし「今も母の帰国を月に祈っている。拉致被害者全員が一日でも早く日本に帰って家族と会える日が来ることを心から願っている」と語った。【岸達也】
http://mainichi.jp/articles/20160918/k00/00m/040/032000c

| コメント (0) | トラックバック (0)

浜名湖、遺体発見現場に焦げた跡 犯人燃やす?(17日)共同

浜名湖の湖畔で浜松市西区、無職須藤敦司さん(63)の肋骨などが見つかった事件で、遺棄現場周辺の砂利が半径約1メートルの範囲で黒く焼け焦げていたことが17日、第1発見者の男性への取材で分かった。犯人が遺体を捨てた際に燃やした疑いがある。
 浜松中央署捜査本部は、須藤さんが1月ごろに殺害され、遺体が現場に遺棄されたとみている。胸骨、肋骨、肩甲骨しか見つかっておらず、残る部位の発見に努めている。
 2月に須藤さんのキャッシュカードで現金を不正送金したとして電子計算機使用詐欺などの罪で浜松市北区の無職男(32)が起訴されている。
http://this.kiji.is/149816686686158849?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

「刑務所に戻りたかった」下関駅放火事件から10年 出所の84歳に「居場所」 司法と福祉が連携、支援(17日)西日本

「刑務所に戻りたかった」と、JR下関駅(山口県下関市)に放火した男性(84)は8月に刑期を終え、福岡県内の施設で暮らしている。司法と福祉が 連携して支えることで「もう刑務所には戻りたくない。好きな人に囲まれて最期を迎えたい」と笑顔も見せる。社会に居場所がないために罪を重ねる「累犯障害 者・高齢者」の問題を浮き彫りにした事件から10年、男性の笑顔は罪と更生の在り方を問うている。
 男性は74歳だった2006年1月7日未明、下関駅に放火して焼失させた。被害額は5億円以上で、懲役10年の判決を受けた。判決は「軽度知的障害で、かつ高齢でありながら、刑務所を出所後、格別の支援を受けることもなかった」と指摘した。
 当時、男性は放火の前科が10件あり、22歳以降の40年以上を刑務所で過ごしていた。過去の裁判で6回も知的障害などを認められたが、一度も障害福祉サービスにはつながらなかった。
 下関駅の事件は05年12月30日に福岡刑務所を出所後に発生。男性は事件当日までの8日間、警察に保護されたり、福祉事務所に連れて行かれたりと、八つの公的機関に接触。生活保護を求めるなどしたが、公的支援は受けられなかった。
 そして、下関駅で警察官に退去を求められた末に放火に至った。
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/275518

| コメント (0) | トラックバック (0)

教員の叱責や体罰で自殺 「指導死」の実態 子どもの遺族が訴え(17日)NHK

教員から叱責されたり体罰を受けたりしたあとに自殺した子どもの遺族が、東京でシンポジウムを開き、行きすぎた指導で子どもたちが亡くなっている実態を知ってほしいと訴えました。
 シンポジウムは、教員の行きすぎた指導をきっかけに子どもが自殺するケースを「指導死」と呼んで、再発防止を求めている遺族のグループが東京・港区で開いたもので、およそ70人が参加しました。
 この中で、4年前に部活動の顧問からの生徒指導が原因で自殺したとされる新潟県の男子高校生の父親が講演しました。
自 殺をめぐっては、県教育委員会が設けた第三者委員会がことし7月、「生徒指導が最大の要因であったことは否定できない」とする報告書をまとめていて、父親 は「一方的な叱責が自殺につながったが、学校や教育委員会は真摯(しんし)に対応しなかった。現状を変えるため多くの人に『指導死』の実態を知って欲し い」と訴えました。
続いて、北海道や広島県から参加した遺族らがパネルディスカッションを行い、「教育委員会は遺族が納得できる調査を行って欲しい」と訴えました。
 グループによりますと、教員の指導をきっかけにした子どもの自殺や自殺未遂は、平成に入ってから全国で60件余りに上るという調査結果もあるということで、代表の大貫隆志さんは「私たちのような思いをする人が出ないようにしてほしい」話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160917/k10010690571000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

航空機レーザー照射に罰金 国交省、空港周辺で禁止(17日)日経

航空機にレーザー光とみられる光線が照射されるケースが相次いでいることを受け、国土交通省は17日までに、航空法の省令を改正し、空港周辺で飛行する航空機への照射を禁止する規定を新設する方針を固めた。違反者には罰金50万円を科す。年内の施行を目指す。
 民間機の被害は、2010年7月~今年6月に計194件が国交省に報告された。多くは着陸体勢に入った機体への照射とみられる。
 昨年7月、米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)周辺上空を飛行中の米軍ヘリコプターに照射されるなど、自衛隊機や米軍機が被害に遭ったケースもある。
 航空法は「飛行に影響を及ぼす恐れのある行為」を禁止しており、省令でロケットや花火の打ち上げなどを指定。国交省はこれに、空港周辺を飛行する航空機へのレーザー光照射を追加する。同時に空港周辺空域でのたこ揚げも禁止する。
 対象には米軍機を加える方針で、日米地位協定に基づく航空特例法の政令も改正する。〔共同〕http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG15HAQ_X10C16A9CR8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

豊洲市場地下の水から微量ヒ素、都調査(17日)TBS

土壌汚染対策の盛り土が一部で行われていなかった東京・豊洲新市場。16日に報道陣に公開された市場の地下には、一面に水がたまっていました。この水について汚染度合を調べていた東京都の調査結果が、17日、明らかになりました。
 汚染対策工事の前に検出された発がん性物質のベンゼンやシアンといった有害物質はたまり水からは検出されなかった一 方、環境基準を下回る微量のヒ素と六価クロムが検出されました。この結果について、小池都知事が再び招集し、17日に会見に臨んだ土壌汚染対策専門家会議 の平田座長は・・・
 「基準値よりもかなり低いので大丈夫」
Q.濃度的には問題ない?
「問題ないと思います。雨水が入ったにしても、地下水の影響を受けていることは否定できない」(専門家会議 平田健正座長)
 ヒ素が含まれるのは地下水の影響を受けている可能性があることから、都に対し、さらに詳細な分析を行うよう指示したことを明らかにしました。専門家会議は今後、豊洲新市場の安全性を改めて検証し、対策を議論する予定ですが、結論を出す時期については・・・
Q.年内とか来年1月とかに方向性は示さないのか?
 「難しいと思う。提言の前提条件が崩れている。再度検討する必要がある」(専門家会議 平田健正座長)
と長期化も示唆しました。
 一方、リオ・パラリンピックの閉会式に出席するため、ブラジルへ出張している小池都知事は・・・
 「できるだけ徹底して、客観的に、これまで何があったのか、誰がどこで何を決めたのか、明確にしていきたいと思っています」(小池百合子知事)
 移転延期を決めてから浮かび上がるさまざまな問題点。調査結果を信頼回復へつなげることはできるのでしょうか。(17日16:52)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2871322.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(17、18日 単位・レベル) 
首なし拳銃

【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012251

 本日は銃器の話し―今年に入り、暴力団による発砲事件が増加している。昨年8月に山口組が分裂したことなどもひとつの要因だ。
 警察庁によると上半期(1~6月)の銃器発砲事件は17件で前年同期に比べて14件の増加。このうち暴力団による発砲が12件で同9件も増えている。発砲にからむ死者数は5人で同2人の増。
 発砲事件は年々減少傾向にあり、平成27年は8件だったが、今年は上半期で昨年を上回ってしまった。過去の推移をみると平成13年は215件もあったのでそれからみれば激減だろう。
 これに対して今年上半期の拳銃の押収丁数は139丁で前年に比べて62丁も少なかった。また密輸入事件の摘発は1件で同2件の減少。検挙人員も1人で1人減っている。
  押収丁数はこれまでで最も少なかったが、暴力団が巧妙な手口で拳銃を隠すようになったものと見られる。
 拳銃の押収と言えば、思い出すのが「平成の刀狩り」。平成4年に発生した自民党の金丸信副総裁の銃撃事件などから、翌年に銃刀法改正を行い、銃器を所持している者が自首した際には刑の減免規定が設置された。翌年の5年には再び銃刀法を改正し、「おとり捜査」のときに捜査員が相手から拳銃を受け取っても不法所持にはならないということになった。
 ところが、これが不祥事を呼んでしまう。ある警察では成績を上げるため、所持者不明のいわゆる「首なし拳銃」でも、押収したように細工して数字化した。つまり、捜査員が暴力団や捜査協力者から銃を受け取り、指紋をふき取った上でコインロッカーなどに入れて、自ら警察署に通報。発見、押収するというものだ。
 当時、隠し方が巧妙になり押収困難に直面した。暴力団などは本人が隠し持つのではなく、息のかかった飲食店のマダムや妾などの隠させるのだ。これではいくら家宅捜索をかけようとも発見は困難。そこで多くの県警が成績をあげるために「首なし拳銃」という不祥事に走ってしまったという見方がある。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

全国都道府県の体感治安はdownwardleft

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

林死刑囚弁護団が最終補充書提出 毒カレー事件の再審請求(17日)共同

1998年に発生した和歌山毒物カレー事件で再審請求している林真須美死刑囚(55)の弁護団が17日、大阪市で記者会見し、弁護団による最終の再 審請求補充書を和歌山地裁に提出したと明らかにした。弁護団は、2016年度中にも地裁が再審請求に対しての結論を出すとみている。提出は16日。
 林死刑囚は09年に死刑判決が確定、同年、再審請求した。
 補充書では、弁護団の依頼で京大の河合潤教授(分析化学)が分析した結果、死刑囚の関係先から見つかったヒ素と、現場の紙コップに付着していたヒ素は異なるなどと指摘。弁護団は河合教授を証人として申請した。
http://this.kiji.is/149782461681305078?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

住宅で血だらけの男女3人 川崎市の住宅で男性死亡 (17日)産経 速報

神奈川県警によると、17日午前、川崎市川崎区の住宅で血だらけの男女3人が見つかり、40代とみられる男性が死亡、70代とみられる男女が重傷を負った。無理心中の可能性があるとみて捜査している。http://www.sankei.com/affairs/news/160917/afr1609170019-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

米軍機差し止め部分、最高裁上告受理せず 厚木基地訴訟(17日)朝日

 米軍と自衛隊が共同で使う厚木基地神奈川県)の周辺住民らが、国を相手に航空機の飛行差し止めや騒音被害への損害賠償を求めた訴訟の上告審で、米軍機の飛行差し止めを認めなかった二審・東京高裁の判断が確定する見込みになった。最高裁第一小法廷(小池裕裁判長)が15日付で、訴訟のうち、住民が米軍機の飛行差し止めを求めた部分について上告を受理しない決定をした。

 昨年7月の二審判決は、米軍機については「運航について国に権限がなく、差し止めの根拠はない」として、一審判決と同様に、住民の請求を退けた。
 この訴訟で第一小法廷は、一、二審判決で自衛隊機の夜間・早朝の飛行差し止めを命じた部分については、国と住民双方の上告を受理した。10月31日に弁論が開かれ、年内にも出る判決で二審判決が見直される可能性がある。

http://www.asahi.com/articles/ASJ9K3SQ1J9KUTIL00W.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

休眠口座から着服容疑 七十七銀元行員逮捕(17日)共同

七十七銀行の行員の立場を悪用し、長期間、取引のない客の「休眠口座」から現金139万円をだまし取ったとして、宮城県警は16日、詐欺などの疑いで、宮 城県大河原町中川原、同行白石支店(白石市)の元副長、千葉修容疑者(50)を逮捕した。同行によると、千葉容疑者は他の11の休眠口座から約1000万 円を着服しており、被害総額は約1100万円に上るという。
 逮捕容疑は2011年10月下旬ごろ、休眠口座の名義人の印鑑を勝手に変え、名義人名の払戻請求書を偽造し、139万円を着服した疑い。千葉容疑者は窓口業務を統括する立場だった。県警によると、「競馬に使った」と容疑を認めている。
 七十七銀行の調査で、容疑者は白石支店と気仙沼支店(気仙沼市)に勤務していた11年10月~15年6月、同様の手口で逮捕容疑を含めて個人客計12人の「休眠口座」から計約1100万円を着服していたことが発覚した。同行は15日付で懲戒解雇処分とした。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201609/20160917_13023.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

市職員が警官に肘打ち疑い 千葉(17日)産経

千葉中央署は17日、公務執行妨害の疑いで、千葉市中央区出洲港、同市職員立野賢一容疑者(28)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は17日午前1時10分ごろ、千葉市中央区富士見1丁目の路上で、同署地域課の男性巡査(34)の側頭部を1回肘打ちした疑い。
 千葉中央署によると、立野容疑者は同僚と飲酒した直後に路上で暴れ、目撃した飲食店従業員が110番。男性巡査が駆け付け、事情を聴いていた。逮捕の際には別の警察官が左脚をかまれ、軽いけがをした。立野容疑者は「全く覚えていない」と供述している。
http://www.sankei.com/affairs/news/160917/afr1609170016-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子高生の太ももを電車内でなで回し、女子トイレにも侵入 容疑の24歳男逮捕 千葉のJR外房線(17日)産経

 電車内で女子高生の体に触るなどしたとして、千葉県警茂原署は16日、県迷惑防止条例違反(痴漢)と強制わいせつなどの疑いで、自称、千葉県市原市の会社員、住吉健太容疑者(24)を逮捕した。
  逮捕容疑は、15日午後10時50分ごろから約30分間、JR外房線の蘇我駅(千葉市中央区)から茂原駅(茂原市)を走行中の電車内で、隣に座る高校3年 の女子生徒(18)の太ももをなで回すなどした後、茂原駅の女子トイレに侵入してこの生徒の両肩をつかむ暴行などを加えた上でわいせつな行為をしたとして いる。
 同署によると、住吉容疑者は茂原駅で降りた生徒を追いかけ、女子トイレに侵入したという。http://www.sankei.com/affairs/news/160917/afr1609170012-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

電車乗務中、線路に放尿 JR千葉の男性運転士(17日)共同

   
      

 JR東日本千葉支社の50代の男性運転士が、12日に総武線の駅に停車させた電車から線路に放尿していたことが17日、支社への取材で分かった。
 男性運転士は「トイレに行くことで電車を遅らせたくなかった。過去にも数回やった」と話しているという。運行に影響はなかったが、千葉支社はモラルに欠く行為で指導が必要として、運転士を乗務から外した。
 千葉支社によると、12日午後5時15分ごろ、総武線の銚子発千葉行き上り電車を佐倉駅に停車させた際、ホームと反対側の運転席のドアを開け、線路に放尿した。駅の敷地の外にいた通行人が目撃し、通報した。

http://this.kiji.is/149713003565858825?c=39546741839462401

   
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「こち亀」連載40年で完結=週刊誌に最終話、単行本200巻(17日)時事

週刊少年ジャンプ(集英社)連載の人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所 (こち亀)」が17日、同誌最新号と単行本第200巻の発売をもって最終回を迎えた。連載開始から40年、「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」として ギネス世界記録に認定された歴史的作品がついに完結した。

〔写真特集〕思い出の「こち亀」

 最終回は、40年間に登場した脇役の数々をトップ10方式で振り返る内容。主人公の両津勘吉が執筆時の内情を明かすなど面白おかしく展開する。雑誌と単行本の「同時中継」だが、結末は違い、読み比べられる仕掛けも。
  誌面では最後に「不真面目でいい加減(かげん)な両さんが40年間休まず勤務したので、この辺で有給休暇を」とする作者・秋本治さん(63)の文章を掲 載。今冬から来年にかけての新作執筆も発表し、漫画家としての活動継続をアピールした。(2016/09/17-11:24)

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016091700052&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

死亡男性の体にタイヤ痕 ひき逃げ事件で捜査(17日)テレビ朝日

千葉県松戸市の市道で、30代くらいの男性が頭から血を流して死亡しているのが見つかりました。警察は現場の状況などから、ひき逃げ事件とみて捜査しています。
 17日午前5時ごろ、「松戸市稔台の道路の真ん中に人が倒れている。車にひかれているようだ」と男性から通報がありました。警察によりますと、30代く らいの男性が頭から血を流して倒れていて、その場で死亡が確認されました。男性の体にタイヤの痕があったことなどから、警察はひき逃げ事件とみて周辺の防 犯カメラの映像を解析するなど捜査しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000083704.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

うその電話で1000万円被害(17日)NHK茨城

15日、龍ケ崎市に住む76歳の男性が、長男をかたる男からの「仕事の契約に必要な重要な手形を無くした。会社に知られればクビになる」という、うその電話を信じて、現金1000万円をだまし取られ、警察で詐欺事件として捜査しています。
 警察によりますと、15日午後2時ごろ、龍ケ崎市に住む76歳の男性の自宅に、長男をかたる男から「仕事の契約に必要な重要な手形を無くし、現金3200万円が必要になった。会社に知られればクビになる」などという電話がありました。
男は「上司と解決することにしたが、1000万円足りないのでなんとかならないか」と男性に伝え、話を信じた男性は郵便局で現金1000万円をおろし、その後、自宅を訪れた上司の息子をかたる男に手渡しました。
その後、男性が長男に電話したところ、うその電話だったことがわかったということで、警察で詐欺事件として捜査しています。
警察では「『現金を送ってくれ』とか『現金を取りに行く』といった電話はすべて詐欺なので、絶対に送らずにすぐに警察に相談してほしい」と呼びかけています。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/1075741611.html?t=1474066530333

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺人容疑の母親 処分保留(17日)NHK鳥取

生後間もない娘の遺体を岩美町の雑木林に遺棄したとして死体遺棄の罪で起訴され、その後、殺人の疑いで逮捕された35歳の母親について鳥取地方検察庁は16日付けで殺人の容疑を処分保留にしました。
検察は処分保留の理由について明らかにしていませんが、捜査を継続したうえで最終的な処分を決めるとしています。
無職の難波綾被告(35)はことし6月、岩美町の雑木林に自分が出産した娘の遺体を遺棄したとして、死体遺棄の罪で起訴されその後、娘を殺害したとして先月、殺人の疑いで再逮捕されました。
鳥取地方検察庁が捜査を進めてきましたが、殺人の容疑について16日付けで処分保留としました。
検察は処分保留の理由について明らかにしていませんが、捜査を継続したうえで、最終的な処分を決めるとしています。
難波被告が住んでいた家からは死後1年から3年が経過した、別の赤ちゃんの遺体も見つかっていて、警察はこの赤ちゃんが死亡したいきさつについても捜査しています。 http://www3.nhk.or.jp/lnews/tottori/4045752991.html?t=1474066311013

| コメント (0) | トラックバック (0)

”裁判員に声かけ” 初公判(17日)NHK

ことし5月、北九州市で、暴力団幹部の事件を審理した裁判員に声をかけて脅すなどしたとして、裁判員法違反の罪に問われている2人の被告の初公判が開かれ、このうち元暴力団員は「怖がらせたりはしていない」と述べ、起訴された内容を否認しました。
こ とし5月、福岡地方裁判所小倉支部で開かれた、特定危険指定暴力団、工藤会系の暴力団幹部の裁判をめぐり、▼幹部の知り合いの元暴力団員、楠本利美被告 (40)と▼会社員の中村公一被告(41)は、裁判員に「あんたら裁判員やろ。顔は覚えとる」などと声をかけて脅すなどしたとして、裁判員法違反の罪に問 われています。
2人の初公判が、16日、福岡地方裁判所でそれぞれ開かれ、楠本被告は「『裁判員も大変やね』とは言ったが、不安にさせたり怖がらせたりはしていない。幹部に有利に働くような依頼にあたることも言っていない」と述べ、起訴された内容を否認しました。
これに対し、検察は「被告は、親交の深い幹部への判決を少しでも軽くして欲しいという気持ちで声をかけた」と主張するとともに、裁判員が「声をかけられたことで、うかつに幹部に質問したら危害を加えられると思った」と話したとする調書を読み上げました。
一方、中村被告は起訴された内容を認めたうえで、「裁判員に怖い思いをさせて申し訳ないと思っている」と述べました。

http://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20160916/4730021.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

富山市議の政活費不正受給、8人全員が辞職へ(17日)読売

富山市議会(定数40)で発覚した政務活動費の不正受給問題で、不正を認めていた自民党会派の谷口寿一市議(53)が16日、辞意を表明した。
 20日に辞職願を提出する。これで、不正受給を認めた市議8人全員が辞職することになる。
 谷口市議は2013、14年度、不正受給で市議を辞職した中川勇氏(69)から渡された偽造領収書を使って計3回、市政報告書の印刷代として計91万5840円を不正に受け取っていた。実際の印刷代分を除いた約47万円を中川氏に渡していたという。

(ここまで229文字 / 残り231文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160916-OYT1T50125.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京マラソン当選者に落選メール誤送信(17日)産経

東京マラソン財団は16日、来年2月開催の「東京マラソン2017」(同財団主催、産経新聞社ほか共催)の一般募集に応募し、抽選に当たったランナーの一部に誤って落選通知のメールを送信していたことを明らかにした。
 事務局によると、システムエラーが原因で、対象者には事務局から個別にメールや電話で連絡を入れるという。抽選の当落については東京マラソンのホームページからも確認することができる。
http://www.sankei.com/affairs/news/160916/afr1609160037-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉県職員、県の口座から86万円着服で懲戒免職(17日)テレビ朝日

千葉県の男性職員が県の口座から約86万円を着服したとして懲戒免職されました。
 千葉県によりますと、健康福祉部に所属する50歳の男性職員は、県の口座から9回にわたって合わせて約86万円を着服していました。男性職員は16日付 で懲戒免職処分となりました。口座はもともと、県の関連団体のものでしたが、団体が解散した後は男性職員が管理していました。その後、部署を異動しても口 座を後任に引き継がず、通帳と印鑑を自宅に持ち帰っていたということです。着服した金は飲食代などに使っていました。今年5月に銀行から休眠口座に関する 通知が県に届いたことから口座の存在が明らかになり、不正が発覚しました。男性は着服した金を返金していて、「大変申し訳なかった」と話しています。千葉 県は「県民の皆様に大変申し訳なく、深くおわび申し上げます」としています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000083669.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

浜名湖の人骨は63歳男性 口座から現金が…(17日)テレビ朝日

 先月、静岡県の浜名湖で人の骨が見つかり、16日に浜松市に住む男性と特定されました。警察は、男性の口座から現金を不正に引き出したとして逮捕・起訴された男が事情を知っている可能性があるとみて調べています。
 先月31日、浜名湖で人の骨が見つかり、1月ごろから行方不明になっていた浜松市の須藤敦司さん(63)と特定されました。須藤さんの口座から現金 474万円を不正に引き出したなどとして逮捕されてすでに起訴されている会社の元同僚の男(32)が、須藤さんが死亡した経緯を知っている可能性があると みて警察は調べています。この男は、7月に浜名湖で切断された遺体で見つかった出町優人さん(32)と知り合いだったことが分かっています。警察は2つの 事件の関連性も慎重に調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000083676.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・台東区で4棟焼く火事、1人死亡(17日)TBS

16日夜、東京・台東区で、住宅兼店舗など4棟を焼く火事があり、独り暮らしの82歳とみられる女性が死亡しました。
 16日午後11時すぎ、台東区竜泉で「自分の家が燃えている」と消防に通報がありました。 火元とみられる住宅兼店舗と隣の建物などあわせて4棟、280平方メートルが焼け、女性1人がうずくまっている状態で見つかりました。女性は病院に運ばれましたが、その後、死亡が確認されました。
 死亡したのは、火元とみられる住宅で独りで暮らしていた松下喜代子さん(82)とみられ、通報したのも松下さん本人とみられるということです。警視庁は身元の特定を急ぐとともに、出火原因を調べています。(17日03:35)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2870973.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

非常階段、外部から入れず マツダ寮、防犯カメラ捜査(17日)共同

広島市のマツダ社員寮で同社社員の菅野恭平さん(19)が殺害された事件で、現場の非常階段は建物の内部にあり、外部からは寮の玄関を通らなければ行けない構造だったことが17日、関係者への取材で分かった。
 一方、寮の玄関付近にいる管理人が、出入りする人の身分証などを確認する習慣はなく、誰でも簡単に出入りできる状況だった。捜査本部は玄関に設置された防犯カメラの解析を進め、事件前後の詳しい状況を調べている。
 捜査本部などによると、菅野さんは夜勤を終えた14日午前5時40分ごろに退社。死亡推定時刻は同日午後とみられる。
http://this.kiji.is/149614607792717833?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

蓮池薫さん 拉致被害者の帰国求めるよう訴え(17日)NHK

朝鮮に拉致されたあと帰国を果たした蓮池薫さんが16日夜、講演し、北朝鮮の核の問題に関心が集まる中でも、政府は拉致被害者の帰国に向けた取り組みを進めるべきだと訴えました。
 蓮池薫さんは、昭和53年に新潟県の海岸から北朝鮮に拉致され、平成14年の日朝首脳会談のあと24年ぶりに帰国を果たしました。
 16 日夜、東京都内で講演した蓮池さんは、はじめに、「北朝鮮は日朝首脳会談で『拉致被害者のうち8人は死亡、4人は入国していない』と報告したが、私は、そ れは信じるに値しないと考えている」と話しました。そして、北朝鮮が、ことし2月に被害者らの安否の調査を中止したことに触れ、「拉致されていた期間、北 朝鮮当局は絶えず被害者がどこにいるのか確認していた。調査の必要はない」として、被害者の帰国そのものを求めていくべきだという考えを示しました。
 北 朝鮮による5回目の核実験については、「国際世論は核・ミサイル一色になっている」としたうえで、「安倍総理大臣は『拉致問題のことを忘れていない』とい う意思を示す必要があるし、政府は北朝鮮との交渉に備え、核やミサイルの開発につながらない範囲で経済協力などのカードを準備することが大切だ」と訴えま した。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160916/k10010689751000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

頭殴打か、19歳社員殺害で捜査…マツダの寮(17日)読売

広島市南区向洋大原町の自動車メーカー・マツダの社員寮「大原寮」(7 階建て、432室)で、同社社員で寮に住む菅野恭平さん(19)が頭から血を流して死亡しているのが見つかり、広島県警は16日、菅野さんが頭などを殴ら れ殺害されたとみて、殺人事件として広島南署に捜査本部を設置した。                             

 発表によると、14日午後4時15分頃、菅野さんが寮内2階の非常階段であおむけに倒れているのを、同じ寮に住む男性が発見した。既に意識がなく、搬送先の病院で死亡が確認された。 県警は当初、転落事故の可能性もあるとみていたが、16日に行った司法解剖で、頭部や顔面に殴られた痕が複数あることがわかった。死因は失血死だった。

(ここまで296文字 / 残り171文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160916-OYT1T50130.html?from=ycont_top_tx

| コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと小包で「魚沼産米」と偽装容疑、元会社長ら逮捕(17日)朝日

 新潟県のブランド米・魚沼産コシヒカリと偽った他県産米が、日本郵便のギフトカタログ「ふるさと小包」で販売されていたとして、同社が配達済みの購入者にわび状と粗品の送付を検討していることがわかった。記録の残る2011年以降で全国から約1900件の注文があったという。
 県警によると、米を扱っていたのは同県魚沼市の農産物販売会社。県警は8日、この会社の元社長の男(32)と元取締役の男(69)を不正競争防止法違反(原産地誤認惹起〈じゃっき〉)などの疑いで逮捕した。
 捜査関係者によると、2人は他県産コシヒカリの精米を「魚沼産こしひかり」などと書いた袋に入れ、6月に計3回、「ふるさと小包」を通じて千葉県の70代の女性ら3人に7袋(計40キロ相当)を売った疑いがある。元社長は容疑を認め、元取締役は関与を否定している。
 日本郵便は警察から連絡を受けて6月下旬に販売を停止。農産物販売会社の米は、07年から同カタログで扱っていたが、いつから偽装米だったかは分からないという。日本郵便の広報担当者は朝日新聞の取材に「ご迷惑をおかけし、おわび申し上げます」としている。(加藤あず佐)

http://www.asahi.com/articles/ASJ9J62NXJ9JUOHB00P.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月16日 | トップページ | 2016年9月18日 »