« 2016年9月9日 | トップページ | 2016年9月11日 »

2016年9月10日

2016年9月10日 (土)

【築地移転延期】「豊洲スタートしていたら問題になっていた」「間違った情報、信頼回復と逆行、改めて粛正する」小池都知事厳しい表情(10日)産経

「豊洲市場のスタートを決めていたら、後から課題が出て、大変に問題になっていた」。東京都の小池百合子知事は10日夕に開いた緊急の記者会見で厳しい表情をみせた。
 横のスクリーンには、4・5メートルの盛り土の上に建物が建っている都が作成したイラストが写し出されていた。小池氏は棒で4・5メートル部分を指し示しながら、「ここが抜け、空間になっている」。
  都によると、平成20年7月、専門家会議が汚染対策を提言。その中では汚染対策として、敷地内の表土約2メートルを削って汚染を除去した上で、きれいな土 を搬入し、4・5メートル分の盛り土を行うことが盛り込まれていた。だが都はその後に建物設計を実施した際、独自の判断で盛り土を行わないことを決めてい た。
 都は、建物床のコンクリートの厚さが35~45センチあり、土壌汚染対策に関する法律の基準は満たしているとしているが、豊洲市場の環境問題が物議を醸す中で議会の質問や報道機関の取材に対して変更を説明することはなかった。
 担当の都幹部たちは「事務的なミス」「思いがいたらなかった」などと語り、過失であることを強調している。だが、小池知事は会見では今後立ち上げる調査チームで、実態とは違った情報発信を続けた経緯などを調べる方針を表明し、静かな口調でこう宣言した。
 「間違った情報を与えるのは都政の信頼を回復することと逆行する。改めて粛正をしていきたい」http://www.sankei.com/affairs/news/160910/afr1609100009-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

工事中に感電、4人死傷=持った鉄棒が電線接触-東京(10日)時事

10日午後0時10分ごろ、東京都八王子市暁町の工事現場で「作業員が感電して意識がない」と119番があった。警視庁八王子署によると、4人が感電し、 このうち相模原市の50代男性が死亡、30代男性が意識不明となった。作業員が持っていた鉄の棒が電線に触れたといい、同署が詳しい状況を調べている。
 八王子署によると、事故が起きたのは緑地ののり面の補強工事。長さ約6メートルの鉄の棒「アンカー」を5人で持ち上げ、コンクリート製の壁に差し込む作業をしていた。現場に組まれた足場の近くに電線が通っており、アンカーが電線に触れたとみられる。
 30代の男性は一時心肺停止となったが、自動体外式除細動器(AED)で呼吸が回復。ほかに2人が軽傷を負い、1人は無傷だった。(2016/09/10-20:01)http://www.jiji.com/jc/article?k=2016091000298&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

農協職員4700万円着服、長野 顧客の定期貯金解約(10日)共同

長野県佐久市の佐久浅間農業協同組合は10日、40代の女性職員が顧客の定期貯金を不正に解約するなどし、計約4700万円を着服していたと発表し た。同日、女性を懲戒解雇。刑事告訴も検討している。女性は組合の調査に着服を認め「生活費などクレジットカードの支払いに充てた」と説明。既に全額返還 した。
 組合では2006~12年にも、職員3人による計約1億3千万円の着服が判明している。記者会見した井出健組合長は「多額の被害を見抜けず、責任を痛感している。再発防止に取り組む」と謝罪した。
 組合によると、女性は支所で窓口業務を担当していた。
http://this.kiji.is/147255811144435189?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

福原愛選手が1日警察署長に 新宿をパレード(10日)NHK

リオデジャネイロオリンピックの卓球女子団体で銅メダルを獲得した福原愛選手が1日警察署長に就任し、東京・新宿をパレードしながら、交通安全を呼びかけました。

このイベントは、今月21日から始まる秋の全国交通安全運動を前に新宿警察署が開いたもので、1日警察署長に就任した福原愛選手が警察の制服姿でオープンカーに乗り新宿区の大通りをパレードしました。
沿道には、福原選手を一目見ようと、大勢の家族連れや買い物客が詰めかけ、銅メダルを手にした福原選手が通ると、手を振ったり、スマートフォンで写真を撮ったりしていました。
福原選手は今月結婚したことが明らかになったばかりで、家族連れの男性は、「思ったより小柄なのにメダルを取ってすごいと思いました。幸せそうな笑顔がすてきでした」と話していました。
このあと福原選手は、都庁で行われた交通安全教室にも参加し、集まった子どもたちなどを前に「交通事故がゼロになってほしい」と呼びかけました。またオリンピックの思い出も語り、「メダルを獲得した時は気が緩んでしまい、涙が止まりませんでした」などと話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160910/k10010679991000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

| コメント (0) | トラックバック (0)

和歌山県沖で韓国籍小型タンカー爆発、3人死傷(10日)読売

9日午後7時15分頃、和歌山県御坊市沖の海上を航行中の韓国籍の小型タンカー「EIWA MARU3」(740トン)から「乗組員がやけどを負った。港に戻る」と、海運会社を通じて海南海上保安署に通報があった。                                

 

 韓国人の男性機関長(60)がやけどなどで搬送先の病院で死亡が確認され、インドネシア人の男性船員2人が膝の骨を折るなどの重軽傷を負った。
 同保安署によると、タンカーは10人が乗船。和歌山県海南市で潤滑油を降ろし、三重県四日市市に向かう途中で、同日午後6時40分頃、船上で爆発が起きたという。当時、空のタンクの清掃と甲板上の溶接作業を同時に行っていたといい、同保安署が原因を調べている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160910-OYT1T50053.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(10、11日 単位・レベル) 
お手柄の山形県警なのだが…
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012189

 山形県天童市を舞台にした振り込め詐欺事件で山形県警はなんと関東に住む5人を逮捕した。しかも、この事件は「未遂」。たかが未遂でも緻密な捜査が稔ったのだ。山形県警と言えば、警察庁が全国調査した「都道府県別体感治安」で第1位なのだ。
 事件は今年2月、天童市で起きた詐欺未遂事件で、逮捕されたのは東京や千葉などに住む5人。アジトの捜索では全国の1人暮らしのお年寄りなど200万人分の個人情報が記載された名簿などが発見された。恐ろしいことである。
 このうち、都内に住む33歳の男は、今年1月に静岡県内のお年寄りから200万円をだまし取った。さらに男を含む4人は静岡市のお年寄りからキャッシュカードやクレジットカードをだまし取った容疑もあり、振り込め詐欺には都県境がなく広域事件であることを裏付けたようなお手柄だった。
 「アジト摘発」と言えば警視庁が群を抜いており、今年8月まで17カ所のアジトを摘発し236人を逮捕している。
 その警視庁が9日に金融機関など、関係する企業の担当者らによる対策会議を開き、金融機関の窓口やATMにおける高齢者への声掛けの強化。さらに、携帯電話を契約する際の本人確認の徹底、緊急時の回線遮断などについて確認が行われた。
 山形県警が押収した200万人の名簿。これだけ入手できるのは当然「名簿屋」があるからだ。改正された個人情報保護法では、「データベース提供罪」は、不正な利益を得る目的で情報を提供したり、盗用したりする行為を処罰の対象とし、罰則は「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」とある。
 ところが、これだけ〝野放し〟になっているのに「名簿屋」の摘発は聞いたことがない。どうなっているんだ!日本の取締当局は!
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
全国都道府県の体感治安はdownwardleft

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

大分県警 隠しカメラ目的、選挙違反の撮影 連合に回答(10日)毎日

大分県警別府署が参院選公示前後に野党の支援団体の敷地に隠しカメラを仕掛けた事件で、カメラ2台を設置した目的の詳細が 分かった。カメラを設置された別府地区労働福祉会館(大分県別府市)に関係団体が入居する連合大分が10日、公開質問状に対する県警の回答を明らかにし た。

     回答によると、同署は、選挙運動を禁じられた特定の人が、敷地内の駐車場で選挙運動を行う可能性があるとみて、駐車場を撮影するために1台を設置。しか し設置場所から駐車場が遠かったため、その人の顔などを識別・確認するため、建物の玄関に向けてもう1台を設置した。そのうえで「入居団体の活動を監視す る目的はなく、撮影された人物の特定作業も一切行われなかった」と説明した。

     しかし設置は建造物侵入罪に当たる上、撮影の必要性が認められない不適正な捜査だったと認め、「人権の尊重に配慮が全くなされていなかった」と陳謝している。【松尾良】

http://mainichi.jp/articles/20160910/k00/00e/040/249000c

| コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み明け 自殺防止へ全国一斉電話相談(10日)NHK

夏休みが明けた新学期の時期に多くなる子どもの自殺を防ごうと、弁護士がいじめや不登校などの悩みに応じる電話相談が全国一斉に行われています。

こ の電話相談は、いじめや不登校の問題に取り組む全国の弁護士が行っていて、東京の法律事務所では、10日午前10時から相談に応じています。子どもの自殺 は、内閣府が過去40年余りの統計を分析したところ、夏休みが明けて新学期が始まる時期に多くなる傾向があり、日付けごとでは9月1日が最も多くなってい ます。これまでに学校への不満などの悩みを打ち明ける電話などがかかってきていて、弁護団の事務局長の杉浦ひとみ弁護士は「弁護士が相談に乗ることで法律 的な解決も見すえて学校などと交渉できるので、1人で悩まずにぜひ相談してほしい」と話していました。電話相談は一部の地域を除いて午後4時まで行われ、 相談の電話番号は、弁護団のホームページに掲載されています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160910/k10010679821000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

男に威嚇発砲し逮捕 千葉、刃物のような物所持(10日)産経

10日午前0時25分ごろ、千葉県市川市国府台の路上で、県警市川署の男性巡査(32)がタクシーに刃物のような物を持って向かって行った男に威嚇のため空に向けて1発発砲した。男は器物損壊容疑で逮捕され、けがはなかった。
  同署によると、男は近くに住む無職、中川雅美容疑者(53)。9日午後11時45分ごろ「刃物を持った男に追いかけられた」と110番通報があり、巡査が 付近で中川容疑者を発見。中川容疑者は武器のような物を持って襲いかかってきた後、通り掛かったタクシーに向かっていった。巡査は「武器を捨てろ。撃つ ぞ」と警告して上空に向けて発砲、取り押さえた。現場には包丁の柄の部分が落ちていたが、刃は見つからなかった。
 逮捕容疑は10日午前0時ごろ、市川市内のコンビニ店内にあった看板を棒状の物で壊したとしている。市川署の西田忠男副署長は拳銃使用について「現時点では適正かつ妥当だったと考えている」としている。
http://www.sankei.com/affairs/news/160910/afr1609100004-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

生後間もない赤ちゃん置き去り 命に別状なし(10日)テレビ朝日

三重県松阪市のスーパーマーケットの駐車場で、生後間もない男の赤ちゃんが置き去りにされているのが見つかりました。警察は保護責任者遺棄の疑いで調べています。
 10日午前0時20分ごろ、松阪市のスーパーマーケット「マックスバリュ学園前店」の駐車場の草むらで、生後間もない男の赤ちゃんが泣いているのに通り かかった男性が気付き、119番通報しました。警察によりますと、男の子にはへその緒が付いていて、生後数日から1週間ほどとみられ、衣服などはなかった ということです。男の子は病院に運ばれましたが健康状態は良く、命に別状はないということです。警察は、母親が生まれたばかりの男の子を現場に置き去りに した可能性があるとして、保護責任者遺棄の疑いで調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000083211.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

自転車にはねられ男性重体 千葉市職員の男逮捕(10日)テレビ朝日

 千葉県佐倉市で、ジョギングをしていた50代の男性が自転車にはねられて意識不明の重体です。警察は、自転車を運転していた千葉市の職員の男(24)を逮捕しました。
 警察によりますと、9日午前8時ごろ、佐倉市の歩道でジョギングをしていた男性が前から走ってきた自転車にはねられました。男性は転倒した際に頭蓋骨を 骨折し、ドクターヘリで搬送されましたが、意識不明の重体です。自転車を運転していた男は千葉市の職員で、通勤途中だったということで、駆け付けた警察官 に重過失傷害の疑いで逮捕されました。男は「事故を起こした」と自ら119番通報していて、警察は詳しく事情を聴くなどして事故の原因を調べています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000083198.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

父殺害容疑、33歳長男逮捕=「生活態度で叱責」-大阪府警(10日)時事

9日午後4時50分ごろ、大阪市生野区勝山北の民家から「父が殺されていて、兄が逃げている」と110番があった。大阪府警生野署員が駆け付けたところ、 住人で韓国籍のタクシー運転手金祥玉さん(58)がリビングで死亡していた。同署は約1時間後、金さんの長男で無職の昌孝容疑者(33)を同区内で発見。 殺害を認めたため、10日未明に殺人容疑で逮捕した。
 同署によると、昌孝容疑者は「生活態度のことで叱責され、殺されるかもしれないと思ったから殺した」と供述している。金さんと2人暮らしだったという。
 逮捕容疑は9月上旬、金さんの首を絞め、頭を殴るなどして殺害した疑い。
 現場の民家は3階建てで、金さんは2階リビングのクローゼット内でうつぶせに倒れていた。次男(32)が発見し、通報した。(2016/09/10-09:23)http://www.jiji.com/jc/article?k=2016091000150&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒気帯び運転疑いで巡査長を懲戒処分 高速道で「若松-二本松」(10日)共同

県警交通指導課は9日、酒気帯び運転の疑いで二本松署の男性巡査長(26)を福島区検に書類送致し、同日付で停職6カ月の懲戒処分にしたと発表し た。男性巡査長は同日付で辞職した。野地勉首席監察官は「警察官としてあるまじき行為で極めて遺憾。再発防止に努め、県民の安全を守る活動を推進し、信頼 回復に努めたい」としている。
 送検容疑は、二本松市で7月26日午前6時40分ごろ、乗用車を酒気帯び運転した疑い。巡査長は磐越道会津若松―東北道二本松インターチェンジの間も乗用車を運転したという。
 巡査長は前日の同月25日午後7時ごろ、高校時代の友人4人と酒を飲むため二本松市から会津若松市に行った。同9時ごろから26日午前4時30分 ごろまで同市の飲食店6店でビールや焼酎を飲み、予約してあった同市のホテルに宿泊せず、そのまま乗用車を運転。同6時40分ごろ二本松市に到着し、勤務 時間に遅れないよう二本松署近くのコンビニで休憩を取り、そのまま寝たという。
 巡査長が出勤しないため、周辺を捜していた同署員が同日午前10時20分ごろ、コンビニで男性巡査長を発見。アルコール検知をし、酒気帯び運転の疑いが分かった。
 県警は、巡査長が勤務先の同署の管外に外出する際の届けを出していなかったことから、休暇などを申し出るのをためらい、ホテルに泊まらず出勤しようとしたとみている。
 県警は酒を飲んだ直後に高速道を走行するなどした行為を悪質と判断し、停職処分とした。巡査長は調べに対し「大変申し訳ありませんでした」と供述しているという。
=福島民友
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160910-110491.php

| コメント (0) | トラックバック (0)

消火器44本盗まれる 岐阜市南部の柳津、鶉地域(10日)共同

岐阜市は九日、市南部の柳津地域と鶉地域で、路上などに設置されている消火器四十四本が無断で持ち去られたと発表した。岐阜羽島警察署などは、窃盗の疑いで調べている。

 岐阜南消防署によると、今月四日朝、岐阜市柳津町上佐波の宮上公園に白い粉がまかれていると通報があり、署員が消火器の粉と確認。公園近くのカーブミラーの支柱に取り付けられていた消火器など計二本がなくなっていることを見つけた。
 署員が柳津とその周辺の地域の全消火器を点検したところ、八日までに、四十四本が設置場所からなくなっていることを確認。うち十五本は、路上や用水路などに噴射されて空の状態で発見され、二十九本は見つかっていない。

 岐阜南消防署は何者かが持ち去ったとみて五日、警察に被害届を出した。被害額は約三十万円。消防の担当者は「短期間に一気になくなることはまれ。 悪質ないたずらの可能性があり、有事の際に困ることを認識してほしい」と話している。(問)岐阜南消防署=058(272)2012
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20160910/CK2016091002000018.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

交通事故の証拠品を廃棄、嘘の報告も 千葉県警、巡査を懲戒「手掛かりにならないと思った」(10日)産経

千葉県警は9日、交通事故の証拠品のプラスチック片を廃棄し「有力な情報や証拠品はない」などと嘘の報告書を作成したとして、県警市原署の男性巡査(20)を減給1カ月の懲戒処分にした。巡査は同日、依願退職した。
 県警によると、巡査は5月13日に同県市原市で発生した当て逃げ事故を巡り、被害者の40代女性から現場にあった約3センチ四方のプラスチック片の提出を受けたが、勤務する交番のごみ箱に廃棄。嘘の報告書を作った。
 同月19日、女性から捜査状況の問い合わせがあったため、巡査は発覚を恐れ、現場近くにあった別のプラスチック片を拾い、証拠品とする嘘の書類を書いた。
 巡査が「プラスチック片は現場に置いてあった」と説明したため、不審に思った上司が被害者に確認し、判明した。巡査は県警の聴取に「手掛かりにならないと思った」と話しているという。http://www.sankei.com/affairs/news/160909/afr1609090032-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・足立のビニールシート遺体 遺棄容疑でいとこ?の男を逮捕 警視庁(10日)産経

東京都足立区の中古車関連会社の駐車場で男性の遺体が見つかった事件で、警視庁西新井署は9日、死体遺棄容疑で、同社社員、小菅倫史容疑者(42)=埼玉県鴻巣市屈巣=を逮捕した。
  遺体は同社の男性経営者で、小菅容疑者のいとことみられる。小菅容疑者は「休暇の取得について男性と口論になり、腕をひっぱったら頭を打った」と供述。同 署は小菅容疑者が男性死亡にも関与したとみて経緯を調べる。逮捕容疑は、8月23日午後8時ごろ、足立区鹿浜の会社駐車場に、養生シートで包むなどした遺 体を捨てたとしている。
http://www.sankei.com/affairs/news/160909/afr1609090034-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺など特殊詐欺の根絶めざし対策会議(10日)テレビ朝日

 振り込め詐欺など特殊詐欺の取り締まり強化月間である10月を控えて、警視庁の捜査幹部や金融機関など、関係する企業の担当者らによる対策会議が開かれました。
 9日に警視庁で開かれた会議には、特殊詐欺捜査の責任者と金融機関の担当者や、電話やインターネットなどの通信事業者など約150人が参加しました。会 議では、金融機関の窓口やATMでの高齢者への声掛けの強化や、携帯電話を契約する際の本人確認の徹底や緊急時の回線遮断などについて確認が行われまし た。警視庁は今年初めから先月末までに特殊詐欺の17カ所のアジトを摘発し、236人を逮捕していて、今後も関係団体との連携強化を図り、特殊詐欺の根絶 を目指すとしています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000083180.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

自殺予防週間前に街頭啓発(10日)NHK福岡

10日から始まる自殺予防週間に合わせ、さまざまな悩みに関し、相談が受けられる連絡先などが書かれたチラシを配る街頭啓発が福岡市で行われました。
JR博多駅前では、9日朝、県の職員などおよそ10人が、▼様々な相談窓口の連絡先や、▼周りで悩んでいる人のこころのサインに気づくことの大切さなどを呼びかける文言が書かれたチラシを出勤途中の人たちに配って自殺予防を呼びかけていました。
警察庁によりますと県内で昨年度、自殺した人は939人で、前の年度よりも144人減って、全国的に自殺者が大幅に増えた平成10年度以降では初めて、1000人を下回ったということです。
自殺した人の内訳は、県内では男性が全体のおよそ7割を占め、年代は60代が最も多いということです。
福岡県こころの健康づくり推進室の近藤秀隆室長は「ひとりで悩まずに、信頼できる人や相談窓口に、相談してください。周りの人も、普段とはちょっと違うなという点に気付いてあげて、悩んでいる人の声をじっくり聞いて受け止めてほしい」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20160909/5126101.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

特殊詐欺疑いで5人を逮捕(10日)NHK山形

ことし2月に天童市で起きた詐欺未遂事件をめぐり、警察は、東京や千葉などに住む5人を詐欺の疑いで逮捕するとともに、捜索先で全国の1人暮らしのお年寄りなどおよそ200万人分の個人情報が記載された名簿などを押収しました。
逮捕されたのは東京・江東区に住む小川正修容疑者(33)や千葉市の無職秋本庄太容疑者(32)ら5人です。
警察は、ことし2月に天童市で起きた詐欺未遂事件をもとに捜査を進めた結果、小川容疑者はことし1月に静岡県内のお年寄りに息子を装って電話をかけ、「コンビニのトイレにカバンを忘れた」などとうそを言って現金200万円をだまし取った疑いが持たれています。
また秋本容疑者ら4人はことし7月、静岡市のおとしよりからキャッシュカードやクレジットカードをだまし取った詐欺の疑いがもたれています。
警察は犯行拠点とみている千葉市内のビルを捜索し、押収した携帯電話や犯行マニュアル、それにUSBメモリーや名簿などを押収しました。
USBメモリーや名簿には「1人暮らしの高齢者」や「健康食品の購入者」など全国およそ200万人分の住所や氏名、電話番号それに生年月日などが記載されていたということです。
警察の調べに対して小川容疑者は否認し、ほかの4人は容疑を認めているということです。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/yamagata/6025522741.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

9月9日「救急の日」、都内各地で東京消防庁のイベント(10日)TBS

救急の日の9月9日、都内各地で東京消防庁のイベントが行われました。
 千代田区で開かれたイベントにはプロレスラーの蝶野正洋さんやタレントの麻木久仁子さんが参加し、AEDを使って急病人に対する応急手当の訓練をしました。
 「誰かの具合が悪くなったときに声をかけるのは、思いやりの精神だと思います」(蝶野正洋さん)
 北区のJR赤羽駅前で行われたイベントでは、女子サッカーの岩清水梓選手と阪口夢穂選手が一日救急隊長を務め、けがをした人に対する血を止める処 置や三角巾を使って腕を固定する体験などを行いました。東京消防庁は「日頃から救急活動への関心を持ってほしい」と呼びかけています。(10日 00:07)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2865136.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

相模原市で住宅全焼、焼け跡から1人の遺体(10日)TBS

9日午後、相模原市中央区で木造2階建ての住宅が全焼する火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。
 9日午後4時前、相模原市中央区上溝で「住宅の2階から白い煙が出ている」と近所の住人から通報がありました。消防車11台が出動し、 火はおよそ5時間後に 消し止められましたが、この火事で木造2階建ての住宅が全焼、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。
 警察によりますと、この家には関田治夫さん(65)と妻(61)が2人で暮らしていましたが、治夫さんと連絡がとれていないということで、見つ かった遺体は治夫さんとみて、身元の特定を急いでいます。また、建物の2階部分が特に激しく燃えているということで、警察と消防が出火の原因を詳しく調べ ています。(10日00:17)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2865147.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

あまちゃん施設も浸水 台風10号、観光にも打撃(10日)共同

台風10号の豪雨は、岩手県北部の観光にも大きな打撃をもたらした。ヒットドラマ「あまちゃん」のロケ地となった久慈市では、観光施設が被災し、岩泉町では日本三大鍾乳洞の一つ、竜泉洞が冠水。秋の観光シーズンを前に、関係者は途方に暮れている。
 久慈市では、川が氾濫し、駅前などの中心部が浸水した。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の小道具を展示する「あまちゃんハウス」にも、泥水が2メートルほどの高さまで流入。パネルやドラマで使われた衣装などの品々が泥まみれになった。
http://this.kiji.is/147092991940804612?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

認知症の女性が徘徊中死亡、施設に賠償命令(10日)読売

認知症の女性(当時76歳)がデイサービス施設を抜け出し、

徘徊

はいかい

中に死亡したのは、施設側が注視義務などを怠ったためだとして、女性の遺族が施設を運営する社会福祉法人新宮

偕同

かいどう

園(福岡県新宮町)を相手取り、約2960万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が9日、福岡地裁であった。                                

 

 平田直人裁判長は「女性の動静を見守る注視義務を怠った」として、同法人に約2870万円の支払いを命じた。
 判決によると、女性は2014年1月、通所中の施設を抜け出し、3日後に施設外の畑で凍死しているのが見つかった。女性はアルツハイマー型認知症と診断されていた。
 平田裁判長は「女性には徘徊癖があり、施設側は警戒すべきだった。すぐに警察に通報するなど最善の対応も取らなかった」などと指摘。「女性が抜け出すことは予見できなかった」とした施設側の主張を退けた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160909-OYT1T50135.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

北海道羅臼町で土砂崩れ、車が巻き込まれ男性が死亡(10日)朝日

 9日午後8時ごろ、北海道羅臼町礼文町の国道335号で土砂崩れが起き、軽乗用車1台が巻き込まれた。車内から羅臼町八木浜町、会社員増川勝彦さん(61)が救助されて近くの診療所に搬送されたが、死亡が確認された。
 現場は知床半島南東側の海岸線沿い。羅臼町や中標津署によると、土砂崩れは幅約40メートルにわたり、巻き込まれた軽乗用車は海に転落したという。
 北海道東部はこの日、台風13号から変わった低気圧と前線の影響で大雨に見舞われ、羅臼町では9日午後11時半までの24時間降水量が184ミリと観測史上最大を記録した。

http://www.asahi.com/articles/ASJ9973NMJ99IIPE042.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月9日 | トップページ | 2016年9月11日 »