« 2016年9月5日 | トップページ | 2016年9月7日 »

2016年9月6日

2016年9月 6日 (火)

強制わいせつ容疑で逮捕の無職男 詐欺で指名手配中だった 群馬(6日)産経

群馬県警高崎署などは6日、強制わいせつの疑いで、同県高崎市上並榎町の無職、鞠子悠平容疑者(22)を逮捕した。
 調べに対し、鞠子容疑者は「よく覚えていないが、たぶん僕なんでしょう」とおおむね容疑を認め、「スリルを味わいたかった」と供述しているという。
 逮捕容疑は平成27年9月17日午前0時5分ごろ、同市内の路上を1人で歩いていた県内在住の女子大生(21)の背後から近づき振り向かせ、下半身などを触ったとしている。同日中に被害女性が110番通報し発覚した。
 同署によると、捜査中に鞠子容疑者が静岡県内の詐欺事件で同年7月9日から全国指名手配されていたことが発覚。今年8月16日、同署員が知人宅に立ち寄る鞠子容疑者を発見し詐欺容疑で逮捕、同県警富士宮署に身柄を送っていたという。http://www.sankei.com/affairs/news/160906/afr1609060015-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

車で追い抜き追い抜かれ…突然“ナイフ”で刺される(6日)テレビ朝日

車の追い抜きを巡るトラブルが事件へと発展しました。
 5日午後8時ごろ、宮城県大崎市の市道で、51歳の男性が運転する車が前を走る車を追い抜いたところ、今度はこの車に追い抜き返されて道路をふさがれま した。男性が車を降りて近寄ったところ、運転していた男から突然、ナイフのような刃物で右腕を刺されました。男は男性を刺した後、車で逃げたということで す。警察は、傷害事件として逃げた男の行方を追っています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000082904.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

自分の送別会後に運転し事故、研修医が酒気帯び運転容疑で逮捕(6日)TBS

長野県飯田市の病院に勤務する研修医が自分の送別会の後に車を運転し、酒気帯び運転の疑いで逮捕されました。
 「申し訳ありませんでした」(勤務先の病院長)
 酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されたのは、飯田市立病院の外科の研修医・宮崎暁容疑者(31)です。
 警察や病院によりますと、宮崎容疑者は5日夜、飯田市内で酒気帯びの状態で乗用車を運転した疑いが持たれています。病院の前の交差点で事故を起こし、駆けつけた警察官が調べたところ、基準値を超えるアルコールが検出されたということです。
 5日夜は院内で宮崎容疑者らの送別会が行われ、ビールなどを飲んだということです。自宅までは1キロほどで、病院では「まさか車で帰るとは思わなかった」と話しています。(06日13:47)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2862157.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

山口組関係者ら3人逮捕へ=組幹部射殺-愛知県警(6日)時事

名古屋市で7月、指定暴力団神戸山口組系の幹部が射殺された事件で、愛知県警が殺人容疑で指定暴力団山口組の関係者ら3人を逮捕する方針を固めたことが6日、捜査関係者への取材で分かった。7日にも逮捕する。
 神戸山口組系の斉木竜生幹部=当時(64)=は7月15日午後、名古屋市中区のマンション室内で男らに拳銃で撃たれ死亡。周辺の防犯カメラ画像などから、3人が事件に関与した疑いが浮上した。(2016/09/06-20:07)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016090600781&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

シリア不明安田さんのカード使用 拘束犯が成り済ましか(6日)共同

シリアで行方不明になったジャーナリスト安田純平さん(42)名義の複数枚のクレジットカードが、連絡が取れなくなった昨年6月末以降、使用されて いたことが6日、日本の警察当局への取材で分かった。計数万円分の通信費などが欧州の複数のインターネットサイトで支払われていた。本人のフェイスブック (FB)へのメッセージを閲覧した形跡があることも判明した。
 警察当局は、状況から拘束した犯行グループが本人に成り済ましてカードを使ったり、FBを開いたりしたとみている。安田さんは国際テロ組織アルカイダ系「ヌスラ戦線」に拘束されたとの情報があるが、特定されていない。
http://this.kiji.is/145844262901727238?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

熊谷6人殺害事件受け 警察から市民へ情報提供 約3倍に(6日)NHK

  •  1年前、埼玉県熊谷市で6人が殺害された事件を受け、警察からの情報提供のあり方などを話し合う協議会が熊谷市で開かれ、事件のあと、防災行政無線などを通じて警察からの情報が市民に伝えられたケースがほぼ3倍に増えたことが報告されました。
     去年9月、熊谷市で6人が殺害された事件では、警察の情報をどう市民に伝えるかが課題となり、警察と熊谷市などは犯罪の緊急性に応じて防災行政無線で注意を呼びかけるなどとする協定を去年12月に結びました。
     6日は、協定締結後の状況などを話し合う協議会が熊谷市で開かれました。この中では、警察の担当者がことし6月までの半年間に警察からの情報が防災行政無線やメールで市民に伝えられたケースが合わせて201件と、去年の同じ時期のほぼ3倍に上ったと報告しました。
     協定の締結で、不審者や振り込め詐欺の情報なども詳しく伝えるようになったためだとしています。
     協議会のあと、熊谷市自治会連合会の宮下良夫会長は「市民に伝わる情報が多くなり、情報の意味や価値を判断することが難しくなっている。また、携帯電話を持たない高齢者などに対し、どう情報を伝えるかも課題だ」と話していました。
     警察と熊谷市などは今後も協議会を開いて、警察の情報を提供する方法などについて検討することにしています。
  • http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160906/k10010672771000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002
  • | コメント (0) | トラックバック (0)

    未販売の東京五輪チケット代、要求の電話相次ぐ(6日)読売

    申し込んだ覚えのない東京五輪のチケットの代金を要求する電話が山梨県内で相次いでいる。                                

     

     現金をだまし取られたケースは確認されていないが、8月31日、1日と連日で電話が確認され、県警が注意を呼びかけている。 東京五輪・パラリンピック組織委員会によると、大会のチケットはまだ販売されていない。
     県警によると、1日、甲府市内の70歳代の女性宅に「4年後のオリンピックのチケットを200枚申し込んでいますね」という電話がかかってきた。女性は不審に思い、切ったという。
     同様の不審な電話は県内に昨年10件ほどかかってきたほか、今年も1日までに8件確認されている。このうち6件は6月以降で、県警では「リオ五輪が盛り上がったことに乗じて電話をかけてきているのではないか」と警戒している。
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20160906-OYT1T50000.html

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    市議、防火用の消火栓を不正使用 シバザクラの水やりに(6日)朝日

    奈良県葛城市は6日、男性市議(69)が防火用の消火栓から水を不正に使用していたと発表した。消防法違反などの疑いで刑事告訴の準備を進めている。
     市によると、8月下旬、匿名の投書があり、発覚した。市議は使用を認め、同29日、自宅の水道料金の約2カ月分にあたる7800円を支払ったという。
     市議は取材に対し、昨年8月、300リットル入りのポリタンクに消火栓から水を入れ、地区で管理するシバザクラの水やりに使ったと説明。使用はこ の1回だけといい、「ふだんは川や井戸の水を使っているが、この時は急いでいたと思う。深く反省している」と話した。(松永和彦)http://www.asahi.com/articles/ASJ96462JJ96POMB008.html

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    警視庁管内体感治安レベル2

    首都東京体感治安(6、7日 単位・レベル) 
    こすからいぞ
    【治安うんちく】

    2009_1228_222559212

    F1012217

     暴力団員であることを隠して東京・杉並区役所から350万円の生活保護費をだまし取っていた51歳の組員の男が逮捕さた。なんとも「こすからい」男である。暴力団もここまで落ちてしまったのか…
     それにしても6代目山口組が分裂し神戸山口組が結成されてから1年が過ぎた。特に緊迫した状況にあった福岡県も徹底的な取締を実施した効果もあり重大事件は起きていない。なかでも懸念された事業者襲撃事件は鳴りを潜めている。
     警察庁がまとめた今年上半期の暴力団情勢によると、各団体の構成員等の検挙人員は9426人で前年同期に比べて908人の減少。
     最も多かったのは六代目山口組で3155人。それでも前年より1647人も少なくなった。住吉会は1732人で同212人の減。稲川会が1270人で同465人の減。しかし昨年は0だった神戸山口組はなんと1464人と激増している。
     懸念されていた暴力団員による一般事業者襲撃等の事件は上半期に2件あり前年比でプラス1件だが、平成23年の29件、25年の23件に比べて激減している。
     一方、対立抗争事件は1件発生。さらに銃器発砲事件は12件発生している。これは前年同期より9件増えている。また拳銃の押収は22丁で6丁減っている。
     いずれにせよ、暴力団はいま警察に追い込まれており、団員が組抜けした場合の一般社会の受け入れ態勢と更生への道筋が大事になってくるのではないだろうか。
     首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

    続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    東大生が集団わいせつ行為、主犯格に懲役2年求刑(6日)TBS

     東京大学の大学生ら3人が、女子大学生に集団でわいせつな行為をした罪などに問われた裁判で、検察側は主犯格の東大生に対し、懲役2年を求刑しました。
     今年5月、東京大学の男子大学生ら3人が、女子大学生に集団でわいせつ行為をしたとして強制わいせつなどの罪に問われた事件。東京大学工学部4年の松見謙佑被告(22)が、5日の被告人質問で、犯行に至った動機について語りました。
     「飲み会の騒がしい乱れた雰囲気が楽しかった。酒は焼酎を一升飲んだ」(松見被告)
     松見被告らは、サークルの飲み会で酒に酔った当時21歳の女子大学生を豊島区のマンションで全裸にし、またがってキスなどをしたうえ、背中を叩いたり、熱いカップ麺を胸元に落としたりするなど暴行を加えていました。
     松見被告は、わいせつ行為の一部を「記憶にない」と証言した一方、「被害者を侮辱することでその場を盛り上げようとした」などと語りました。検察側は、「被害者の人格を踏みにじる悪質な犯行だ」などとして、松見被告に対し、懲役2年を求刑しました。
     裁判の最後に松見被告は「被害者を深く傷つけてしまった」「心からお詫びしたい」と述べました。判決は20日に言い渡されます。(05日17:49)

    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2861449.html

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    川に流され不明の高校生 残る1人も死亡確認 北海道(6日)NHK

    4日、北海道網走市の川で、男子高校生2人が流されて1人が死亡し、行方がわからなくなっていたもう1人も、6日午前に下流で見つかりましたが、死亡が確認されました。
     4日午後、北海道網走市の網走川で、市内にある道立高校1年生の男子生徒5人が、およそ80メートル先の対岸まで歩いて渡ろうとしていたところ、2人が流されて行方がわからなくなりました。
    このうち1人は、5日に近くで見つかり、死亡が確認されました。
     警察によりますと、6日も捜索を続けていたところ、午前9時すぎに、数百メートル下流で鬼塚圭吾さん(15)が沈んでいるのが見つかり、死亡が確認されたということです。
    当時、現場の川は、先月の大雨で増水していたということです。警察が引き続き、詳しい状況を調べています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160906/k10010671901000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    首絞め殺害か…倒れた父親を娘が発見 69歳妻を逮捕(6日)テレビ朝日

    東京・葛飾区のマンションで75歳の夫の首を絞め、殺害したとして69歳の妻が逮捕されました。
     無職の深山スイ容疑者は5日午後5時半ごろ、葛飾区西新小岩の自宅マンションの部屋で、夫の宣城さんの首をひものようなもので絞めて殺害した疑いが持た れています。警視庁などによりますと、夫婦の部屋を訪れた40代の娘が宣城さんが倒れているのを発見し、119番通報したということです。取り調べに対し て、スイ容疑者は「やったことは間違いない」などと容疑を認めているということです。事件前にはスイ容疑者と宣城さんが言い争う姿が近所の住人に目撃され ていることなどから、警視庁は夫婦の間に何らかのトラブルがあったとみて、動機について詳しく調べています。
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000082866.html

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    女子高生触る、小学校教諭逮捕=強制わいせつ容疑-京都府警(6日)時事

    電車内で女子高校生(16)の体を触ったとして、京都府警下京署は6日、強制わいせつ容疑で、滋賀大教育学部付属小(大津市)教諭、山下那義容疑者(39)=滋賀県草津市南笠東=を逮捕した。「わいせつな行為をしたことに間違いない」と容疑を認めているという。

    強姦容疑で市議逮捕=小学女児を買春-茨城県警

     逮捕容疑は5日午後6時55分~7時ごろ、京都市内のJR山陰線を走行中の普通列車内で、先頭車の入り口付近にいた帰宅中の高校生の背後に立ち、スカートの上から尻を触るなどした疑い。(2016/09/06-08:36)http://www.jiji.com/jc/article?k=2016090600095&g=soc

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    「はなの舞」で連続窃盗被害 神奈川(6日)朝日

     5日午前3~5時ごろ、神奈川県内の居酒屋「はなの舞」で、窃盗被害が相次いだ。
     県警によると、午前3時5分ごろ、川崎市中原区の武蔵新城店のドアがバールのようなものでこじ開けられ、金庫が持ち去られた。午前4時45分ごろには、横浜市港北区の菊名西口店で現金35万円が入った金庫が盗まれた。他にも金品の被害はなかったが、同市緑区の鴨居北口店、同市鶴見区の生麦駅前店でも出入り口が開けられた跡があったという。
     県内では8月19日から今月1日にかけて、はなの舞で同様の事件が5件あり、約300万円の被害に遭っていたという。県警は窃盗容疑で捜査している。
     はなの舞を運営する「チムニー」によると、千葉県でも8月に3件の被害があったという。

    http://www.asahi.com/articles/ASJ9546JWJ95ULOB009.html

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    不正アクセスで知人女性口座から150万円送金させる、男2人を逮捕 大阪府警(6日)産経

    知人女性の金融口座から現金を不正に送金させたとして、大阪府警摂津署などは5日、不正アクセス禁止法違反容疑で住所不定、大工、伊澤和人容疑者 (37)を、また電子計算機使用詐欺容疑で大阪府羽曳野市広瀬、会社員、立石泰誠容疑者(29)を逮捕したと発表した。2人は容疑を認めているという。
     逮捕容疑は、伊澤容疑者がインターネットバンキングを利用し、今年4~5月、摂津市在住の30代の知人女性の金融口座に計4回、不正にアクセスし、女性の預金から計約150万円を立石容疑者の口座に送金させたとしている。
     同署の調べでは、伊澤容疑者は女性のタブレット端末内の口座IDやパスワードを盗み見て知り、仕事仲間の立石容疑者の金融口座を送金先にしたという。
    http://www.sankei.com/west/news/160906/wst1609060019-n1.html

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    クレジットカード不正使用 取締り強化57%が求める(6日)NHK

    内閣府が初めて行った、クレジットカードの利用意識についての世論調査によりますと、政府に対し、カードの不正使用に対する取締りの強化を求める人が57%余りに上りました。
     内閣府は、国民のクレジットカードの利用意識や、政府に対する要望を調べるため、ことし7月、全国の18歳以上の3000人を対象に初めて世論調査を行い、60.5%に当たる1815人から回答を得ました。
     そ れによりますと、「クレジットカードを積極的に利用したいと思うか」という問いに対し、「そう思う」、「どちらかといえばそう思う」と答えた人は合わせて 39.8%だったのに対し、「そう思わない」、「どちらかといえばそう思わない」と答えた人は合わせて57.9%でした。また、クレジットカードの安心・ 安全な利用のために政府に力を入れてほしいことを複数回答で聞いたところ、不正使用に対する取締りの強化が57.4%と最も多く、次いで、セキュリティ対 策の法整備が52.3%、不正使用に関する相談窓口の充実が30.2%などとなっています。
     調査結果について、分析に当たった経済産業省の担当者は「不正使用への不安が、クレジットカードを利用することへの消極的な意識につながっている。政策として対応していきたい」と話しています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160906/k10010671791000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    成田空港など入国審査官増員へ(6日)NHK

    法務省は、日本を訪れる外国人旅行者の急増によって、厳格な水際対策を維持しながら入国手続きを円滑に行うことは難しくなるとして、今年度、成田空港などに入国審査官を60人余り増やすことになりました。
     日本を訪れる外国人旅行者は急増していて、去年は、前の年と比べて5割近く多い1973万人余りとなり、ことしに入ってからも毎月、去年の同じ時期を上回っています。
    特に、LCC=格安航空会社が多く乗り入れ、24時間対応している関西空港や、中国などからのクルーズ船の寄港が増えている博多港などでは、外国人旅行者が想定を上回るペースで増え、入国手続きの際に混雑が続く事態になっています。
    このため、法務省は、今のままでは厳格な水際対策を維持しながら入国手続きを円滑に行うことは難しくなるとして、今年度、緊急に、入国審査官を62人増やし、関西空港や成田空港、それに博多港などに配属することを決めました。
    法務省は、2020年に、外国人旅行者の数を4000万人にするという政府の目標も踏まえ、来年度・平成29年度予算案の概算要求でも入国審査官の233人の増員を求めています。
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/1086999991.html?t=1473115528495

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    テロ警戒 県警本部長が視察(6日)NHK兵庫

    G7=主要7か国の保健相会合が、今週末、神戸市で開かれるのを前に、警察は、「ソフトターゲット」と呼ばれる、大勢の人が集まる繁華街などで、テロに対する警戒を強めていて、5日は、兵庫県警察本部の太田誠本部長が、現場を視察しました。
    兵庫県警の太田本部長は、5日午後、神戸市中央区の三宮センター街を視察し、テロ警戒で巡回する警察官を激励しました。
    警察官から、警備状況に異状がないという報告に対し、太田本部長は「テロの兆候を見逃さないように」と指示していました。
    G7保健相会合は、今月11日と12日に神戸市で開かれますが、世界的な会合やイベントにあわせて、「ソフトターゲット」と呼ばれる比較的警備の薄い繁華街や駅が、テロの標的になるケースが海外で相次いでいます。
    兵庫県警察本部は、警察官の姿をできるだけ見せることで、犯行を抑止しようとしていて、三宮センター街でも、無線のイヤフォンを付けた機動隊などの警察官が、街角の要所に立っています。
    テロに対する警戒は、神戸市内の繁華街や駅を中心に、会合が終わるまで続けられることになっています。

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/2025335051.html?t=1473115404679

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    北朝鮮ミサイル発射に漁業者は(6日)NHK山形

    日正午すぎ、北朝鮮から弾道ミサイル3発が発射されました。
    北海道の奥尻島の西、200キロから250キロの日本海の日本の排他的経済水域の中に落下したと推定され、県内の漁業者からも不安の声が相次ぎました。
    防衛省によりますと、5日午後0時13分ごろ、北朝鮮から弾道ミサイル3発が東北東に向けて発射されたということです。
    3発はおよそ1000キロ飛んで北海道の奥尻島の西、200キロから250キロの日本海の日本の排他的経済水域の中に落下したと推定されるということです。
    鶴岡市の鼠ヶ関港では、漁業者からは不安の声が相次ぎました。
    底引き網漁船の漁業者の60代の男性は「空から飛んでくると防ぎようがないので怖いです」と話し、70代の男性は「危なくて困ります。政府にミサイルが来ないよう何とかしてほしいです」と話していました。
    県漁業協同組合によりますと、5日は北海道沖で県内のいかつり漁船12隻が操業しています。
    これまでに全船と連絡がとれ、安全の確認が取れたということです。
    北朝鮮のミサイルをめぐっては、8月3日に中距離弾道ミサイルの「ノドン」とみられるものが、秋田県沖の日本の排他的経済水域内に初めて落下したのが確認され、県漁業協同組合は、8月、政府に対して漁業者の安全確保などを要請しています。
    五十嵐安哉代表理事組合長は「一度政府に要望して北朝鮮にも交渉しているようだが、また落ちたと聞いてやるせない。10月に入ると今より沖の方へ漁に出るので、ますます危険で不安だ」と話していました。
    一方、防衛省は、ミサイルが落下したと推定される海域に航空機を出して捜索を進めているほか、今回の発射について詳しく分析を進めています。 http://www3.nhk.or.jp/lnews/yamagata/6025408881.html

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    【16歳少年殺害】少年1人立ち会わせ現場確認 当時の状況説明求める?(6日)産経

    埼玉県東松山市の都幾(とき)川河川敷で同県吉見町のアルバイト、井上翼さん(16)が殺害された事件で、埼玉県警は5日、殺人容疑で逮捕された14~17歳の少年5人のうち1人を現場に立ち会わせ、事件当時の状況を確認した。
     検証は午後2時半ごろから行われ、ワゴン車に乗ってきた少年は黒いテントで外部から見えないようにして河川敷に入り、約2時間かけて確認作業を進めた。捜査員は記号が書かれた目印を持って川に入るなどし、少年に当時の状況の説明を求めたとみられる。
      井上さんの遺体は8月23日朝、全裸で河川敷に半身が埋まった状態で発見。県警東松山署捜査本部は少年らが22日午前3~5時ごろ、井上さんを集団暴行し て溺死させたとみており、3日の捜索で見つかった井上さんのものとみられる衣類の鑑定や少年らの供述のすり合わせを進めている。http://www.sankei.com/affairs/news/160905/afr1609050032-n1.html

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    【衝撃事件の核心】「睡眠妨害だ!」住民ブチ切れ、ペット施設〝鳴き声テロ〟 騒音トラブル法廷闘争の顛末(6日)産経

    午前3時半。山間部にある集落 の静寂を引き裂いたのは、50匹以上の犬のほえ声だった。「また始まった…」。早朝にはけたたましくニワトリが鳴く。うるさい、眠れない、仕事ができな い…。夜ごと、朝ごとに繰り返される動物たちの「大合唱」に、ついに近隣住民がキレた。ペットサロン関連施設の騒音で精神的苦痛を受けたとして、大津市に 住む夫婦が、サロン経営者に計約300万円の慰謝料を求める訴訟を大津地裁に起こした。個人宅のペットでも、鳴き声はしばしば近隣トラブルの原因になる。 それがペットサロンの犬舎となれば、その音量は比較にならない。裁判所が下した判断は-。
    ある日突然、隣に…

     原告となった40代の夫婦は大津市内の山間部で、約10年前から平穏な生活を送っていた。夫は会社員。妻は自宅でホームページ制作の仕事をしていた。
     だが、同市のペットサロンが夫婦宅の隣地を購入してからというもの、その環境は一変した。
      訴状などによると、ペットサロンの店舗は別の場所にあり、夫婦宅の隣地には販売するための犬を繁殖・飼育する施設が平成25年2月に設営された。昨年11 月時点で、犬舎内では、トイプードルなどの小型犬約50匹がケージに入れられて飼育されていたほか、フェンスで囲まれた外の運動場では、大型犬のグレート ピレニーズ2匹が放し飼いになっていた。犬以外にも、ニワトリ6羽が鶏舎で飼われていた。
     施設は普段無人で、平日に短時間、従業員や経営者本人が餌を与えに来ていたものの、掃除は行き届かず悪臭がひどかった。だが、それよりも夫婦を悩ませたのが、犬やニワトリの鳴き声だった。続きを読む

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    ポケGO登場で位置ゲームに注目 Suicaとの連動も(6日)朝日

    社会現象となった「ポケモンGO」の登場で、位置情報を利用したゲームに注目が集まっている。家の中でテレビ画面を見て遊ぶのではなく、いろんな場所に出かけて楽しむのが特徴だ。2000年代前半からあり歴史は意外に古いが、最近は地域の活性化に生かす動きもあって、可能性が広がっている。

     位置情報ゲームは携帯電話やスマホのGPS機能を使うものが多い。先駆けは、コロプラが03年に配信を始めた「コロニーな生活」だ。移動した距離に応じてゲーム内で使える通貨が手に入り、アイテムと交換して街(コロニー)づくりを進める。
     地図情報を扱うマピオンが08年に正式配信を始めた「ケータイ国盗り合戦」は、全国の地区をまわるスタンプラリーのようなゲームだ。利用者は30~40代の会社員が多く、「ポケモンGOに刺激されて利用者が増えている」という。
     ポケモンGOを開発した米ナイアンティック社が12年に発表したのがイングレスだ。東日本大震災の被災地の復興支援につなげようとしたイベントもあった。今月には、香川県岡山県でファンが集まって遊ぶイベントが予定されている。
     新しいゲームの開発も進んでいる。カプコンが今冬の発売を予定するニンテンドー3DS向け「めがみめぐり」は、Suicaなどの交通系ICカードと連動した初のゲームだ。カードの乗降履歴を読み込ませると、訪れた駅数などに応じてポイントが得られ、アイテムを入手できる。プレーヤーと一緒に旅をする女の子のキャラクターと「東京駅に行ったのですね。何をしに行ったの?」などと、やりとりする機能もある。 JR東日本企画と協力し、私鉄も含めた全国9千駅以上に対応した。特定の駅を訪れることで特殊なアイテムが得られる設定もできるため、地域活性化の催しとの連携も検討する。
      立命館大ゲーム研究センターの中村彰憲教授は「日常の景色に別の意味を与えるのが位置情報ゲームの魅力だ。これまで利用者は限定されていたが、ポケモンGOが幅広く楽しむきっかけになった」と指摘する。(新田哲史)
    残り:496文字/全文:1346文字

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    「飼い犬捨てないで」 国頭に野犬の群れ数十匹 人追い、クイナ殺す(6日)読売

     【国頭】国頭村楚洲と安田周辺で野犬が数十匹群れをなして集落周辺を徘徊(はいかい)しており、両区長は役場に対策を求 めている。集落では飼い犬がかみ殺されたり、住民や観光客が襲われそうになったりする被害のほか、やんばるにのみ生息するヤンバルクイナなどの希少生物が かみ殺される事例が報告されている。野生動物を保護し、治療する活動を続けているNPO法人どうぶつたちの病院沖縄の長嶺隆理事長は「野犬による被害は犬 を捨てに来る県民がつくっている。非常に危険な状況で、至急対策をすべきだ」と警鐘を鳴らしている。
     6月ごろから両地区の住民から村に苦情が寄せられていた。関係者によると、集落で2歳の子どもと20代の母親が数匹の野犬に襲われそうになった り、屋外にいた飼い犬がかまれて後遺症が残ったりする被害が相次いだ。被害に遭いかけた女性は「怖くて外も歩けない。山奥だから野犬がいることが知られて いないことが余計に怖い。対策を早く取ってほしい」と顔をこわばらせた。
     国頭村楚洲の前川尚之区長は村と議会に対策を要望しており「問題が解決するよう、とにかく一日も早く対応してほしい」と求めている。
     長嶺理事長によると、ヤンバルクイナやケナガネズミなどの希少生物が実際にかみ殺されるケースも確認された。かみ殺されたクイナやケナガネズミの死骸を 調べると、犬のかみ痕やDNAが検出された。長嶺理事長は「これまでクイナが密集していた生息地域に姿が確認できない場所がある。極めて危険な状況だ。人 の被害が発生する可能性もあり、狂犬病予防の観点からも至急対策をすべきだ」と危機感を示した。
     関係者によると「ほえられた」「追い掛けられた」などの苦情は絶えない。村は捕獲を試みているが、野犬は足が速く捕まえるのは容易ではないとみられる。村の担当職員は「わなを仕掛けても、現段階でかからない」と対応に頭を悩ませている。
     対応が急がれる一方で、元の飼い主の責任の問題もある。行政に捕獲された犬は殺処分される。沖縄は犬や猫の殺処分数が多く、2013年度の犬の殺処分数 は全国ワースト3位。国頭村に住む女性は「もともと野犬はいなかった。山奥だと思って捨てに来る人がいるからこんな状況になっている」と憤った。
    (阪口彩子)http://ryukyushimpo.jp/news/entry-350853.html

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    「児童ポルノ」商品、人権団体が対策強化求める(6日)TBS

    法律で禁じられている『児童ポルノ』とみられる商品が国内に多く出回っているとして、人権団体が対策の強化を求めました。
     NGOのヒューマンライツ・ナウが去年5月以降に東京都内の店舗やインターネット上で調査した結果、『児童ポルノ』とみられる画像や動画が公然と販売されていたということです。
     商品には女子中学生を意味する「JC」と書かれるなど、出演者が18歳未満であることを宣伝文句にしているものもありました。
     ヒューマンライツ・ナウは、流通の過程で年齢を確認する仕組みがなく、チェック体制が不十分だと指摘し、出演者の年齢を確認できる資料を保管するよう、制作者や販売側に義務付ける法律の整備などを求めました。(06日00:27)
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2861802.html

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    路面補修の作業員2人はねられ死亡、福島の磐越道(6日)TBS

    5日午後、福島県会津若松市の磐越自動車道で乗用車が作業中の工事現場に突っ込み、作業員2人が死亡しました。
     事故があったのは、福島県会津若松市の磐越自動車道上り線で、5日午後3時半ごろ、乗用車が走行車線で路面の補修作 業をしていた作業員2人をはね、工事車両に衝突して止まりました。この事故で、はねられた男性2人が死亡し、乗用車と工事車両の運転手が軽いけがをしまし た。
     現場は片側2車線の緩やかな上り坂で、警察が乗用車を運転していた29歳の男性から事情を聴き、事故の原因を調べています。(06日02:00)
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2861805.html

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    高配当うたい出資金募る 出資者らが告訴状を提出(6日)テレビ朝日

     「タイの鉄鉱石採掘事業に投資すれば高配当が得られる」などとうたい、出資金を募っていた会社代表の男性らについて、出資者らが出資法違反などの疑いで警視庁に告訴状を提出しました。
     弁護士などによりますと、タイに本社がある採掘関連会社の日本代表を名乗る男性らは2011年ごろから、都内に住む会社員ら19人に「この会社に投資を すれば毎月、高配当を受けられる」などと出資を募り、約4億円を集めたということです。しかし、実際には採掘関連会社は休眠状態で、2013年ごろからは 配当が滞って出資金の返還にも応じなくなったため、出資者らは5日、出資法違反などの疑いで警視庁に告訴状を提出しました。弁護士によりますと、全国の延 べ1500人以上から約300億円の出資金を集めていた可能性があるということです。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000082809.html

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2016年9月5日 | トップページ | 2016年9月7日 »