« 2016年9月2日 | トップページ | 2016年9月4日 »

2016年9月3日

2016年9月 3日 (土)

男性殺害事件めぐり被害者の知人に暴行 神戸山口組系組員を逮捕、宮崎(3日)産経

 宮崎市の路上で8月に男性が殺害された事件で、県警は3日、現場で被害者の知人2人に暴行したとして、暴力行為法違反容疑で指名手配していた指定暴力団神戸山口組系組員の日高次彦容疑者(48)と、組員の安井浩一容疑者(33)を逮捕した。
 事件をめぐって同容疑での逮捕者は7人となった。県警は男性殺害との関連についても捜査している。
 逮捕容疑は、8月19日午前0時50分ごろ、宮崎市田代町の路上で吉田利成容疑者(48)らとともに、男性2人を殴るなどしたとしている。
 現場では解体業本田真一さん(43)が刺され、死亡した。

http://www.sankei.com/affairs/news/160903/afr1609030027-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「スカートめくったが触ってない」警官を逮捕、容疑否認(3日)朝日

路上で女性のスカートをめくって体を触ったとして大阪府警は3日、南署地域課の巡査孫野裕平容疑者(24)=同府枚方市磯島茶屋町、強制わいせつ罪で起訴=を強制わいせつ容疑で再逮捕し、発表した。「軽い気持ちでスカートをめくったが触っていない」と供述しているという。
 府警監察室によると、孫野容疑者は6月9日午前0時半ごろ、枚方市岡東町の路上で、10代後半の女性に背後から近づき、スカートをめくって尻を触った疑いがある。女性がにらみつけると、逃げたという。付近の防犯カメラに、孫野容疑者とみられる男が女性の後ろをつけている様子が映っていた。孫野容疑者は前日非番で9日は休みだった。
 孫野容疑者は8月、枚方市内の路上で女性に背後から抱きつき、口をふさいで胸などを触った疑いで現行犯逮捕された。その後の調べで「以前、女性のスカートをめくったことがある」と話したことから、府警が調べていた。
http://www.asahi.com/articles/ASJ934Q6PJ93PTIL009.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ホテルで女性の腕つかみ現金奪った疑い、男逮捕(3日)TBS

東京・新宿区のホテルの一室で女性の腕をつかむなどして現金2万円を奪ったとして、韓国籍の33歳の男が警視庁に逮捕されました。
 強盗の疑いで逮捕されたのは、板橋区に住む韓国籍の李知勲(イ・チフン)容疑者(33)です。李容疑者は先月14 日、新宿区百人町の路上で、泣いていた女性(23)に「大丈夫?」と声をかけて 一緒にホテルの室内に入り、帰ろうとした女性の腕をつかむなどして財布から現金2万円を奪った疑いが持たれています。
 取り調べに対し、李容疑者は「ホテルに入り、手首をつかんだが、お金はもらったものだ」と供述しているということで、警視庁が詳しいいきさつを調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2860168.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

御嶽山、ドローンで不明者捜索 被災者家族会(3日)共同

   
      

 2014年の噴火で58人が死亡、5人が行方不明となった御嶽山(長野、岐阜県)の被災者家族会「山びこの会」は3日、小型無人機「ドローン」を使い行方不明者を再捜索した。ドローンを6回飛ばし、山頂付近の立ち入りが困難なエリアを撮影した。
 ドローンは午前11時すぎ、9合目手前から飛ばし斜面を撮影。同会によると、撮影画像は鮮明で、今後は不明者の持ち物などが写っていないか解析を進めるという。
 捜索には、同会が調査を依頼したドローンの製造販売会社「サイトテック」の社員らも参加。行方不明となった愛知県刈谷市の大学生野村亮太さんの親族らが立ち会い、捜索を見守った。http://this.kiji.is/144759614598317557?c=39546741839462401

   
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

福島 刃物持ち立てこもり男の身柄を確保(3日)NHK

警察によりますと、3日午前11時半ごろ、福島市内のアパートで、「刃物を持った男が住人の女性の部屋で立てこもっている」という通報がありました。警察 が、現場で男の説得を続けていましたが、7時間余りがたったさきほど午後7時すぎ、捜査員が部屋に突入して、男の身柄を確保したということです。警察によ りますと、女性にけがはないということで、今後、男を取り調べて、詳しいいきさつなどを調べることにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160903/k10010667871000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(3、4日 単位・レベル) 
検挙率は高いのだが…
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012194

 あれから15年が過ぎた。あの火事は小欄が警察庁を担当していた時の話しである。その火事とは平成13年9月1日午前0時59分に出火。死者44人を出した東京・新宿は歌舞伎町の雑居ビルの火事。戦後5番目の大惨事と言われている。
 歌舞伎町と言えば、小欄が宮城の田舎から初めて東京に来て、粋がって毎晩のように飲み歩いた日本一の歓楽街。他人事とは思えずその日の夜、勤務が終わって現場に行き、手を合わせてご冥福を祈ったものだった。それ以来、飲み屋に行った時は、飲み始める前に非常口を確かめる癖になってしまった。
 15年過ぎた今、その火事の出火原因については未だに分かっていない。一時はガス漏れによる爆発火災とも見られていた。しかし、その後の調べでガス漏れはなかったことが判明。次ぎに放火の疑いが浮上。同ビルにある麻雀店の顧客名簿から捜査を進めた。ところが、そのリストのほとんどは偽名であったことから、犯人を割り出すまでには至っていない。そこが放火容疑事件の恐ろしさでもある。
 警察庁によると今年7月までの放火事犯の認知件数は553件で前年同期に比べて127件も少なく過去5年間で最も少なかった。
 ランキングでは大阪の114件、東京の50件、愛知の31件、千葉の29件、埼玉の27件の順。
 これに対して検挙率は73.8%で前年に比べて6.6ポイントアップした。300%の島根を筆頭に100%代が20県に及んだ。
 低かったのは静岡の20.0%、長野の40.0%、埼玉の44.4%、岐阜の45.5%、岩手、長崎の50.0%と続いた。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

読売関連会社部長を逮捕、JR磯子駅で駅員殴った容疑(3日)TBS

3日未明、横浜市のJR磯子駅のホームで、読売新聞の関連会社の55歳の部長が酒に酔って駅員を殴ったとして逮捕されました。
 逮捕されたのは、「読売・日本テレビ文化センター」経営本部戦略室の技術部長、石坂欣治容疑者(55)です。
 石坂容疑者は3日午前1時半頃、横浜市・磯子区のJR磯子駅のホームで、近くにいた男性駅員(36)の顔を手で殴った疑いが持たれています。駅員は、顔に軽いけがをしました。
 石坂容疑者は当時、酒に酔っていて、電車からホームに降ろされた後、駅員を殴ったということで、警察の取り調べに対し「駅で何をしたのか全く覚えてない」と話しているということです。
 読売・日本テレビ文化センターは、「事実を確認した上で厳正に対処します」とコメントしています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2859965.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

政府のテロ情報収集・分析体制を強化 倍増で80人に(3日)産経

 政府は2日、テロ情報を収集・分析するための官邸直轄組織「国際テロ情報収集ユニット」と、在外公館の担当職員を現在の約40人から約80人に倍増させることを決めた。7月に起きたバングラデシュ・ダッカのテロなどを踏まえ、体制強化の必要があると判断した。

  政府は昨年12月、情報一元化を図るため、警察庁防衛省などの約20人でつくる「国際テロ情報収集ユニット」を設置。中東、東南アジアなど世界の4地域でも、在外公館を拠点に情報収集を行っている。
 今回の増員により、海外では情報源開拓や情報機関との関係構築などに力を入れる。担当職員がいなかった在外公館にも新たに配置する。国内では、海外の活動の支援体制を拡充し、ネット情報の収集なども強化する。今年度第2次補正予算案には、職員の研修費用や旅費など7億8千万円を盛り込んでいる。
 菅義偉官房長官は2日の記者会見で、「テロを未然に防ぐためには情報収集が極めて大事だ。テロ対策に万全を期したい」と述べた。政府は2020年の東京五輪も見据えて、今後、さらなる体制強化を図る方針だ。
http://www.asahi.com/articles/ASJ925H7YJ92UTFK019.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

人質女性「大丈夫です」 刃物持った男が立てこもり(3日)テレビ朝日

福島市で包丁を持った男が女性1人を人質に取って、現在も部屋に立てこもっています。福島市瀬上町の現場近くから報告です。

 (高村真央記者報告)
 アパートの向かって右側の部屋が立てこもり現場です。捜査員が部屋を行き来していて、ドアの外から声を掛けるような様子もありました。現場の周辺は規制 線が張られていて、近寄れないようになっています。規制線の内側に住んでいる人には警察が訪問して事件の概要を説明し、注意するよう呼び掛けています。警 察によりますと、3日午前11半ごろ、この部屋に住む女性から「包丁を持った男が押し入ってきた」と110番通報がありました。男は部屋に住む女性を人質 に取り、現在も立てこもっていますが、今のところ女性にけがはなく、金銭を要求することもないということです。捜査関係者によりますと、捜査員の呼び掛け に対し、女性は「大丈夫です」と話しているということですが、男が出てくる気配はなく、現場は膠着(こうちゃく)状態が続いています。
 (Q.現場近くから男の影や声は感じられるか?)
 男の影や声は聞こえません。ドアが見えますが、格子のはまったすりガラスになっていて、中の様子は全くうかがえない状況です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000082709.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

“刃物男”女性人質に立てこもり 警察が説得続ける(3日)テレビ朝日

 3日午前11時半ごろ、福島市のアパートに包丁を持った男が押し入り、女性を人質に取って部屋に立てこもっています。今のところ女性にけがはないということです。男は金銭の要求はしていないということで、警察は男に対し、部屋から出てくるよう説得を続けています。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000082711.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【16歳少年遺体】埼玉県警が都幾川を捜索 衣服や遺留品発見に全力(3日)産経

埼玉県東松山市の都幾川(ときがわ)河川敷で同県吉見町の井上翼さん(16)の遺体が見つかり、中学生3人を含む14~17歳の少年5人が殺人容疑 で逮捕された事件で、埼玉県警は3日午前、現場付近の水中や河川敷の一斉捜索を開始した。井上さんの衣服や所持品が残されている可能性があるとみて、発見 に全力を挙げる。
 井上さんの遺体は発見時全裸で、半身が河川敷に埋まっていた。県警東松山署捜査本部は8月22日午前3~5時ごろ、少年らが井上さんを集団暴行し、川に頭を沈めるなどして溺死させたとみている。
 3日午前9時半ごろから県警機動隊スキューバ部隊約10人を含む捜査員約20人が捜索を開始。遺体が発見された場所付近から下流に向かって、川の中に潜るなどして遺留品を探した。
 また、捜査本部は少年5人の自宅を捜索し、事件に関係する物品を押収した。
http://www.sankei.com/affairs/news/160903/afr1609030017-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

自首の男を強盗殺人容疑で再逮捕 北海道・岩見沢(3日)共同

   
      

 北海道岩見沢市の住宅で近くに住む塗装業梅津利浩さん(55)の遺体が見つかった事件で、道警は3日、梅津さんを殺害し現金などを奪ったとして、強盗殺人の疑いで知人の無職高橋哲容疑者(60)を再逮捕した。
 高橋容疑者は8月23日夕、函館西署に「事件を起こした」と自首。道警は翌24日に死体遺棄容疑で逮捕していた。
 逮捕容疑は8月23日午前11時ごろ、高橋容疑者の自宅で、梅津さんの頭を鈍器で殴って殺害し、現金約8千円入りの財布と梅津さんの自動車などを奪った疑い。
 道警によると、高橋容疑者は梅津さんと以前からトラブルがあったと供述している。

http://this.kiji.is/144638313601025528?c=39546741839462401

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

砂浜に腹部刺し傷の変死体 兵庫・明石(3日)共同

3日午前8時ごろ、兵庫県明石市松江の松江海岸で、男性がうつぶせで倒れているのを散歩中の住民(48)が見つけ、110番した。男性は既に亡くなっていた。
 明石署によると、男性は70歳前後で、ポロシャツに長ズボン姿。腹部に刺し傷があり、手元に包丁が残されていた。遺体の下にはレジャーシートが敷かれており、同署は自殺の可能性があるとみて身元を調べている。
 現場は「浜の散歩道」として知られる遊歩道近くの砂浜。
http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201609/0009451795.shtml

| コメント (0) | トラックバック (0)

岩手県内、いまだ800人超孤立 道路不通で捜索は難航(3日)朝日

台風10号の豪雨で、岩手県内では3日午前現在、岩泉町などで、なお800人以上が孤立状態にある。岩泉町内では9人の安否を確認中だが、道路の復旧が進まず、捜索が難航している。台風12号の接近で5日以降の天候悪化が予想され、自衛隊などはヘリコプターを使っての捜索を急ぐ。
 孤立状態にあるのは岩泉町で618人、久慈市で212人。県によると、川の決壊や土砂崩落で、県内の道路13路線20カ所が全面通行止めになっている。
 11人の死亡が確認された岩泉町では、孤立した集落で、ヘリコプターでの高齢者らの救出や物資の補給が進められているが、今後の天候悪化で作業が困難になると予測されている。
 岩泉町では2日午後4時現在、356人が山間部の6カ所の避難所に身を寄せている。町によると6カ所とも停電しており、電源車で電気を供給している。このうち4カ所では断水も続き、給水車で対応している。今後、病院や老人福祉施設の計3カ所を福祉避難所として開設するという。担当者は「避難の長期化も視野に準備を進める」と話す。
 岩手県災害対策本部は3日、岩泉町の高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」で亡くなった9人のうちの1人が浦場トワさん(94)と確認されたと発表。これで8人の身元が確認された。
 一方、北海道清水町では、行方不明の男性2人の捜索を道警が3日朝から再開。午前10時現在、手がかりは見つかっていない。
http://www.asahi.com/articles/ASJ93362RJ93UTIL009.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

九州、猛烈な雨や暴風警戒=台風12号接近、上陸恐れも-気象庁(3日)時事

強い台風12号は3日午前、鹿児島県・屋久島の南海上を北へ進んだ。九州南部に接近した後、5日にかけて九州西部沿岸近くを北上して対馬海峡に向かうか、九州に上陸して山陰沖へ進む可能性がある。
 九州では局地的に猛烈な雨が降り、四国や東海でも南から暖かく湿った空気が流れ込んで大雨になる所がある見込み。気象庁は土砂災害や河川の増水、低地の浸水のほか、暴風や高波に警戒するよう呼び掛けている。
  4日正午までの24時間雨量は多い所で、九州南部300ミリ、奄美と東海200ミリ、四国と近畿150ミリ、九州北部120ミリ。その後、5日正午までの 24時間雨量は多い所で九州100~200ミリ、四国と近畿、東海100~150ミリと予想される。九州と奄美の4日にかけての最大瞬間風速は50~55 メートル、波の高さは7メートルの見込み。(2016/09/03-11:20) 【社会記事一覧へ】 【アクセスランキング】
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016090300064&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

岩泉町が国体競技開催を断念 野球場 浸水で使えず(3日)NHK

来月開幕する、いわて国体で軟式野球の会場となっている岩手県岩泉町の球場が、台風10号による浸水被害を受けて使用できない状態になり、町は2日、県に対して、競技の開催を断念する考えを伝えました。
 来月1日に開幕する、いわて国体で軟式野球の競技は岩泉町を含む、岩手県内の7つの町や村の球場で行われる予定でした。
しかし、岩泉町では、5試合が行われる予定の小本川沿いにある「楽天イーグルス・岩泉球場」が、台風10号の大雨による浸水被害で、土砂が一時、腰の高さまで積もり、今も使用できない状態です。
 町は、開会式までに球場が復旧する見通しが立たないとして、2日、県に対して、町内での競技の開催を断念する考えを伝えました。
これを受けて関係自治体などが協議した結果、岩泉町で行われる予定だった5試合は、葛巻町と軽米町の球場に振り分けることが決まりました。
岩手県は「開催できないのは残念だが、大会に向けて万全な準備を進めたい」としています。
台風10号では、普代村の野球場や花巻市のボート場など、7つの市町村の競技会場も被害を受けましたが、国体の開会式までには復旧し、予定どおり競技は開催される見通しです。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160903/k10010667251000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

軽トラが電柱衝突、荷台の高校生ら2人死亡 青森(3日)朝日

 青森県む つ市川内町の国道338号で2日午後11時半ごろ、荷台に18~19歳の男女4人を乗せた軽トラックが電柱に衝突。4人は投げ出され、いずれもむつ市内の 会社員中谷優希さん(19)と高校生小関大和さん(18)の男性2人が頭を強く打って死亡した。他の19歳の女性2人も足の骨が折れるなどのけが。
 県警は、軽トラックを運転していた漁業の男(20)=むつ市脇野沢=を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕。男は頭を打っており、治療のために釈放された。
 むつ署によると、現場は片側1車線の緩い左カーブで、軽トラックは道路左側にある電柱にぶつかったという。署が5人の関係や事故の原因を詳しく調べている。

http://www.asahi.com/articles/ASJ932HQRJ93UBNB001.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

特殊詐欺防止にタクシーも協力(3日)NHK徳島

県内で相次ぐ振り込め詐欺などの被害を防ごうと、徳島県警察本部とタクシー協会が協定を結んで、ドライバーが不審な人物などに気づいたら、すみやかに通報してもらう取り組みを2日から始めることになりました。
この取り組みは、徳島県警察本部と県のタクシー協会が振り込め詐欺など特殊詐欺の被害を防ぐために始めるもので、2日午前、警察本部の会場で協定の締結式が
行われました。
はじめに徳島県警の薄墨和夫刑事部長が、「タクシーからの情報で犯人の検挙や被害者の保護を進めていきたい」と挨拶しました。
 続いて、タクシー協会の藤田雅子会長が、「犯人や被害者がタクシーを利用するケースは十分にあるので貢献したい」と挨拶しました。
取り組みでは、詐欺の発生状況や最新の手口などの情報を警察とタクシー協会で共有し、ドライバーが不審な人物や被害にあっている人に気づいたらすみやかに通報してもらうということです。
 徳島県警によりますと、こうした取り組みは四国で初めてということです。
徳島県警察本部捜査第二課の山口一巳特殊詐欺対策官は「ドライバーには、お年寄りが携帯電話で話し込んでいたり、急いで金融機関に行こうとしている時など、おかしいなと思ったら積極的に声をかけてほしい」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/tokushima/8025064451.html?t=1472856344758

| コメント (0) | トラックバック (0)

【台風10号】岩泉町に危険性伝えず 岩手県、浸水想定域指定見送りで(3日)産経

台風10号により岩手県岩泉町 の小本川が氾濫し、高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」で9人が死亡した水害で、県が町内の浸水想定区域の指定を検討しながら町に伝えていな かったことが2日、県などへの取材で分かった。町が作成したハザードマップ(浸水想定図)は津波と土砂災害を想定したものだった。
 浸水想 定図は、洪水が発生した際に浸水が想定される地域を国や都道府県が指定し、それに基づいて流域市町村が作成することが義務付けられている。小本川では浸水 想定区域の指定がなく、町は今年7月に津波などを想定した浸水想定図を作成したが、洪水は想定されていなかった。
 県は平成21、22年度 に小本川を区域指定するための調査を実施、「楽ん楽ん」がある地区の浸水の深さは「2~5メートル」と想定された。だが、決定直前の23年3月に東日本大 震災が発生し、地域全体の地盤が沈下。さらに津波被害を受けた河口で土地のかさ上げ工事が計画されたため、区域指定を見送ったという。続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

同じ日に同じ手口で100万円 高齢女性2人被害に(3日)テレビ朝日

埼玉県深谷市で、同じ日に高齢の女性2人に息子を名乗る男から相次いで電話があり、いずれも100万円をだまし取られました。
 警察によりますと、1日、深谷市に住む82歳の女性の自宅に同居する長男を装った男から「携帯電話をトイレに落とし、登録していた番号が分からなくなっ た。携帯の番号を教えてほしい」と電話がありました。女性が番号を教えると、翌日の朝に男から電話があり、「投資で損失を出した。いくらでもいいから何と かならないか」と言ってきました。その後も男から「弁護士の秘書が取りに行く」「近くの公園まで来ている」などと立て続けに電話がありました。女性は銀行 で100万円を下ろして指定された公園に行くと、弁護士の秘書を名乗る男がいて、携帯電話を手渡してきました。電話がつながっていた長男を名乗る男が「そ の人に金を渡して」と話したため、女性は信じ込み、現金を渡しました。その後、夕方に長男が帰宅して初めて女性はだまされたことに気付いたということで す。また、同じく深谷市に住む76歳の女性の自宅にも1日、次男を名乗る男から電話があり、同様の手口で100万円をだまし取られました。警察は、同じ詐 欺グループの犯行とみて調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000082677.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

教訓生かせず悲劇再び 名古屋中1自殺(3日)日経

2013年に名古屋市で起きた中2生徒のいじめによる自殺の教訓を生かせず、悲劇は繰り返された。生徒のSOSを見逃さず、どう気づけばいいのか。再発防止に向け、教育現場に重い課題を突きつけている。
 名古屋市は13年以降、少人数学級の導入や市立中学校にスクールカウンセラー(SC)の常駐などの取り組みを始めた。その一環として、市立小中学校では学校生活に関するアンケート調査を実施。自殺した生徒も調査を受けていた。
  昨年6月は「学校生活に満足していない」との判定が、亡くなる前の10月上旬ではいじめ被害の可能性のある「要支援」に悪化。その結果を学級担任が目にし たのは、生徒が自殺するわずか3日前の週末だった。学校側はそもそも「いじめ」に気付いておらず、具体的な対策を取るには時間があまりにも少なすぎた。
  こうしたシグナルを把握する仕組みが機能しなかった背景として、今回の報告書が指摘したのは「学校で起きたことはまず教師だけで対応する傾向が強い」とい う現場の実態だ。再発防止策として、専門職との連携が必要との意識改革を求めたほか、「学校現場を見守る多くの目が必要」と提言した。
 全 国で今なお、いじめは後を絶たない。愛知県では1994年、当時中学2年生だった男子生徒がいじめを苦に自殺。最近では青森県の中学2年の女子生徒がいじ めを訴え自殺した。14年度に全国の小中高校などで把握したいじめ認知件数は約18万8000件。13年には、いじめ防止対策推進法が成立したとはいえ、 いじめ根絶には程遠い。
 思春期の子供の感情は揺れ動きやすく、シグナルに気づくには洞察力などの資質向上が不可欠だ。明治大学の内藤朝雄 准教授は「学校空間を社会にもっと開かれたものにすることが大切だ」と指摘。子供たちにとっても大人に安心して、悩みを相談したり、SOSを発信したりす る仕組みづくりも社会全体に求められている。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD02H2R_S6A900C1CN8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉の無認可保育施設で男児死亡、「保育士足りない」と指導も(3日)TBS

千葉県にある無認可保育施設で、生後11か月の男の子が昼寝をした際に嘔吐し、その後、死亡していたことが分かりました。
 千葉県によりますと、君津市の無認可保育施設「ゆいまーる」で、今年7月、当時生後11か月の男の子が昼寝の最中に布団の上で仰向けの状態で嘔吐しているのが見つかり、病院に運ばれたものの、死亡したということです。死因は今のところわかっていません。
 男の子はその日の午前に施設に預けられ、午後2時から昼寝をしていましたが、午後5時前になって保育士が男の子の異変に気付いたということです。
 当時、この施設では死亡した男の子を含め子ども2人を預かっていましたが、保育士は1人しかおらず、国が定める基準を満たしていませんでした。
 「収入の問題もありまして、人件費をかけられないという部分もありますので、維持していくためにはぎりぎりのところでやっているというのは正直あります」(保育施設の代表者)
 この施設は保育士の数が足りていないなどとして、県からこれまでに3回の指導を受けていました。県は第三者検証委員会を設置し、再発防止に努めるとしています。(02日18:12)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2859415.html

                                  
               
                                  
               
                                  
                                  

| コメント (0) | トラックバック (0)

新たに複数遺体=9人連絡取れず-873人孤立、岩手・岩泉町(3日)時事

台風10号による大雨で被害を受けた岩手県岩泉町で、新たに複数の遺体が見つかったことが2日、警察当局への取材で分かった。同町ではこれまで、グループホーム「楽ん楽ん」の入居者9人を含む計11人の死亡が確認され、他に同県久慈市で1人が死亡している。
 岩手県の達増拓也知事は2日午後、岩泉町役場を訪れ、伊達勝身町長と面会した。伊達町長は仮設住宅建設など被災者の支援を要請。達増知事は県内の市町村とも連携して支援するとともに、「激甚災害に指定するよう政府に働き掛けたい」と述べた。

台風10号の豪雨被害を受けた高齢者グループホーム「楽ん楽ん」の内部=2日、岩手県岩泉町

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016090200630&g=soc

 県は同日、岩泉町に現地対策本部を設置。県警や消防、自衛隊などが捜索・救助活動や、寸断された道路などの復旧作業を続けている。
 町によると、町内で連絡が取れなかった住民10人のうち1人の無事が確認され、連絡がつかないのは2日午後現在で9人となった。
 県内の避難者は岩泉町の約740人を含む約830人。道路の寸断などで同町で873人、久慈市で220人が孤立する状態が続いている。一方、同町では全域で断水していたが、1日までに一部地域で給水を再開した。

| コメント (0) | トラックバック (0)

塩素剤をプールに投げ込み爆発音 廃棄の福井市職員「甘かった」(3日)共同

 1日午後4時半ごろ、福井市照手3丁目の市三秀プールで、大きな爆発音が複数回、発生した。市によると、市職員らが期限切れの消毒用塩素剤をプールに廃棄したところ、混合してはならない3種類の塩素剤を同時に投げ込んだため化学反応が起きたとしている。
 この塩素剤3種を混合すると有毒なガスが発生する可能性があり、廃棄した職員は市の調べに対し「混ぜてはいけないということは知っていたが、認識が甘かった」と話したという。住宅密集地の同プール近辺には塩素のにおいが広がり、一時騒然となった。けが人はなかった。
 市スポーツ課によると、同プールは2014年夏から閉鎖されている。管理棟で、市内の小学校のプールで使う塩素剤を保管している。
  当時、プールに水深20センチほどの雨水がたまっており、市職員1人と施設管理の委託業者の3人が期限切れの3種類の塩素剤、重さ計約100キロをプール に投げ込み溶かして廃棄中に爆発したらしい。塩素剤は錠剤と顆粒剤があり、職員は4、5回爆発が起きたと話しているという。
 市環境課が現場付近の空気を検査した結果、有毒な成分は検出されなかったとした。プールに残った水は環境に悪影響を及ぼす恐れがあるとして、市は2日に搬出して処分する。
 市では通常、塩素剤を廃棄する場合、市内の各小学校の水を張った状態のプールに溶かし成分を薄めて廃棄している。三秀プールでは閉鎖以降、廃棄処理はしていなかったが、この日は雨水がたまっていたため投棄したという。
 市では、混ぜてはならない塩素剤は、同時に廃棄しないことにしているが、明文化したマニュアルはないとしている。
 3種の塩素剤はガスが発生したり、爆発を引き起こしたりする可能性があり、メーカーの説明書では混ぜ合わせを禁じている。同課は「混ぜてはいけない塩素剤を、水中に投入し大量に混ぜ合わせてしまったことが原因ではないか。付近の住民に迷惑をかけ大変申し訳ない」とした。
  発生したガスを吸い込んで気分が悪くなり、その場に座り込む職員もいた。近くに住む女性(34)は「パーンという大きな爆発音が10回ほど聞こえた。発砲 音にも似ていて暴力団の抗争が起きたかと思った。驚いて窓を開けると塩素のにおいが漂ってきた」と心配そうな表情で話した。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/103646.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

精神指定医100人不正疑い…「相模原」関連も(3日)読売

全国の複数の医療機関の精神科医が、強制入院などの判断を行う「精神保健指定医」の資格を不正に取得していた疑いのあることが、厚生労働省の調査でわかった。                                

 

 不正取得が疑われる医師とその指導医は計100人前後に上り、神奈川県相模原市の知的障害者施設で起きた殺傷事件で、逮捕された容疑者の強制入院措置に関わった医師も含まれているという。
 同省は、各医師の弁明を聞く聴聞の手続きを進めており、早ければ月内にも、処分の是非を決める同省の審議会部会を開く。
 指定医を巡っては、昨年4月、聖マリアンナ医大病院(川崎市) で、11人が十分に治療に関わっていない患者を診療したと偽るなどして、資格を不正取得していたことが発覚。取得時に提出する症例リポートについて、複数 の医師が同じ患者のものを使っていたが、厚労省の審査では見抜けなかった。このため、同省が過去5年間に申請された医師のリポートを調べていた。

(ここまで391文字 / 残り656文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160902-OYT1T50116.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

厳しい「待機児童ゼロ」 2年連続増加、都市部に集中(3日)朝日

 認可保育施設に入れない待機児童の数が減らない。厚生労働省が2日に公表した4月1日時点の数は2万3553人で、2年連続の増加。初めて同時公表した「隠れ待機児童」も含めると9万人規模になる。2015年度中に認可保育施設の定員は10万人分以上増えたが、安倍政権が掲げる17年度末までの「待機児童ゼロ」の達成は厳しい。
 待機児童は都市部に集中している。とりわけ全体の3分の1以上を占める東京都内は、保育施設をつくってもつくってもニーズに追いつかない状況だ。
 東京都荒川区は施設整備に力を入れており、就学前の子どもの2人に1人が認可保育施設や認証保育所を利用する。それでも待機児童数は昨年より116人増え、164人になった。
 荒川区は 昨年秋、共働きの子育て世代をターゲットにした情報サイトで「子育てしやすい街」の1位に選ばれた。マンションの建設ラッシュも続き、区の窓口には「保育 園に入れると聞いて引っ越してきた」という保護者が続々と訪問。就学前児童の人口は5年間で496人増加して1万684人になり、とくに最近1年では 211人も増えた。
 全国的に人口は減り始めているが、東京都内への人口流入は続いている。総務省の人口推計によると、全国の0~4歳の子どもが2014年までの5年間で9万5千人減った一方、東京都は3万人増えている。
 待機児童数が全国最多の1198人になった東京都世田谷区。私有地に定員100人規模の保育施設を整備するには、必要な約1千平方メートルの土地の賃料に年間1500万円かかる。同区は20年間で必要となる3億円のうち2億円を独自に補助する制度もつくったが、予算には限界もあり、思うように整備が進まない。
 学校や公園などの公有地を活用し、10年度以降で35の保育施設を整備してきたが、「公有地はすでに使い果たした」と区の担当者。待機児童に含まれないものの、認可施設を利用できなかった「隠れ待機児童」も1191人にのぼった。
 厚労省は今回、「隠れ待機児童」も6万7354人いたと公表。認可施設に入れずに育児休業を延長したり、「保護者が特定の保育所を希望している」と自治体が判断したりしたケースも含まれるが、数え方は自治体ごとに異なる。そこで厚労省は、年度内に待機児童の定義を見直す方針だ。
 17年度末までの5年間で保育の受け皿を50万人分増やすという政府の計画は順調に進み、自治体が整備を加速したこともあって53万人分を見込む。塩崎恭久厚労相は2日の閣議後の記者会見で「待機児童ゼロ」の目標も堅持する意向を示した。ただ、「待機児童」の定義を見直せば数が大きく膨らむのは確実。目標とする1年半後の「ゼロ」は見通せない。(伊藤舞虹)

残り:1082文字/全文:2207文字

http://www.asahi.com/articles/ASJ9251BLJ92UTFK00P.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月2日 | トップページ | 2016年9月4日 »