« 2016年8月31日 | トップページ | 2016年9月2日 »

2016年9月1日

2016年9月 1日 (木)

震度6強地震想定 さいたまで首都圏合同訓練、9都県市と自衛隊、警察など連携(1日)産経

東京都や埼玉県など首都圏の9都県市は1日、警察や消防のほか、自衛隊、医療機関などと連携し、さいたま市のさいたま新都心で巨大地震を想定した合同防災訓練を実施した。
 さいたま市を震源とするマグニチュード(M)7・3、震度6強の地震が発生し、市内全域に被害が出たと想定。訓練には安倍晋三首相も参加し、自動体外式除細動器(AED)の使い方を学んだ。
  主会場の三菱マテリアル総合研究所跡地では、倒壊した建物からの負傷者の救出訓練をし、がれきを重機でどかしたり、崩れた建物の屋根をチェーンソーで切っ たりして、見つけた被災者を担架で運び出した。近くの病院前の広場では、負傷者のトリアージや応急処置の手順を確認した。
 テントに運び込まれる負傷者役の男女に、医療関係者が「お名前は言えますか」「歩ける方はこちらに」と声を掛けながら、色分けしたタグを素早く付けていった。
 首都高速埼玉新都心線やJRさいたま新都心駅も会場になり、地震による事故を想定した救出や避難の訓練も行われた。
http://www.sankei.com/affairs/news/160901/afr1609010009-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

1300人と売春させたか 知人女性に強要容疑で女逮捕 警視庁(1日)産経

知人女性に売春させ、その代金を取り上げたとして、警視庁築地署は売春防止法違反容疑で、静岡市葵区鷹匠の無職、杉山歩(あゆみ)容疑者(34)を逮捕した。容疑を否認している。
 同署によると、昨年10月ごろから今年6月までに静岡市や新宿区歌舞伎町で、知人の無職女性(29)に延べ約1300人と売春をさせ、1千万円以上を受け取ったとみて調べている。
 逮捕容疑は5月、女性に静岡市内のホテルで50代の男性を相手に3万円で売春させ、代金を全額受け取った疑い。
 杉山容疑者と女性は静岡市の風俗店の元同僚。杉山容疑者は女性に無料通信アプリLINEで売春を強要するメッセージを送っていた。「私を不愉快にした。売春して金を払え」と言い掛かりをつけ、現金を要求するようになったという。
http://www.sankei.com/affairs/news/160901/afr1609010027-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

多摩川で津波対策訓練、首都直下地震を想定(1日)TBS

1日午後、東京・大田区の多摩川河川敷で、警視庁や神奈川県警などによる津波対策の訓練が行われました。
 訓練は、首都直下地震が起きて多摩川に津波が押し寄せたという想定で、中州に取り残された人をヘリコプターで引き上げたりボートで救助したりしました。
 警視庁は、「訓練を通じて隣接する神奈川県警や民間業者とも連携を強めていきたい」としています。(01日17:52)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2858626.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

若者の被害防止へ啓発拡充 18歳成人、悪質商法標的に懸念(1日)共同

成人年齢を20歳から18歳に引き下げる民法改正案に関連し、社会経験の浅い高校生ら若年層が悪質商法の標的になる懸念が出ていることから、消費者 庁は1日までに、被害防止の啓発事業を拡充する方針を決めた。より有効な対策や救済策も検討するため、同日、内閣府消費者委員会に意見を求めた。消費者委 はワーキンググループを設置し議論、年内にも結論を出す見通し。
 政府は民法改正案を早ければ来年の通常国会に提出する方針。成立すれば、明治時代以来続く「大人」の定義が変わる。
http://this.kiji.is/144021500245165559?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

かばんに注射器、薬物を使用か…発砲容疑者 (1日)読売

和歌山市の土木建設会社「

和大

わだい

興業」で 男性従業員4人が銃撃されて死傷した事件で、和歌山県警に殺人容疑などで指名手配された後、拳銃で腹を撃って死亡した溝畑泰秀容疑者(45)が所持してい たとみられるかばんから、白い粉末が付着した小分け袋や注射器が複数見つかったことが捜査関係者への取材でわかった。
 県警は容疑者が事件前か逃走中に薬物を使用していた可能性もあるとみて、1日午後にも遺体を司法解剖し、成分の有無を調べる。
 注射器と小分け袋が入っていたのは、溝畑容疑者が立てこもったアパート近くの路上に落ちていた黒色のかばん。逃走中の容疑者を追跡していた捜査員らが8月31日午前0時頃、回収した。県警は容疑者が捨てたか落としたものとみている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160901-OYT1T50072.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

車のパンク救援、過去最多 セルフ式GS増で点検甘く?(1日)朝日

 車のタイヤのパンクが増えている。日本自動車連盟(JAF)のパンク救援は昨年度は36万件余りと過去最多を記録した。JAFは、セルフ式ガソリンスタンド(GS)の増加で空気圧点検がおろそかになっているとみて、注意を呼びかけている。
 群馬県昭和村の関越自動車道で昨年9月13日夜、パンクで止まっていた乗用車に大型トラックが追突。乗用車の会社員男性(20)と無職女性(20)が死亡し、同乗の2人も負傷した。
 県警によると、4人は東京ディズニーリゾート千葉県)から帰る途中で、ハザードランプを点滅させて助けを待っていた。県警高速隊の登坂幸永副隊長は「パンクでも死亡事故につながり、高速道路上は特に危険だ」と話す。
 JAF(会員数1855万人)によると、昨年度のパンクによる救援は36万1942件。活動を始めた1963年度以来最も多く、10年前と比べ5万3506件(約17%)増えた。
 車の性能向上で救援総数は10年間で2割減っており、全体に占めるパンクの割合は10・3%から15・5%に上昇。発生場所別では一般道が92・3%で、高速道路は7・7%、月別では夏休みで遠出する機会が増える8月が最も多く、3万6494件と全体の約1割を占める。
 JAFはパンクの増加要因として、セルフ式GSの増加をあげる。全国のセルフ式GSは今年3月末時点で9728店と全GSの3割を占め、年々増え ている。JAFの広報担当者は「身近な車の点検所であるGSで専門的な知識を持った店員との接触が減り、タイヤの点検回数も減る。その結果、空気圧不足の 車が増え、パンクが増える」と話す。
 日本自動車タイヤ協会が毎年4…
残り:710文字/全文:1388文字
http://www.asahi.com/articles/ASJ8Y35RNJ8YUTIL006.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(1、2日 単位・レベル) 
これってゲームなの?
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012129

 なんとかならないのかね―米国では既に殺人事件まで起きているという「ポケモンGO」。この中で使われているコインについて、金融庁は事実上の「通貨」と認定する方針を決めたという。
 警察庁によると国内では配信がスタートした7月22日から8月2日までの12日までに都道府県別の摘発件数は、東京が58件。次いで埼玉と愛知が49件、神奈川が48件など。最も少なかったのは鳥取県の1件だった。
 また滋賀県警では「ポケモンGO」の配信が始まって1か月間、ゲームをしながらの運転していた交通違反や、深夜に出歩く少年が多くなり、徹底した補導を実施している。
 山梨県警では8月25日までの1か月余りの間に、ゲームをしながら自転車に乗っていた男性が車とぶつかり、軽いけがをする事故があったほか、ゲームをしながら車を運転して検挙されたのが4件。また、ゲームをするために駐車禁止の場所に車を止めて検挙されたのが1件。さらにポケモンGOに関連して補導された未成年者は36人になったという。
 愛知県では「ポケモンGO」をしながら運転していた男の車に女性がはねられた死亡事故。徳島市ではゲームをしながら車を運転して歩行者2人をはねて死傷させる事故があり39歳の男が現行犯逮捕された。
 さらに静岡県警は配信が開始された後、23日間でゲームに関連する交通事故が3件発生。北海道警では配信から10日間で、深夜徘徊していた少年少女計122人が補導されている。またゲームをしながら徒歩で帰宅してい た20代の女性が男に襲われるという強制わいせつ事件まで起きている。
 このほか岡山や佐賀、兵庫、宮城の各県でもゲームをしながら車やミニバイクを運転したとして道交法違反の摘発が相次いでいる。名古屋市ではゲームをしながら自転車に乗っていた女性がかばんをひったくられる事件。宮城県警では夢中になり無断で団地敷地内に入った中国人と住民がトラブルを起こすなど「ポケモンGO」旋風は日本中を吹き荒れている。
 そればかりではない。早くも「ポケモンGO」の偽のアプリが出現。既に40種類以上出回っているほか、2チャンネルでは詐欺被害が話題になっていると言い、そんな中での通貨設定。なにやら大きな事件の匂いもしている。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

【北海道・岩手大雨】岩泉町の避難勧告、岩手県が5時間把握せず 情報共有遅れる (1日)産経

高齢者グループホーム「楽ん楽ん」などで死者計10人を出した岩手県岩泉町に台風10号が接近した先月30日、町が一部地域に避難勧告を発令したに もかかわらず、県が少なくとも5時間は把握していなかったことが1日、分かった。県は町とスムーズに情報共有できなかった原因を調べる。
 県によると、岩泉町は8月30日午後2時、町役場から北側の一部地域に避難勧告を出した。しかし県側には伝わらず、午後7時現在で集計した市町村の避難勧告、指示の発令状況に、岩泉町の情報は含まれていなかった。
 県は住民の迅速な避難を促すため、ツイッターでも勧告などの状況を発信しているが、午後7時段階では反映されなかった。詳しい原因は分かっていない。
 県河川課は、町内を流れる小本川の水位観測データを監視し、30日夕から夜にかけて急激に増水したことを把握したが、町に直接状況を伝えることはしなかった。「連絡すれば役場が混乱する」と説明している。
http://www.sankei.com/affairs/news/160901/afr1609010005-n1.html

| コメント (1) | トラックバック (0)

隠しカメラ設置 警察庁長官「不適正な捜査で遺憾」(1日)NHK

大分県の別府警察署の警察官が、参議院選挙の公示前後に労働団体が使っていた施設の敷地に無断で立ち入り、隠しカメラを設置したとして、建造物侵入の疑いで書類送検された問題について、警察庁の坂口長官は不適正な捜査だとして、再発防止の徹底を図る考えを示しました。
 別府警察署の刑事官と刑事2課長など4人は、参議院選挙の公示前後のことし6月、労働団体が選挙運動などに使っていた別府市内の施設の敷地に無断で立ち入り、小型の隠しカメラ2台を設置したとして、先月26日建造物侵入の疑いで書類送検されました。
 この問題について、警察庁の坂口正芳長官は1日の会見で「不適正な捜査が行われたことは誠に遺憾だ」と述べました。
書 類送検を受けて警察庁は、全国の警察本部に対しカメラの設置にあたっては、撮影の目的や方法などを詳細に検討するとともに、管理者に承諾を得ることを求め る通達を出していますが、会見で坂口長官は「再発防止の徹底を図るため、引き続き都道府県警察を指導していく」と述べました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160901/k10010664431000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

| コメント (1) | トラックバック (0)

佐賀署員、捜査資料一時紛失 羽田空港に忘れる(1日)共同

佐賀署は1日、20代の男性巡査長が窃盗容疑で逮捕された容疑者2人の氏名などの個人情報を記載した書類を出張先の羽田空港で一時紛失したと発表した。書類は全日空の社員が見つけ、事務所で保管していた。
 佐賀署によると、巡査長は刑事1課に所属し、窃盗捜査で8月30日から上司2人と関東地方へ出張した。翌31日午後、羽田空港か ら全日空便で戻る際、搭乗口付近で容疑者関係の書類をとじたファイルをバッグから取り出し、自動荷物預け機の台に置き忘れた。佐賀空港に到着して署へ戻っ た後、ファイルがなくなっているのに気付いた。
 9月1日午前、巡査長が羽田空港の全日空事務所を訪れ、保管されているのを確認した。ファイルの中には男性容疑者2人の氏名や住 所、生年月日が記載された書類に加え、関係先の地図や現金7800円も入っていた。容疑者の住所は埼玉県と茨城県で、佐賀市内の薬店から医薬品など15万 円相当の商品を万引した疑いで逮捕されていた。
 佐賀署は勾留中の容疑者に事情を説明し謝罪する。「捜査員の注意力不足で紛失させてしまった。個人情報の適切な管理など再発防止に努める」としている。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/351127

| コメント (0) | トラックバック (0)

身元不明遺体の相談窓口設置 わずかでも情報を…(1日)テレビ朝日

警視庁は、1日から身元不明の遺体について相談を受け付ける特別窓口を東京・巣鴨に設置し、情報の提供を呼び掛けています。
 警視庁・上原智明鑑識課長:「(街の人に)お集まり頂きまして、私どもが持っている情報というものをもっともっと積極的に表に出して色々と見て頂きたい」
 警視庁によりますと、都内では7月末時点で3035体の身元が分からない遺体があります。警視庁は、1日から豊島区巣鴨の「とげぬき地蔵」前に相談所を 開設し、家族や友人と連絡が取れない人などからの相談を受け付けています。相談所には遺体が見つかった時の服装を描いた似顔絵パネルなどを用意していて、 情報提供を呼び掛けています。巣鴨の相談所は15日まで開かれていて、16日からは浅草で相談を受け付けます。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000082554.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察の警備艇が沈没、損傷し使用不能…台風9号(1日)読売

 8月22日に上陸し、関東地方を北上した台風9号の影響で、茨城県土浦市川口の霞ヶ浦湖畔に係留していた県警警備艇「しらうめ」が沈没し、使用できない状態になっていることが31日、わかった。
 県警は「緊急時に救助や捜索に向かう警備艇を早期に避難させるのは難しい」としている。早急に修理を行う方針だが、復旧のメドは立っていない。  県警地域課によると、しらうめは旧艇の老朽化に伴い、2015年3月に約3000万円の国費を投入して配備された。全長8・1メートル、幅2・5メートル、重量2・4トン。約60キロ先まで捕捉可能なレーダーや電子磁気コンパス、全地球測位システム(GPS)などを備え、密漁の取り締まりや水難者の救助などにあたる。
 8月22日の土浦市では24時間に71・5ミリの雨が降り、午 後4時2分に1978年の統計開始以来、8月としては最高値の最大風速11・3メートルを記録。県警は同日昼、転覆を防ぐため、係留していた同市川口のマ リーナを巡回。船体を桟橋に固定するロープを通常の4本から5本にした。
 だが、湖面が1メートル以上上昇。しらうめ内部に水が入り、県 警職員が排出を試みようとしたが、安全を考えて断念。船体は船首だけ残す形で水没し、23日に引き揚げられた。船体や船底に亀裂や穴が多数みられ、スク リューも欠損。桟橋付近では大型ヨット6隻が沈没し、86人乗りの遊覧船も損傷した。県警は「今後は気象状態を見極めて係留場所を変えるなど運用方法を考 えたい」としている。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160901-OYT1T50011.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

【北海道・岩手大雨】岩泉町18人と連絡取れず 岩手県で1600人孤立 水道・電気、依然停止(1日)産経

台風10号により高齢者グルー プホーム「楽ん楽ん」などで10人の死者が出た岩手県岩泉町は1日、町内に住む男女18人と連絡が取れていないことを明らかにした。岩手県によると、道路 の寸断などで県全体で約1600人が孤立しており、自衛隊や県警が孤立状態の解消や確認を急いでいる。
 岩泉町によると、18人の多くは高齢者で、川の氾濫や道路の寸断により、自宅まで職員や民生委員が近づけないという。水道、電気も止まっており、町は透析治療が必要な住民約30人を盛岡市など町外の病院にヘリコプターで搬送する方針を決めた。
 県によると、岩泉町など8市町村で依然1600人が孤立している。同町と久慈市では、引き続き土砂災害などの恐れがあるとして計1万5780世帯3万6582人に避難勧告が出ている。
 務台俊介内閣政務官を団長とする政府調査団が午前中に久慈市の被災現場を視察。午後には岩泉町の被害状況を確認する。 http://www.sankei.com/affairs/news/160901/afr1609010014-n1.html

このニュースの写真

  • 岩泉町18人と連絡取れず 岩手県で1600人孤立 水道・電気、依然停止
  • 岩泉町18人と連絡取れず 岩手県で1600人孤立 水道・電気、依然停止
  • 岩泉町18人と連絡取れず 岩手県で1600人孤立 水道・電気、依然停止

| コメント (0) | トラックバック (0)

北海道で川が氾濫、3人行方不明(1日)TBS

北海道で川が氾濫し、住宅が押し流されたり、橋が崩れ落ちて車が川に転落したりする被害が相次ぎました。いまだ3人が行方不明となっています。
 北海道の南富良野町では先月31日、石狩川の支流の空知川で堤防が決壊し、水があふれだしました。北海道では、あわせて12の河川が氾濫し、多くの住民が避難をしました。
 「あんな氾濫を見たのは初めてだから、何をどうしたらいいのか・・・ とにかく急いで逃げなくてはということで頭がいっぱいだった」(避難した住民)
 北海道十勝地方の清水町では町内を流れる川が氾濫し、周辺の住宅を押し流しました。また、十勝地方では橋が崩落し、乗用車が川に転落する事故が相次ぎ、3人の男性の行方がわからなくなっています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2858221.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

山口組と神戸山口組、集中取り締まりで摘発増 1~6月(1日)日経

警察庁が1日発表したまとめ(暫定値)によると、今年上半期(1~6月)に全国の警察が摘発した暴力団山口組(神戸市)と、分裂した暴力団神戸山口組(兵庫県淡路市)の構成員は計1050人で、分裂前の前年同期よりも85人増えた。
 摘発された構成員は山口組が668人、神戸山口組が382人。直系組長は山口組が10人で、神戸山口組はいなかった。
 2007年に4千人に上った山口組構成員の摘発人数は減少を続けていたが、昨年8月の分裂以降、警察は両組織に対する取り締まりを強化。摘発が増える要因になった。
 両組織の対立抗争を認定した3月7日から6月末までに起きた抗争事件は13都道府県の29件、摘発人数は65人だった。このうち、岡山市で神戸山口組系幹部が射殺された事件など4件で拳銃が使われた。
  警察庁によると、昨年末時点の山口組の構成員と準構成員は計1万4100人、神戸山口組は6100人。警察当局は8月、神戸市の山口組総本部前に「特別警 戒所」を新設し、捜査員が組関係者の出入りを確認する監視の拠点とするなど警戒を強めている。抗争が拡大すればより厳しい規制ができる「特定抗争指定暴力 団」に両組織を指定することも検討している。
 両組織を含む暴力団全体の拳銃の押収は22丁で6丁減。過去10年で最少となった。警察庁の担当者は「分裂抗争中で拳銃の取引が多いはずだが、自宅や事務所以外に保管するなど隠し方の巧妙化が進んでいる」としている。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG01H01_R00C16A9CR0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

台風で11人死亡の岩手 岩泉町では依然9カ所孤立(1日)テレビ朝日

台風10号の影響で、岩手県では11人が亡くなりました。このうち10人が死亡し、2人の行方が分かっていない岩泉町では、依然、9カ所が孤立していて、1日午前7時から救出方法が検討されます。
 岩泉町では、小本川が氾濫して高齢者施設「グループホーム楽ん楽ん」に土砂が流れ込み、入所者9人の遺体が見つかりました。名前や年齢などは公表されて いません。このほか、町内では70代の男性が川で流された木に引っ掛かった状態で遺体で発見されました。さらに穴沢地区で2人が行方不明になっています。 また、町内には孤立によってヘリコプターでの救助が必要な場所が9カ所あるということで、町は午前7時から自衛隊と消防と合同の会議を開いて対応を検討す るということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000082523.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

貴金属5000万円相当盗まれる 茨城の宝石店(1日)産経

茨城県龍ケ崎市小柴の商業施設「ショッピングセンターサプラ」で22日、宝石店が荒らされる事件があり、竜ケ崎署は31日、指輪やピアスなど貴金属類約700点(計約5千万円相当)が盗まれていたと明らかにした。窃盗事件として捜査している。
 竜ケ崎署によると、22日未明、警備会社に異常を知らせる連絡が入り、警備員が施設1階のガラス戸が割られていることに気付いた。施設内の宝石店「ジュエリーツツミ」のショーケースも割られ、陳列されていた貴金属類がなくなっていた。
http://www.sankei.com/affairs/news/160831/afr1608310025-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

川崎駅周辺の繁華街で警察などによる取り締まり(1日)TBS

神奈川県の川崎駅周辺にある繁華街で警察などによる取り締まりが行われ、悪質な客引き行為をしていたとして、飲食店従業員の男が逮捕されました。
 川崎駅周辺の繁華街では、先月31日夜、悪質な客引き行為を取り締まったり、飲食店などが入る雑居ビルの防火対策を検査したりするため、警察と消防などのおよそ80人態勢で合同パトロールが行われました。
 このパトロールで、警察は悪質な客引き行為をしていたとして、飲食店従業員の渡辺智行容疑者(23)を風営法違反の疑いで逮捕しました。
 渡辺容疑者は容疑を認めているということですが、警察は、付近で他にも悪質な客引き行為が行われているとみて、今後も繁華街の取り締まりを続けていく方針です。
 また、消防も多数の店舗で避難経路が確保されていないなどの違反行為を発見していて、今後、是正を促すとともに、引き続きパトロールを行うということです。(01日01:01)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2858226.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

一宮市の62歳女性死亡、殺人事件として捜査(1日)TBS

先月30日、愛知県一宮市の住宅で62歳の女性の遺体が見つかった事件で、警察は捜査本部を設置し、殺人事件として捜査しています。
 先月30日午後、一宮市奥町のパート従業員、渡邉洋子さん(62)が自宅の居間であおむけで倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。
 司法解剖の結果、死因は首を圧迫されたことによる窒息死の可能性が高く、遺体を発見した男性などによりますと、渡邉さんの顔にはパジャマのようなものがかけられ、口から出血の跡もみられたということです。
 「先週の金曜日(先月26日)、“会う人がいるから”と言って職場を出ていった。(Q.今週月曜日は仕事?)欠勤でした」(渡邉さんが働いていた会社社長)
 渡邉さんは一人暮らしで、部屋には荒らされたような跡がなく、警察は殺人事件として犯人の行方を追っています。(01日05:22)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2858229.html

                                  
               
                                  
               
                                  
                                  

| コメント (0) | トラックバック (0)

岩泉町の避難勧告把握せず 岩手県、台風10号接近時(1日)共同

   
      

 高齢者グループホーム「楽ん楽ん」などで死者計10人を出した岩手県岩泉町に台風10号が接近した8月30日、町が一部地域に避難勧 告を発令したにもかかわらず、県が少なくとも5時間は把握していなかったことが1日、分かった。県は町とスムーズに情報共有できなかった原因を調べる。
 グループホームでは入所者とみられる男女9人の遺体が見つかっており、岩手県警は身元の確認を急ぐ。
 県によると、岩泉町は30日午後2時、町役場から北側の一部地域に避難勧告を出した。しかし県側には伝わらず、午後7時現在で集計した市町村の避難勧告、指示の発令状況に、岩泉町の情報は含まれていなかった。
http://this.kiji.is/143831180310593540?c=39546741839462401

   
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

山岳遭難の救助に災害用基地局の気球活用へ(1日)NHK

山で遭難した人の捜索に、携帯電話の災害用基地局に使う気球を活用しようと、総務省と大手通信会社ソフトバンクが実用化に向けた実証実験に乗り出すことになりました。

携帯電話の災害用基地局に使う気球は、地震などで基地局が壊れた場合に、アンテナを搭載した臨時の基地局として使うもので、大手通信会社のソフトバンクが全国10か所に配備していて、ことし4月の熊本地震から本格的に運用を始めています。
総務省とソフトバンクは、山で遭難した人を捜索する際に、この気球を活用しようと、共同で実証実験に乗り出す方針を固めました。
GPS を搭載した携帯電話は、基地局との間で常に位置情報を通信でやり取りしています。この仕組みを使って、電波が圏外になっている山間部の上空に気球を上げ て、位置を捉え、捜索に役立てることができるとしています。この気球は地上100メートルの高さに上げれば、最大で半径10キロの範囲の携帯電話の電波を 捉えることができるということです。
特に雪山での捜索は、雪の中に埋もれた遭難者の発見が難しいという実態がありますが、携帯電話の電波は雪の中からでも届くという利点があるとしています。
実用化にあたっては、ソフトバンク以外のすべての携帯電話会社の契約者も対象になる予定で、ことし12月に北海道ニセコ町で雪山での実証実験を行い、早ければ来年からの実用化を目指すとしています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160901/k10010663631000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

全国の消防団員減少続くも 女性や学生が新たな担い手に(1日)NHK

ことしの消防団員の数は全国で85万6000人余りと、去年より、およそ3500人減りましたが、女性や学生の団員は去年より増えたことが総務省消防庁のまとめでわかりました。消防団員全体の数が減る中、新たな担い手として期待が高まっています。

総務省消防庁のまとめによりますと、全国の消防団員の数は、ことし4月1日の時点で、全国で85万6417人と去年より3578人減りました。
ピークだった昭和29年には、全国でおよそ200万人が消防団員として活動していましたが、その後は減り続けていて、総務省消防庁は高齢化に加え、地域の外に働きに行く人が増えたことなどが影響していると見ています。
一 方、ことしの内訳を見てみますと、女性の団員は2万3894人と、去年より1100人余り増えたほか、大学や専門学校などの学生の団員も3222人と、去 年より200人余り増えました。いずれも年々増加し、この5年では女性は4300人余り、学生は1100人余り増えていて、消防団員全体の数が減る中、新 たな担い手として期待が高まっています。
総務省消防庁は、各自治体が女性や学生に参加を積極的に呼びかけていることなどから数が増えていると見ていて、「女性や学生が、消防団員として活動しやすいよう支援をさらに充実させ、消防団員の減少を少しでも食い止めたい」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160901/k10010663681000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| コメント (0) | トラックバック (0)

地震時の火災防止へ 感震ブレーカー配布し実験(1日)NHK

地震の際に家電製品などが火元となる火災を防ぐため、埼玉県川口市は大手商社と協力して、揺れを感知して電気を遮断する装置の実証実験を行うことになりました。

国の検討会がまとめた首都直下地震の被害想定では、1都6県で最大41万棟余りが火災で焼失すると見られていて、特に住宅が密集する地域での火災防止は大きな課題となっています。
このため、木造住宅の密集地がある埼玉県川口市は住友商事と協力して、地震の際の火災防止に向けた実証実験を始めることになりました。
具体的には、住友商事がメーカーと共同開発した住宅のブレーカーに、あとから取り付けられる「感震ブレーカー」を、川口市のおよそ300世帯に無償で配布します。
感震ブレーカーは揺れを感知した際に電気を自動で遮断し、電線のショートや、電気ストーブの転倒など、電気を原因にした火事を防ぐ効果があるとされています。
実験ではブレーカーを配付した世帯に、設置の手間や、誤作動の有無、それに価格への評価などを聞き取ります。
実験を通じて、川口市などは感震ブレーカーの普及について検討することにしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160901/k10010663621000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

「覚悟決めている」溝畑容疑者、自ら腹撃ち死亡(1日)読売

和歌山市の土木建設会社「

和大

わだい

興業」で男性従業員4人が銃撃され死傷した事件で、和歌山県警に殺人容疑などで指名手配され、現場近くのアパートに立てこもっていた同社実質経営者・

溝畑

みぞばた

泰秀容疑者(45)が31日夜、自らの腹を拳銃で撃った。
 県警捜査員らが銃刀法違反(所持)容疑で現行犯逮捕したが、溝畑容疑者は搬送先の病院で死亡した。立てこもりは同日未明から17時間余りに及んだ。
 県警によると、溝畑容疑者は31日午後6時40分、アパートの 2階から1階まで外階段で下り、右手に持っていた拳銃で腹部を1発撃った。捜査員らがすぐに取り押さえ、拳銃を2丁押収。溝畑容疑者は救急搬送されたが、 午後8時50分頃、死亡が確認された。溝畑容疑者は捜査員に、「投降はしない。覚悟は決めている」と話していたという。県警は自殺を図ったとみている。

(ここまで368文字 / 残り503文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160831-OYT1T50141.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

渋谷駅前「青ガエル」に落書き 相次ぐ破損「悲しい」(1日)朝日

 渋谷駅前のハチ公広場に設置され、東京都渋谷区の観光案内所となっている旧東急5000系車両、愛称「青ガエル」に落書きがされた。ハチ公像とともに渋谷の玄関口に立つシンボルが傷つけられ、区は対応と今後の再発防止に追われている。

 区によると、青ガエルに落書きがされたのは8月27日午前0時50分ごろ。黒いスプレーで文字を書いて立ち去る2人組を目撃した人から110番通報があったという。
 濃い緑色をした車体の側面には英文字らしきものが描かれ、窓ガラスも黒く染まった。車体を所有する区は、渋谷署に被害届を出す予定だ。区商工観光課の村山英樹課長は「これだけ大きな落書きは初めてで、悲しいことだ」と話す。
 2006年10月に設置された青ガエルは現在、外国人向けの観光案内所として午前10時から午後6時まで営業している。また、待ち合わせの目印としても利用され、人通りは絶えない。
 年末年始など多くの人が訪れる時期には青ガエルを防護柵で囲い、破損を予防してきた。しかし、近年は被害を受けるケースが出てきた。
 昨年は車体正面に掲示された行…
残り:445文字/全文:893文字

http://www.asahi.com/articles/ASJ8Z64VXJ8ZUTIL04V.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月31日 | トップページ | 2016年9月2日 »