« 新千歳空港、千人が検査やり直し 女性が金属探知機すり抜け(6日)共同 | トップページ | 福祉施設で不審者侵入対策訓練 警視庁、相模原殺傷受け(6日)日経 »

2016年8月 6日 (土)

去年のお盆期間の渋滞で「損」、推計1036万時間(6日)TBS

去年のお盆期間の前後に高速道路の渋滞で利用者が損をした時間が1000万時間を超えたと推定されることがわかりました。国土交通省は、今年の渋滞を解消するための目安にして欲しいとしています。
 国土交通省によりますと、去年8月6日から16日にかけて、首都高速道路と阪神高速道路を除いた全国の高速道路の渋 滞で利用者が損をした時間は、合わせて1036万時間に上ると推測されるということです。これは、全国の高速道路2632区間を対象に、カーナビなどで測 られた速度などから分析したもので、車1台あたりでは、およそ11分損をしている計算になります。
 最も時間を損したのは、中国自動車道の宝塚トンネル付近だと推測されています。また渋滞が最も多いとされる30か所の中に、東名高速道路の愛知県 内の4か所がランクインしましたが、今年は2月に新東名が開通したため、お盆の渋滞は発生しないと予想されています。(05日21:42)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2838703.html

« 新千歳空港、千人が検査やり直し 女性が金属探知機すり抜け(6日)共同 | トップページ | 福祉施設で不審者侵入対策訓練 警視庁、相模原殺傷受け(6日)日経 »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64018545

この記事へのトラックバック一覧です: 去年のお盆期間の渋滞で「損」、推計1036万時間(6日)TBS:

« 新千歳空港、千人が検査やり直し 女性が金属探知機すり抜け(6日)共同 | トップページ | 福祉施設で不審者侵入対策訓練 警視庁、相模原殺傷受け(6日)日経 »