« 山口組分裂1年 山一抗争で銃撃された警官の思い(26日)共同 | トップページ | 山口組分裂後、抗争86件 4件は殺人 「壊滅へ」警察庁、取り締まり強化(26日)産経 »

2016年8月26日 (金)

子どもの自殺防ぐ取り組み、夏休み明けに急増(26日)TBS

青森県の東北町の教育委員会は26日、今月19日に町立中学校に通う1年生の男子生徒が自殺したと発表しました。新学期が始まるわずか3日前だったといいます。
 夏休みが終わるこの時期、実は子どもの自殺が増える傾向があります。18歳以下の子どもの自殺を日付別に見ると、9月の初めや4月の初めなど、夏休みや春休みといった長期の休みが終わる前後に集中しているのです。子どもたちにとってこの時期はどんなものなのでしょうか。
 「(新学期から)テストがあるので、その日から授業なので、大丈夫かなって」(高校1年生)
 「やっぱり気が重いですね。友達面でも関わりが難しくなってくるので」(中学2年生)
 学校へ行くのが億劫になったり、不安定になったりする子どもも多いようです。こうした休み明け前後の子どもの心を支えようとする取り組みが広がっ ています。東京・豊島区の図書館では、こころの健康に関する本のコーナーを設置。また、悩んでいる友達などを見つけたときに、口では伝えにくいことを書い て伝えられるメッセージカードを配布するということです。
 「『私はあなたを心配していますよ』ということをお伝えすると。(悩んでいる人見つけても)どうしたらいいかわからない方がきっと多いと思うんです。そういった方々に特に利用していただけたら」(豊島区池袋保健所 石丸雄二健康推進課長)
 ネット上に投稿される危険のサインを拾い上げる試みも始まっています。
 「気になる投稿があった場合には、各投稿の右上の所に小さな三角があるので、そこをタップしていただくと『この投稿を報告』というオプションが出てきます」(FacebookJapan 広報統括 日高久美子さん
 フェイスブックが新たに始めたこの機能。ある人が自殺をほのめかす投稿をしていた場合、それを見た人がフェイスブック社に報告します。すると、投 稿をした本人にフェイスブック社から「何か悩みを抱えているのではないかと心配している人がいます」とメッセージが届くのです。さらに、「お手伝いできる ことはありませんか」という呼びかけとともに、相談窓口の連絡先などを紹介する仕組みです。
 「フェイスブックは実名制で実生活でも友達とつながっている。例えば、投稿を見て、本当につらいのか、はたして冗談なのか、コメントの背景がわかったりするのがとても大事な要素」(FacebookJapan 広報統括 日高久美子さん) http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2854416.html

« 山口組分裂1年 山一抗争で銃撃された警官の思い(26日)共同 | トップページ | 山口組分裂後、抗争86件 4件は殺人 「壊滅へ」警察庁、取り締まり強化(26日)産経 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64114231

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの自殺防ぐ取り組み、夏休み明けに急増(26日)TBS:

« 山口組分裂1年 山一抗争で銃撃された警官の思い(26日)共同 | トップページ | 山口組分裂後、抗争86件 4件は殺人 「壊滅へ」警察庁、取り締まり強化(26日)産経 »