« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 「正解できなければ発砲」…大学教授を懲戒解雇(3日)読売 »

2016年8月 3日 (水)

相模原殺傷、容疑者が生活保護を受給「預貯金が底つき」(3日)朝日

 相模原市緑区の障害者施設「やまゆり園」で入所者19人が死亡した事件で、殺人容疑などで送検された植松聖(さとし)容疑者(26)が今春、生活保護を受給していたことがわかった。相模原市が明らかにした。福祉事務所の窓口で、「預貯金が底をついてしまった。働いていないので生活できない」と訴えたという。神奈川県警は植松容疑者の生活状況についても調べている。

特集:相模原の殺傷事件

 

 市によると、植松容疑者は3月24日に窓口を訪れ、「親族の援助もなく、1人で暮らしている」などと話したという。市は収入がないことなどを確認し、生活扶助(1カ月で7万8千円)を4月3日に給付した。3月24日から31日までの日割り分と4月分だったが、4月下旬に雇用保険が支払われたことを確認し、4月分は返してもらったという。
 植松容疑者は2月19日に園を自主退職。親と離れ、園近くの一戸建てで一人で暮らしていた。友人の男性は「園の仕事を辞めてからずっと仕事をしていないのではないか」と話す。(白石陽一)

http://www.asahi.com/articles/ASJ825H59J82ULOB00Y.html

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 「正解できなければ発砲」…大学教授を懲戒解雇(3日)読売 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64007823

この記事へのトラックバック一覧です: 相模原殺傷、容疑者が生活保護を受給「預貯金が底つき」(3日)朝日:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 「正解できなければ発砲」…大学教授を懲戒解雇(3日)読売 »