« ソラシドエア副社長飛び降り自殺、部屋からは妻の遺体(26日)産経 | トップページ | ポケモンGOのコインは「通貨」 金融庁が認定方針(26日)朝日 »

2016年8月26日 (金)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(26、27日 単位・レベル) 
こんな世の中で良いのか

【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012183

 埼玉県東松山市の河川敷で、16歳の少年が殺害された事件で中学生3人を含む少 年5人が殺人容疑で逮捕されるという鬼畜にも劣る犯行だった。
 産経によると逮捕された少年らは、赤色の服を着て行動するパズルのメ ンバーで、バイクの窃盗や現金を脅し取ったりする不良グループだったという。被害者は集団で暴行された可能性が浮上している。そして動機について「電話やメールを無視されたからやった」という。
 昨年2月に神奈川県川崎市の多摩川河川敷で13歳の川崎中学1年の生徒が殺害された事件を思い出す。事件から1週間後に少年3人が殺人の疑いで逮捕されたのだが、少年らは主犯格の18歳の少年をリーダーとしてゲームセンターなどで集まるグループ。2月と言うのに、強制的に川で泳がせたうえ、刃物で何度も切りつけるなど集団による暴行が行われている。
 過去にもこんな鬼畜の犯罪があった。
 昭和63年の11月から約4カ月にわたり少女を監禁して輪姦したり、性器にビンやマッチ、タバコなどを挿入。さらに裸踊りや自慰行為をさせたうえ、タバコやシンナーを吸わせたりするなどして殺害。遺体をドラム缶に入れてコンクリート詰めにして、東京都江東区の埋め立て地に遺棄した。
 さらに、こんなノンフィクション作品もある―長野県内のある地方で、弟を持つ少年が、その弟を守るため少年8人に小便をかけられるなどなぶり殺しにあった。だが犯人たちの親は子供の罪を認めないという内容だ。タイトルは「少年リンチ殺人事件 むかついたからやっただけ」=平成22年新潮文庫
 親の態度を除けば、全ての事件に共通点があるような気がしてならない。集団心理とは恐ろしいものである。
 こんな事件が起きるたびに少年犯罪について対策がとられてきたが一向に治まらない。検挙者数は減っているのだが、改めて少年非行について国民全体で考える時期にあるのかも知れない。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】 
Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる 感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であ り、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都 内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し  ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« ソラシドエア副社長飛び降り自殺、部屋からは妻の遺体(26日)産経 | トップページ | ポケモンGOのコインは「通貨」 金融庁が認定方針(26日)朝日 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64114135

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« ソラシドエア副社長飛び降り自殺、部屋からは妻の遺体(26日)産経 | トップページ | ポケモンGOのコインは「通貨」 金融庁が認定方針(26日)朝日 »