« 87歳のお年寄りをだますとは…卑劣な偽電話詐欺 早良署管内(19日)西日本 | トップページ | 突然拘束「本当のことを言え」 不起訴の男性、心境語る(19日)朝日 »

2016年8月19日 (金)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(19、20日 単位・レベル) 
人生を棒に振りますよ

【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012163

 教育者、しかも小学校の校長が女性トイレで盗撮したとして書類送検された。容疑は迷惑防止条例違反と住居侵入。
 兵庫県南あわじ市立小学校の55歳の男性校長。小学生女児のトイレを狙ったものだが、7月には、女性教職員用の更衣室に盗撮目的でカメラを設置したというから、一種の病気なのかも知れない。
 こちらは税務署の職員(45)が埼玉県・熊谷の居酒屋で居合わせた女性客に抱きつき、身体を触ったとして強制わいせつ容疑で逮捕された。
 この強制わいせつは刑法176条で、13歳以上の男女に対して暴行または脅迫を用いてわいせつな行為をした者は6月以上10年以下の懲役。13歳未満の男女に対し,わいせつな行為をした者も同じで重い刑罰が科される。刑罰もさることながら、報道されることによって大きな社会的制裁を受けることになる。
 この税務署職員は隣りにいた女性に対して軽い気持ちで行為に及んだものだろうが、人生を棒に振ったようなもの。
 この強制わいせつ事犯が結構多い。強盗や殺人同様に治安情勢を観察するうえで指標となる重要犯罪に含まれている。
 警察庁によると今年7月までの重要犯罪の認知件数は6656件で最も多かったのが強制わいせつで3453件と半数以上を占めている。
 続いて悪いのは強盗の1427件、強姦の576件、放火の553件、殺人の516件、略取・誘拐が131件となっている。
 検挙率をみると最も高いのは殺人で98.1%。続いて強姦の97.9%、略取・誘拐の86.3%、強盗の79.4%、放火の67.2%と続き、残念ながら強制わいせつは64.8%と低い。
 盗撮の校長は実名報道されていないが、税務署職員は実名報道。懲戒処分だけでなく家族が可哀想なんですよ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】 
Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる 感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であ り、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都 内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し  ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 87歳のお年寄りをだますとは…卑劣な偽電話詐欺 早良署管内(19日)西日本 | トップページ | 突然拘束「本当のことを言え」 不起訴の男性、心境語る(19日)朝日 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64082550

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 87歳のお年寄りをだますとは…卑劣な偽電話詐欺 早良署管内(19日)西日本 | トップページ | 突然拘束「本当のことを言え」 不起訴の男性、心境語る(19日)朝日 »