« 頭から血 襲われたか 会社役員が頭蓋骨陥没で重体(15日)テレビ朝日 | トップページ | 盲導犬連れた男性転落、電車にはねられ心肺停止(15日)読売 »

2016年8月15日 (月)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(15、16日 単位・レベル) 
それでも任侠道か
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012137

 暴力団壊滅作戦中の福岡県警に着任した新本部長が、暴力団工藤会について「壊滅できるよう全力で対策を取っていきたい」と抱負を述べたという。
 一方、兵庫県警は指定暴力団山口組への監視を強化するため神戸市灘区の同組総本部の向かいに「特別警戒所」を設置して運用を始めた。警戒所からは総本部の玄関などを見渡すことができ暴力団対策担当の捜査員らが立ち寄り監視にあたるもので、このように監視拠点を常設するのは全国で初めてという。
 今、全国の警察は暴力団の壊滅に向けてあらゆる作戦を展開中である。
 警察庁によると今年7月までに全国の警察による暴力団の刑法犯検挙件数は1万3596件で昨年同期より95件少なかった。
 罪種別では窃盗が最も多く7213件。以下、詐欺が1687件、暴行757件、傷害1202件など。
 特別法犯では覚醒剤が最も多く4073件。それでも前年比で801件減っているが大麻取締法犯は82件増え538件を検挙している。
 刑法犯では多くが減少傾向にあるが、賭博が143件増えて186件になったほか詐欺犯が52件増加して1687件となった。
 全体的に見て覚醒剤などの薬や泥棒が多く、かつて「堅気の人に迷惑をかけるな」という「任侠道」などはどこに消えてしまったのか。取締の網をかいくぐるため何をするか分からない「何でもあり」の〝ダニ〟みたいな集団に落ちぶれてしまったのだろうか…
 取締と合わせて更生策も必要だ。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】 
Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる 感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であ り、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都 内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し  ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 頭から血 襲われたか 会社役員が頭蓋骨陥没で重体(15日)テレビ朝日 | トップページ | 盲導犬連れた男性転落、電車にはねられ心肺停止(15日)読売 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64064484

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 頭から血 襲われたか 会社役員が頭蓋骨陥没で重体(15日)テレビ朝日 | トップページ | 盲導犬連れた男性転落、電車にはねられ心肺停止(15日)読売 »