« 住宅に男女2人の遺体 埼玉、無理心中か(14日)共同 | トップページ | 全日空機、エンジン異常で離陸取りやめ 成田空港(14日)朝日 »

2016年8月14日 (日)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(14、15日 単位・レベル) 
当然の捜査活動のはずが…
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012155

 全国警察が犯罪抑止に必死に努力しているのに、警察活動に水を差すような行為が表沙汰になってしまった。
 大分県警別府署員が参院選の情報をとるため野党支援団体が入る建物の敷地内に入り、防犯カメラを設置したことが明らかになったもの。
 選挙運動が禁じられている特定公務員である自治体職員の出入りを確認するのが目的。しかも、対象の職員に関する情報が事前に寄せられており、その確証を得るための捜査活動で当然の行為だったはずだ。
 ところが設置場所が捜査対象の敷地内で、しかも無断だったことから問題になったもので、ご丁寧にも設置行為が敷地内にある防犯カメラに映っていたというから、なんとも間抜けな話しである。
 ただでさえ、「監視カメラ」と揶揄されている防犯カメラ。逃走し続けているオウム真理教の元幹部や指名手配犯逮捕の決め手になり、その威力が立証されたばかりか、強盗や殺人犯の逮捕で捜査の武器になっている。勿論、ひったくり事件など街頭犯罪の抑止力にもなっているとしてようやく市民権を得たばかり。
 あれから数年―別府署員の行為はそれに水を刺した。もちろん、「カメラ設置させて下さい」とは頼めない。どうするか? そこが捜査のプロフェッショナルだ。
 登下校時の子供達を略取・誘拐から守るため各地で通学路に防犯カメラの設置が進められているばかりか、東京は新宿歌舞伎町のようなぼったくり犯対策など歓楽街でも設置場所が増えている。これらに影響を与えなければよいのだが…
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】 
Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる 感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であ り、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都 内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し  ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 住宅に男女2人の遺体 埼玉、無理心中か(14日)共同 | トップページ | 全日空機、エンジン異常で離陸取りやめ 成田空港(14日)朝日 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64059815

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 住宅に男女2人の遺体 埼玉、無理心中か(14日)共同 | トップページ | 全日空機、エンジン異常で離陸取りやめ 成田空港(14日)朝日 »