« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 濁流で11時間救助活動できず 岩手の高齢者ホーム(31日)共同 »

2016年8月31日 (水)

記録的大雨の被害 11人が死亡 3人が行方不明(31日)NHk

台風10号による記録的な大雨の影響で、浸水の被害を受けた岩手県岩泉町の高齢者グループホームで9人の遺体が見つかるなど、岩手県でこれまでに合わせて11人が死亡し、北海道では川に流されるなどして合わせて3人の行方が分からなくなっています。
 このうち岩手県では、31日午前10時ごろ、岩泉町乙茂地区にある高齢者グループホーム「楽ん楽ん」の施設内やその周辺で、男性2人、女性7人の合わせて9 人の遺体を、台風の被害を調べていた警察官が見つけました。施設を運営する社団医療法人によりますと、30日、グループホームには入所者9人と職員1人が いて、死亡した9人はいずれも入所していた高齢者だということです。
 また、31日午前10時ごろ、岩泉町内を流れる小本川の川岸でお年寄りの男性1人の遺体が見つかり、警察が詳しい状況を調べています。
 久慈市山根町では、30日午後10時すぎ、川の水があふれて近くの住宅に流れ込み、家の中で高齢の女性が遺体で見つかりました。警察は、この家に住む女性とみて確認を進めています。
 岩手県は岩泉町穴沢で住民2人の行方が分からなくなっていると発表しましたが、警察と消防は把握していないとしています。
 一方、北海道では、川に流されるなどして3人の行方が分からなくなっています。
 大樹町では31日午前1時半すぎ、コンサルティング会社の従業員3人が乗った車が川に転落し、2人は自力で脱出しましたが、音更町の鈴木洋平さん(28)が行方不明となっています。
 また、新得町と清水町では、川にかかる橋から車が転落したという情報が警察に寄せられ、警察はそれぞれの車に乗っていた男性合わせて2人が流されたとみて行方を捜しています。 さらに、31日昼すぎには、伊達市の自動車学校で、54歳の校長が台風10号の強風で壊れた物置の状況を確認しようと屋根に上がったところ転落し、意識不明の重体になっています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160831/k10010662681000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 濁流で11時間救助活動できず 岩手の高齢者ホーム(31日)共同 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 記録的大雨の被害 11人が死亡 3人が行方不明(31日)NHk:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 濁流で11時間救助活動できず 岩手の高齢者ホーム(31日)共同 »