« 2016年8月29日 | トップページ | 2016年8月31日 »

2016年8月30日

2016年8月30日 (火)

「自分が死んだ」とウソ 香典“詐欺”で71歳男逮捕(30日)テレビ朝日

自分が死んだと嘘をつき、香典をだまし取った疑いで男が逮捕されました。
 山口市の無職・林俊彦容疑者(71)は去年3月、他人になりすまし、林容疑者自身が死んだと嘘をつき、男性(68)から香典名目で現金10万円をだまし 取った疑いです。調べに対し、容疑を認めているということです。警察は、林容疑者がこの男性から他にも架空の投資話などで現金をだまし取った疑いがあると みて調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000082425.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・荒川区のコンビニに刃物男、被害4万円(30日)TBS

東京・荒川区のコンビニエンスストアで強盗事件です。
 30日午後1時過ぎ、客を装った男が店長の男性(39)に包丁のようなものを突き付け、「金を出せ」と脅しました。 男はレジから現金およそ4万円をわしつかみにして逃走しました。店長の男性にけがはありませんでした。男は年齢50歳くらいで、身長はおよそ175セン チ、黒いシャツにズボン姿で黒い帽子をかぶっていたということで、警視庁が行方を追っています。(30日16:51)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2857048.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

銃撃容疑者、逃走後ホテル滞在か 和歌山駅周辺、足取り追う(30日)共同

和歌山市の建設会社で従業員4人が撃たれ死傷した事件で、殺人などの疑いで指名手配された同社代表取締役の次男で元従業員の溝畑泰秀容疑者(45) とみられる男が、事件後に同市内のJR和歌山駅近くのホテルに滞在していたことが30日、和歌山西署捜査本部への取材で分かった。
 ホテルは駅から北西約350メートルの、百貨店や喫茶店などが立ち並ぶブロックの一角。防弾チョッキを着た捜査員が30日午後3時すぎ、滞在していたとみられる9階の部屋に合鍵で入ったが姿はなく、拳銃もなかった。  捜査本部は駅周辺を重点的に調べ、引き続き足取りを追っている。
http://this.kiji.is/143293986640758261?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

措置入院を解除後の対応の在り方検討へ 厚労省(30日)NHK

相模原市の知的障害者施設で、多くの入所者が刃物で刺されて死傷した事件で、逮捕された男の措 置入院は医師や看護師などが回復の状況などを検討したうえで解除が決められていたことがわかりました。こうした判断には問題はないということで、厚生労働 省は措置入院を解除した後の対応の在り方を検討することにしています。
 こ の事件は先月26日、相模原市にある知的障害者の施設で入所者などが刃物で刺され、男女19人が死亡、27人が重軽傷を負ったもので、逮捕された元職員の 男は事件の4か月前に措置入院をしていたほか、入院の際などに尿から大麻の陽性反応が出ていたことが明らかになっています。
 厚生労働省に よりますと、措置入院をしていた病院は、男が書いた事件を予告するような衆議院議長宛ての手紙の内容を把握していたということです。しかし、病院では専門 の医師や看護師などさまざまな職種の職員が会議を開き、男の回復の状況などを検討したうえで措置入院を解除しても差し支えないと判断し、解除が決められた ということです。
 これまでのところ病院の判断には問題はないということで、厚生労働省の検討チームは退院後の対応の在り方を検討し、ことし秋をめどに再発防止策を取りまとめることにしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160830/k10010659651000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ポケGO」都内で補導553人…深夜徘徊など(30日)読売

スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」を巡り、警視庁が7月22日の同ゲーム配信開始から8月28日までの1か月余りの間に、東京都内で少年計553人を補導していたことが同庁への取材でわかった。                                

 

 同庁は夏休み明けの9月以降も繁華街などの巡回を行う方針。
 同庁幹部によると、ゲーム配信直後から、都心の公園や繁華街などで深夜にポケモンGOで遊ぶ子供たちが急増。都条例で「深夜」と定められた午後11時~午前4時に出歩く「深夜

徘徊

はいかい

」などで、7月末までの10日間に449人を補導した。
 8月に入るとブームはやや落ち着き、1~28日の4週間の補導数は104人にとどまった。ただ、インターネット上で珍しいポケモンが現れると紹介された場所を高校生が集団で訪れ、深夜まで遊ぶケースなどが目立っているという。

(ここまで349文字 / 残り304文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160830-OYT1T50070.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

隠しカメラ問題、大分県警に公開質問状 労組が提出(30日)朝日

大分県別府市参院選公示前の6月、別府署員が公職選挙法違反の捜査として、労働組合「連合大分」の支部などが入る建物の敷地に無断で立ち入り、ビデオカメラを設置した事件で、連合大分は30日、県警の松坂規生本部長宛てに公開質問状を出した。県警は「真摯(しんし)に対応させて頂きます」とコメントした。
 連合大分は質問状で、当事者の自分たちに説明がないとし、発案者を含めてカメラ設置の具体的な経緯と目的▽プライバシー侵害に対する見解▽再発防止策の明示――などを質問。9月10日までの回答を求めた。
 提出後に取材に応じた連合大分の佐藤寛人会長によると、県警は刑事部の原田賢二参事官ら2人が対応。佐藤会長は「県警の回答を受けて組織内で十分に検討したい」と話した。
 県警は26日、別府署の阿南和幸刑事官(当時)ら4人を建造物侵入容疑で書類送検。「不適正な捜査」として、プライバシーの侵害も認めた。4人は6月18~21日、敷地に計7回、不法侵入した疑いがある。
http://www.asahi.com/articles/ASJ8Z4W9JJ8ZTPJB00Q.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(30、31日 単位・レベル) 
余罪の大切さを知れ!
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012172

 橋の名称が書かれた金属製のプレートを盗んだとして群馬県警が逮捕した神奈川県藤沢市の37歳と34歳の男。このほど若山牧水像窃盗容疑で再逮捕された。
 2人の男が橋のプレートを盗んだの今年4~7月ごろだった。
 7月と言えば静岡県浜松市で国道152号にある竜頭大橋の青銅製モニュメントが盗まれているのが見つかり、同県が確認したところ、それまでに県内12の橋の青銅製銘板39枚と、トンネルの鉄製溝ふた860枚が盗まれていることが分かった。
 それだけではない、6月ごろからは神奈川県横浜市で市管理の18カ所の橋で、銘板計35枚が窃盗被害に遭っている。
 橋の銘板など特殊な品を大量に処分できるのは限られているはずだ。となれば群馬県警が逮捕した神奈川県の男2人の余罪が気になるところである。
 昭和の時代―警視庁捜査3課に生き字引(じびき)と言われる「手口」専門のベテラン刑事がいた。「手口」というのは泥棒の盗み方には特徴があり、その手口を聞いただけで犯人を特定するというもの。さらに、都内の多くの質屋さんと密接な関係にある刑事もいた。盗んだとみられる品物を都内の質店に入質されると即、連絡が入るようになっている。「なし割り」の専門家だ。泥棒捜査はこうした刑事たちによって支えられているのだ。
 ところがその泥棒捜査。種々の問題が起きている。それは取調室の可視化だ。厳しい追及ができない。本人が黙秘すると強い追及ができないのである。
 窃盗事件の余罪検挙の端緒は94.7%が被疑者の取り調べから解決に繋げている。それが被疑者の人権もあり、取り調べが「です」「ます」調では落ちっこない。
 「拷問」しろと言うのではない。やはりある程度の厳しさは必要だ。人の命と財産に関わる事件の未解決が多くなれば、どうなるかは国民一人ひとりが考えるべきである。被疑者の人権もあるが被害者の人権をどうしてくれる。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

【和歌山発砲】経営者次男が直前200万円引き出し、逃走資金か 覚醒剤使用で保釈中、収監予定日に犯行(30日)産経

 和歌山市塩屋の土木建設会社「和大(わだい)興業」で、男性従業員4人が拳銃で撃たれ、1人が死亡した事件で、和歌山県警和歌山西署捜査本部が殺 人、殺人未遂容疑で逮捕状を取り、全国に指名手配した同社代表取締役の次男、溝畑(みぞばた)泰秀容疑者(45)が事件直前、金融機関の口座から200万 円程度を引き出していたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。捜査本部は、現金を逃走資金にあてているとみて詳しい足取りを調べている。
 捜査本部によると、溝畑容疑者は29日朝、同社事務所内で持っていた拳銃を発砲し、従業員の石山純副(じゅんすけ)さん(45)を死亡させ、幸前啓喜(こうぜん・はるよし)さん(44)を意識不明の重体とするなど計4人を死傷させた疑いが持たれている。
 捜査関係者によると、溝畑容疑者は同社の実質的な経営者。覚せい剤取締法違反(使用)の罪で逮捕、起訴され、今月上旬に懲役1年4月の実刑判決が確定していた。保釈中だったが、犯行日の29日中に収監される予定だったという。
 事件直前には、溝畑容疑者が金融機関の口座から200万円程度を引き出していることが確認されたという。このため捜査本部は、溝畑容疑者が事件後の逃走が長期化することを見越し、入念に計画して犯行に及んだ可能性もあるとみている。
 一方、捜査本部は30日午前、死亡した石山さんの死因について、司法解剖の結果、心臓を撃たれたことによる出血性ショックだったと明らかにした。

http://www.sankei.com/west/news/160830/wst1608300054-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み明けの自殺防ぐ居場所開設 長崎市(30日)NHK

夏休みが終わり、2学期が始まるこの時期に多くなるとされる子どもの自殺を防ごうと、長崎市のNPO法人が悩みを抱えるなどして学校に行けない子どもたちに居場所を提供する取り組みを始めました。
 取り組みを始めたのは、長崎市のNPO法人「クレイン・ハーバー」で、市内で運営するフリースクールの1室を30日から子どもたちに開放しています。
内 閣府が、3年前までのおよそ40年間に自殺した18歳以下の子どもの数を日付ごとに調べたところ、9月1日が131人と、ほかの日の平均のおよそ50人に 比べて突出して多く、夏休みが終わって2学期が始まる環境の変化などで子どもの心が不安定になりやすいと指摘しています。
開放された部屋には、NPO法人のスタッフが常駐し、来月2日まで悩みを抱えるなどして学校に行けない小学生から高校生までを無料で受け入れます。31日から1日にかけては、深夜の時間帯も受け入れるということです。
NPO法人の中村尊代表は、「休み明けで学校に行くのがつらいと感じる子どもは少なくない。居場所がないと感じたときに、ぜひ利用してもらいたい」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160830/k10010659041000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

| コメント (0) | トラックバック (0)

7階から2歳男児転落、無事 木がクッションか、東京・葛飾(30日)共同

30日午前10時50分ごろ、東京都葛飾区青戸のマンション7階から住民の2歳男児が約17メートル下の地面に転落した。右脚などにけがをして病院に運ばれたが、命に別条はない。
 警視庁亀有署によると、自宅の窓から誤って転落したとみられる。転落場所のそばにある木の枝が折れており、クッションになって落下の衝撃を和らげた可能性がある。
 自宅寝室の床から高さ約80センチにある窓が開いており、窓の下には高さ約40センチのベッドがあった。当時、20代の母親は別の部屋にいた。
 同署は、母親が目を離した隙に男児がベッドから窓を開けて乗り越えたとみて、詳しく調べている。
http://this.kiji.is/143207301793465847?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

金塊2800万円相当ひったくりか=大阪の路上、2人組逃走(30日)時事

30日午前9時55分ごろ、大阪市中央区南船場の歩道にいた川崎市の自営業の男性(45)が、金塊6本(約2800万円相当)が入ったバッグを盗まれたと、近くにいた警察官に届け出た。大阪府警南署は窃盗容疑で調べている。
 南署によると、男性が歩道で商談相手を待っていたところ、バイクに乗った2人組がキャリーバッグをひったくり逃走した。男性にけがはなかった。
 2人組はいずれもヘルメットを着用し、運転者は白い長袖シャツ、後部座席の人物はオレンジ色のTシャツに白いマスク姿だったという。(2016/08/30-15:42)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016083000552&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

捜査協力者が無罪主張 道警の調書捏造事件で初公判(30日)日経

 覚醒剤捜査で供述調書を捏造(ねつぞう)したなどとして、証拠隠滅などの罪に問われた北海道警の元警部補、早坂洋平被告(38)=懲戒免職=と、 捜査協力者で覚醒剤の密売人とされる長谷川好和被告(51)の初公判が30日、札幌地裁(中桐圭一裁判官)で開かれ、早坂元警部補は「間違いありません」 と起訴内容を認めた。一方、長谷川被告は「虚偽の調書と知らずに押印した」と無罪を主張した。
 また長谷川被告は、調書捏造に先立つ覚醒剤売買で、覚せい剤取締法違反(譲渡)罪でも起訴されたことについて「早坂元警部補から金を渡され、別の男に覚醒剤を売るよう言われたので売買を仲介した」と述べた。
 検察側は冒頭陳述で、早坂元警部補は数年前から長谷川被告の情報提供で薬物事件の調書を作成、1万~3万円の謝礼を捜査費から支払い、長谷川被告は謝礼ほしさで協力していたと指摘した。
 今回の捏造調書は早坂元警部補1人が道警本部内で作成し、別の場所で長谷川被告に署名させたと説明し「自分の情報収集能力が評価されるほか、薬物事件の検挙実績が足りない警察署に貢献し、感謝してもらいたかったのが動機」とした。
 起訴状によると、昨年4月、両被告は共謀し、長谷川被告が覚醒剤購入を仲介していた50代の男について、仲介の事実を隠し「男が覚醒剤を持っているのを見た」とする長谷川被告の供述調書を捏造したとしている。〔共同〕

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG30H78_Q6A830C1CC0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

指名手配男は別件で実刑判決、収監予定 和歌山発砲(30日)テレビ朝日

和歌山市の建設会社で従業員が撃たれて4人が死傷した事件で、指名手配された男は別の事件の実刑判決が確定し、収監される予定だったことが分かりました。
 殺人などの疑いで指名手配されたのは、和歌山市塩屋の建設会社「和大興業」の経営者の次男で元従業員の溝畑泰秀容疑者(45)です。溝畑容疑者は29 日、会社で従業員4人と話し合いの最中に突然、かばんから拳銃を取り出して4人に発砲。石山純副さん(45)が心臓と腹を撃たれて死亡、1人が意識不明の 重体、2人が重傷を負いました。捜査関係者によりますと、溝畑容疑者は去年、覚醒剤取締法違反の罪で逮捕・起訴され、実刑判決が確定。近く収監される予定 だったということです。JR和歌山駅付近の防犯カメラには、溝畑容疑者が車から降りて駅の方向に歩く姿が映っていて、電車で逃走した可能性もあるとみて行 方を追っています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000082378.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴力団組員の身分隠し…生活保護費“詐取”男逮捕(30日)テレビ朝日

 暴力団員であることを隠して生活保護費をだまし取ったとして、51歳の組員の男が逮捕されました。
 指定暴力団稲川会系の組員・渋谷芳久容疑者は去年1月から今年5月までの間、暴力団員であることを隠して杉並区役所から生活保護費350万円以上をだま し取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、今年1月、渋谷容疑者が自宅で長男と口論になり、通報を受けた警察官が仲裁に入った際、「無職で生活 保護費をもらっている」と話したため、調べたところ、暴力団員だったことが分かりました。取り調べに対して、渋谷容疑者は容疑を認めています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000082385.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪の市立中 女子更衣室にビデオカメラ 着替え盗撮か (30日)毎日

大阪市阿倍野区の市立中学校で7月末、何者かが女子更衣室にビデオカメラを設置し、女子生徒の着替えの様子を盗撮した疑い があることが29日、学校関係者などへの取材で分かった。学校から被害の相談を受けた大阪府警阿倍野署は盗撮事件とみて、児童ポルノ禁止法違反(製造)な どの疑いで捜査を始めた。
 学校関係者などによると、夏休み中の7月末、部活動を終えた女子生徒数人がプールに入った後に更衣室で着替えていた際、不審な段ボール箱に気付いた。穴の開いた段ボール箱に仕掛けられたビデオカメラに、生徒が着替える様子が短時間録画されていたという。
 カメラが作動する時間に限りがあることから、同署は何者かが着替えの直前に更衣室に侵入し、カメラを設置した可能性が高いとみている。
 一方、学校は29日夜、関係する保護者への説明会を開いた。学校の教頭は「コメントすることはない」と取材に話した。【念佛明奈、村田拓也】
http://mainichi.jp/articles/20160830/k00/00m/040/089000c

| コメント (0) | トラックバック (0)

個人番号カード詐取 容疑で全国初の逮捕 埼玉(30日)産経

親族をかたってマイナンバー制度の個人番号カードを不正入手したとして、埼玉県警熊谷署は29日、詐欺などの疑いで同県熊谷市樋春、無職、櫛田貴信 容疑者(49)と、妻の無職、美江容疑者(46)を逮捕した。同署によると、個人番号カード詐取容疑での逮捕者は全国初という。
 逮捕容疑は2月22日ごろ、不正に手に入れた親族のカード申請書に貴信容疑者の顔写真を貼り付けて提出し、4月22日、熊谷市の出張所で親族名義のカードをだまし取った疑い。
  同署によると、貴信容疑者は7月28日に、親族名義のパスポートを不正に入手したとして、旅券法違反などの疑いで逮捕されており、その捜査の過程でカード を不正取得した疑いが発覚した。貴信容疑者はパスポートについて「悪いことをした時に親族の名をかたるために入手した」と供述したという。http://www.sankei.com/affairs/news/160829/afr1608290044-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「言う通りに走らなかった」タクシー運転手殴る 傷害容疑で港区議を逮捕(30日)産経

乗車していたタクシーの運転手 を殴ってけがを負わせたとして、警視庁赤坂署が29日、傷害容疑で港区議会議員の赤坂大輔容疑者(44)を逮捕していたことが同日、捜査関係者への取材で 分かった。赤坂容疑者は「言う通りに走ってくれなかったので殴った」などと容疑を認めている。
 逮捕容疑は、7月14日深夜、港区赤坂の路上で、タクシー運転手の男性の首などを殴り、軽傷を負わせたとしている。
 捜査関係者によると、赤坂容疑者は当時、酒を飲んでいた。車内で男性と口論になり、料金を支払った後にタクシーを蹴ったうえ、男性が車を降りたところで殴りかかったという。続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

不明女児遺体と確認 長野、誤って川に転落か(30日)日経

 長野県警は29日、同県小谷村を流れる川で発見された女児について、村内の祖父母宅に帰省中に行方不明になっていた同県松本市笹賀の小学1年、町田莉菜さん(7)と確認したと明らかにした。病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認された。
 目立った外傷はなく、不審者の情報もないことから、県警は誤って川に転落した可能性が高いとみている。
 大町署によると、町田さんは発見された際、不明時と同じピンク色のTシャツにグレーの半ズボンを身に着けていた。深さ数十センチの浅瀬で、あおむけで沈んでいた。
 27日夕には祖父母宅から約300メートル離れた道路脇の草むらでサンダルが見つかっていたが、町田さんが発見されたのは、この草むらから約1キロの場所だった。
 町田さんは27日午前11時40分ごろ、「ママの所に行く」と祖母に話し、1人で祖父母宅を出て行方不明になった。母親らは数分前、祭りの準備で近くの公民館に向かっていた。午後1時35分ごろ、母親が110番し、県警や地元消防団が捜索していた。〔共同〕

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG29HEC_Z20C16A8000000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺処分 年間10万頭超、“殺処分ゼロ”に必要な意識改革(30日)TBS

「10万1338」。これは、1年間に「飼い主が見つからなかった」などの理由で、殺処分された犬や猫の数です。このところ減ってきてはいますが、年間 10万頭を超えています。こうした現状を少しでも改善しようと、東京都の小池知事らが「ペット殺処分ゼロ」に向けて動き出しました。ただ、課題も残ってい ます。動画でご覧ください。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2856198.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

別の警察官が調書に署名、北海道 元警部補の捏造事件(30日)共同

北海道警の元警部補、早坂洋平被告(38)と覚醒剤密売人とされる長谷川好和被告(51)による供述調書捏造事件で、2人の関与が新たに判明した覚 醒剤事件の調書に、別の警察官が署名していたことが29日、捜査関係者への取材で分かった。早坂被告が発覚を避けるため、別人を関与させた可能性があると みられる。
 30日には、いずれも証拠隠滅罪などで起訴された両被告の初公判が札幌地裁で開かれる。2人は複数の事件で調書を捏造したとほのめかしており、全容がどこまで解明されるかが焦点となる。http://this.kiji.is/143003204111697404?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

和歌山発砲事件 経営者の次男を指名手配(30日)NHK

29日、和歌山市の建設会社で従業員が男に拳銃で撃たれ、1人が死亡、1人が意識不明の重体に なっている事件で、警察は、殺人などの疑いで建設会社の経営者の45歳の次男の逮捕状を取り、全国に指名手配しました。警察は、会社の関係者との間にトラ ブルがなかったか調べています。
 29日午前9時前、和歌山市塩屋の建設会社「和大興業」で男性従業員4人が男に拳銃で撃たれ、石山純副さん(45)が死亡し、1人が意識不明の重体、2人が大けがをしました。
警察は、目撃者の話などから、建設会社の経営者の次男の溝畑泰秀容疑者(45)が拳銃を発砲したとして、殺人などの疑いで逮捕状を取り、全国に指名手配しました。
警 察によりますと、けがをした従業員の1人は「5人で話し合いをしていたら、かばんから拳銃を取り出して撃った」と話しているということです。溝畑容疑者は 事件のあと現場から逃走し、29日午後3時すぎに、逃走に使ったとみられる車が、およそ4キロ離れたJR和歌山駅の近くで見つかりました。溝畑容疑者は、 以前、この会社で働いていたということで、警察は行方を捜査するとともに、会社の関係者との間にトラブルがなかったか調べています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160830/k10010658641000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

スマホに「二度といじめないで」中2女子自殺か(30日)読売

青森県藤崎町のJR奥羽線北常盤駅で25日、青森市立中2年の女子生徒(13)が列車にはねられて死亡する事故があり、女子生徒のスマートフォンのメモ機能に、「もう、二度といじめたりしないでください」などと記されていたことが29日、遺族への取材で分かった。                                

 

 学校はいじめを苦にした自殺の可能性があるとみて調査を始めた。 市教委などによると、25日午前10時過ぎ、同駅のホームに普通列車が入る際、女子生徒が線路に飛び降りた。24日の始業式には出席していた。
 遺族によると、25日朝は「具合が悪い」と訴えて、いつもより 1時間ほど遅れて家を出たという。女子生徒は、別の生徒から無料通話アプリ「LINE」に悪口を書き込まれていたと家族に打ち明けていた。残されたメモで は、複数の生徒を名指しし、いじめがあったことを訴えていた。

(ここまで355文字 / 残り89文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160829-OYT1T50099.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

刑務所に介護専門スタッフ…高齢受刑者の急増で(30日)読売

政府は2017年度から、受刑者の高齢化が著しい全国32の刑務所・刑務支所に介護専門のスタッフを配置する方針を固めた。
 介護を必要とする高齢受刑者の急増を踏まえた初めての措置で、刑務官らの負担を軽減する狙いがある。出所後の生活支援のため、社会福祉士も増員する方向だ。
 介護専門スタッフは非常勤で、全国70の刑務所施設のうち、 65歳以上の高齢受刑者が2割以上を占める32施設に1人ずつ配置する予定だ。介護人材が不足していることもあり、介護福祉士の資格がなくても、資格取得 に必要な一定の研修を修了していれば勤務を認めることにした。政府は、17年度予算の概算要求に人件費として約6000万円を盛り込む。

(ここまで298文字 / 残り583文字)http://www.yomiuri.co.jp/national/20160829-OYT1T50103.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

反対派と警察、やまない攻防 沖縄・高江ヘリパッド移設(30日)朝日

米軍のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)移設工事を巡り、沖縄県東(ひがし)村高江地区周辺で、市民らと警察との「攻防」が1カ月以上続いている。翁長雄志(おながたけし)知事は「過剰警備だ」と批判するが、県警は「正当な職務」との立場だ。すでに完成したヘリパッドには、米輸送機オスプレイが騒音とともに頻繁に飛来している。

 那覇市から車で約2時間。24日午前、県道沿いのヘリパッド建設現場への入り口「N1ゲート」には、移設工事に反対する市民ら約50人が集まり、数百人の機動隊員とにらみ合っていた。
 パトカーに先導された工事用のトラックが近づくと「帰れ」「工事やめて」と叫び声が飛ぶ。市民がトラックに近づこうとすると機動隊員がすぐに止め、怒声と悲鳴があちこちで上がった。70代の女性が倒れて後頭部を打ち、救急車で運ばれた。
 国がヘリパッド移設工事を再開した7月22日から、こうした衝突が静かな山あいで毎日続いている。抗議に加わる沖縄県在住の作家目取真(めどるま)俊さん(55)は「機動隊による排除は暴力的。少しでも抵抗すれば関節をひねられる」と憤る。
 動きが始まったのは参院選翌 日の7月11日。国は突如、資材などを北部訓練場の別の場所に搬入し、全国各地から機動隊が集められた。7月22日早朝、N1ゲート前に座り込む市民の排 除を始め、バリケードを撤去。これに対し反対派の人たちが県内外から毎日集まった。これまでに公務執行妨害容疑で2人が逮捕された。
 翁長知事は、訓練場の返還計画については「推進すべきだ」との立場だが、ヘリパッド工事については「オスプレイの運用は想定外で、交通整理が必要」として賛否の明言を避けてきた。ただ、警備のあり方については25日の定例会見で「過剰な警備であることは間違いない。(国が言う)県民と寄り添ってしっかり話し合っていきたい、というのにはほど遠い」と批判した。
 沖縄県警は朝日新聞の取材に対し「道路の通行に危険と判断した人を、危険のない場所に移動していただいている。強制でも排除でもない」と答えた。(吉田拓史)

オスプレイの騒音、電車通過のガード下並み
 すでに完成したヘリパッドで訓…残り:1637文字/全文:2528文字

http://www.asahi.com/articles/ASJ8Y5PX1J8YTIPE01J.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月29日 | トップページ | 2016年8月31日 »