« 最古の刑務所閉鎖へ 「明治の五大監獄」 奈良(16日)朝日 | トップページ | 専門学校生刺される ナイフ所持の大学生を逮捕(16日)NHK »

2016年7月16日 (土)

仮想通貨でID密売、「自動削除」で隠蔽か(16日)読売

 他人のネットバンキングIDなどの密売に仮想通貨ビットコイン(BTC)が悪用された事件で、警視庁に窃盗容疑で逮捕された岐阜市の自営業中村明博容疑 者(29)が、IDなどを密売した際、閲覧するたびにメッセージが消える「ワンタイムシークレット」と呼ばれる自動削除サービスを使っていたことが、同庁 幹部への取材でわかった。
  同庁は密売の発覚を免れるためだったとみて調べている。
 同庁幹部によると、同サービスは、作成したメッセージの保存場所を示すアドレスを相手に送り、受信者が一度閲覧すると、メッセージが消える仕組み。サーバーにも記録が残らず、通常は個人情報の共有などに活用されている。

(ここまで287文字 / 残り189文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160715-OYT1T50283.html?from=ycont_top_txt

« 最古の刑務所閉鎖へ 「明治の五大監獄」 奈良(16日)朝日 | トップページ | 専門学校生刺される ナイフ所持の大学生を逮捕(16日)NHK »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63921739

この記事へのトラックバック一覧です: 仮想通貨でID密売、「自動削除」で隠蔽か(16日)読売:

« 最古の刑務所閉鎖へ 「明治の五大監獄」 奈良(16日)朝日 | トップページ | 専門学校生刺される ナイフ所持の大学生を逮捕(16日)NHK »