« 自衛隊機や米軍機へのレーザー光線照射 相次ぐ(9日)NHK | トップページ | 釧路4人殺傷容疑の男、鑑定留置 3カ月間(9日)共同 »

2016年7月 9日 (土)

群大病院で頸椎手術ミス…人工呼吸器必要な状態(9日)読売

群馬大学病院(前橋市)は8日、整形外科で昨年11月下旬、群馬県内の50歳代の男性に行った

頸椎

けいつい

を固定する手術で、器具を誤った場所に挿入する医療事故があったと発表した。すぐに再手術したが、男性は右の腕と足をほとんど動かせず、人工呼吸器が必要な状態という。
 同病院によると、男性は頸椎が変形して神経を圧迫する進行性の 病気のため、歩行が困難になるほどの重症だった。4本のねじ状の金属製器具で、ぐらついている骨を固定し、神経への圧迫を軽減させる手術を受けたが、一部 の器具が神経の束がある脊柱管内に誤って入ってしまったという。外部の専門医を含む事故調査委員会が調べたところ、難易度の高い手術にもかかわらず、器具 の挿入位置を確認するための準備が不足していたことが分かった。(ここまで337文字 / 残り193文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160709-OYT1T50011.html?from=ycont_top_txt

« 自衛隊機や米軍機へのレーザー光線照射 相次ぐ(9日)NHK | トップページ | 釧路4人殺傷容疑の男、鑑定留置 3カ月間(9日)共同 »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群大病院で頸椎手術ミス…人工呼吸器必要な状態(9日)読売:

« 自衛隊機や米軍機へのレーザー光線照射 相次ぐ(9日)NHK | トップページ | 釧路4人殺傷容疑の男、鑑定留置 3カ月間(9日)共同 »