« 「ポケモンGO」警視庁も注意喚起 (22日)NHK | トップページ | 埼玉県警、誤って駐禁取り締まり 理由は標識が…(23日)朝日 »

2016年7月22日 (金)

比帰りの女性、デング熱で死亡…国内11年ぶり(22日)読売

 厚生労働省は22日、フィリピンから帰国した新潟県の30歳代女性が21日にデング熱のため死亡した、と発表した。
 国内でデング熱による死亡が確認されたのは2005年以来、11年ぶり。女性はフィリピンで感染したとみられる。
 同省などによると、女性は6月29日~今月15日にフィリピンを訪問。滞在中から頭痛や発熱の症状があり、帰国後の16日に発疹や出血などのため、新潟市の医療機関に入院した。検査の結果、デング熱と診断された。
 デング熱は蚊が媒介する感染症で、発熱や発疹、関節痛などの症状が表れる。まれに重症化し、早期に適切な治療を受けないと死に至ることがある。

(ここまで278文字 / 残り98文字)

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160722-OYT1T50173.html?from=ycont_top_txt

« 「ポケモンGO」警視庁も注意喚起 (22日)NHK | トップページ | 埼玉県警、誤って駐禁取り締まり 理由は標識が…(23日)朝日 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63952166

この記事へのトラックバック一覧です: 比帰りの女性、デング熱で死亡…国内11年ぶり(22日)読売:

« 「ポケモンGO」警視庁も注意喚起 (22日)NHK | トップページ | 埼玉県警、誤って駐禁取り締まり 理由は標識が…(23日)朝日 »