« 靖国爆発物事件、韓国人の被告に懲役4年判決(19日)読売 | トップページ | 京大バリケード封鎖、4人を無期停学 講義妨害で処分(19日)共同 »

2016年7月19日 (火)

長男に包丁突きつけた疑い 警察官を逮捕 兵庫(19日)NHK

庫県の篠山警察署に勤務する50歳の巡査部長が、23歳の長男と口論の末、「殺すぞ」などと言って包丁を突きつけたとして、暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕されました。巡査部長は容疑を否認しているということです。逮捕されたのは、篠山警察署地域課の巡査部長、佐々木長太郎容疑者(50)です。
警察の調べによりますと、佐々木巡査部長は18日夜遅く、兵庫県川西市の自宅で23歳の長男に「殺すぞ」などと言って、刃渡り15センチほどの包丁を突きつけたとして、暴力行為等処罰法違反の疑いが持たれています。
佐々木巡査部長は、妻と子ども3人との5人暮らしで、当時長男が定職についていないことについて口論になっていたということで、妻からの通報を受けて駆けつけた警察官がその場で逮捕しました。
警察によりますと、調べに対して「包丁を突きつけていないし、『殺すぞ』とも言っていない」と供述し、容疑を否認しているということです。
佐々木巡査部長は18日は休みで、逮捕された際、酒に酔った状態だったということで、警察が詳しいいきさつを調べています。
篠山警察署の北尾祐一副署長は「事実であれば、警察官としてあるまじき行為で誠に遺憾だ。今後このようなことがないよう指導を徹底したい」とコメントしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160719/k10010600961000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

« 靖国爆発物事件、韓国人の被告に懲役4年判決(19日)読売 | トップページ | 京大バリケード封鎖、4人を無期停学 講義妨害で処分(19日)共同 »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長男に包丁突きつけた疑い 警察官を逮捕 兵庫(19日)NHK:

« 靖国爆発物事件、韓国人の被告に懲役4年判決(19日)読売 | トップページ | 京大バリケード封鎖、4人を無期停学 講義妨害で処分(19日)共同 »