« 八王子スーパー3人殺害事件 懸賞金の期間を延長(29日)NHK | トップページ | 山東氏「法整備の検討が必要」 相模原の事件受け(29日)TBS »

2016年7月29日 (金)

墜落直前、警報音切る 鹿児島、6人死亡の空自機(29日)共同

   
      

 鹿児島県鹿屋市の山中で4月、航空自衛隊のU125飛行点検機が墜落し隊員6人が死亡した事故で、墜落直前に対地接近警報装置 (GPWS)が作動したが、機長らが警報音を停止させていたことが28日までに空自の調査で分かった。機長が事前に山の標高を誤って認識し、飛行計画を作 成していたことも判明。空自は複数の人為ミスが重なったことが事故の原因とみている。
 防衛省幹部によると、U125は4月6日午後2時半すぎ、鹿屋市の御岳の山頂付近(標高約1千メートル)で墜落。約10キロ離れた海上自衛隊鹿屋航空基地の装置から発信される電波の状況などを点検中だった。

http://this.kiji.is/131404043749852660?c=39546741839462401

 

« 八王子スーパー3人殺害事件 懸賞金の期間を延長(29日)NHK | トップページ | 山東氏「法整備の検討が必要」 相模原の事件受け(29日)TBS »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63981277

この記事へのトラックバック一覧です: 墜落直前、警報音切る 鹿児島、6人死亡の空自機(29日)共同:

« 八王子スーパー3人殺害事件 懸賞金の期間を延長(29日)NHK | トップページ | 山東氏「法整備の検討が必要」 相模原の事件受け(29日)TBS »