« 2016年7月21日 | トップページ | 2016年7月23日 »

2016年7月22日

2016年7月22日 (金)

比帰りの女性、デング熱で死亡…国内11年ぶり(22日)読売

 厚生労働省は22日、フィリピンから帰国した新潟県の30歳代女性が21日にデング熱のため死亡した、と発表した。
 国内でデング熱による死亡が確認されたのは2005年以来、11年ぶり。女性はフィリピンで感染したとみられる。
 同省などによると、女性は6月29日~今月15日にフィリピンを訪問。滞在中から頭痛や発熱の症状があり、帰国後の16日に発疹や出血などのため、新潟市の医療機関に入院した。検査の結果、デング熱と診断された。
 デング熱は蚊が媒介する感染症で、発熱や発疹、関節痛などの症状が表れる。まれに重症化し、早期に適切な治療を受けないと死に至ることがある。

(ここまで278文字 / 残り98文字)

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160722-OYT1T50173.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ポケモンGO」警視庁も注意喚起 (22日)NHK

「ポケモンGO」の日本での配信が22日から始まったことを受け、警視庁は、歩きながらのゲームは事故につながるおそれがあるとして街頭で注意を呼びかけました。

JR新宿駅西口では、22日午後3時ごろから警視庁の警察官11人が出て、「歩きスマホ、ながらスマホはやめましょう」などと呼びかけながら、用意したチラシ1000枚を配りました。
警視庁によりますと、スマートフォンを見たり、ゲームをしたりしながら歩くと視野が極端に狭くなるため、歩行者や車と衝突するおそれのほか、ひったくりなどの事件に巻き込まれる危険性も高まるということです。
ことし5月には、渋谷区の交差点で、スマートフォンを操作しながら歩いていた30代の女性が、近づいてきた車に気付かず接触しけがをする事故も起きているということです。
警視庁交通総務課の藤本裕行管理官は、「歩きスマホ、ながらスマホは周囲の危険に気付かず非常に危険なので、今後とも注意喚起を続けていきたい」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160722/k10010604821000.html?utm_int=news_contents_news-main_001_relation_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

道路にあおむけで無抵抗の黒人に警官発砲か 米フロリダ州(22日)産経

米南部フロリダ州で18日に警察の発砲で負傷したとされる黒人男性が、直前まで道路にあおむけで無抵抗を訴える様子の映像を複数の米メディアが21日伝えた。地元警察は同日、警官の対応について捜査すると発表した。
 米国では警察官による黒人射殺や黒人が警察官を狙う銃撃が相次いでおり波紋が広がりそうだ。
 フロリダ州ノースマイアミで18日、銃で自殺しようとしている男がいるとの通報を受けて駆け付けた警察官が現場にいた2人の男性に向けて発砲し、うち黒人男性1人が負傷した。
 映像では黒人男性が道路にあおむけになり両手を上げている様子などが映っていた。警官に撃たれる瞬間は撮影されていなかった。(共同)
http://www.sankei.com/world/news/160722/wor1607220034-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

15キロ速度オーバー、逃走、玉突き事故… 処分の京都府警巡査が依願退職(22日)産経

速度違反の取り締まりから逃走し、玉突き事故を起こしたとして、京都府警が宇治署警務課の男性巡査(21)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にしたことが21日、府警への取材で分かった。処分は7日付。巡査は同日、依願退職した。
  府警によると、元巡査は6月15日午前8時ごろ、京田辺市興戸宮ノ前の府道で、制限速度(50キロ)を約15キロ超える65キロで、乗用車を運転。速度違 反で取り締まりを受けたが、約200メートル逃走し信号待ちしていた車に追突、計4台の玉突き事故を起こした後、府警に道交法違反(速度超過)容疑で現行 犯逮捕された。
 府警は、元巡査が事故で相手の車の運転者ら3人に腰の捻挫などの軽傷を負わせたとして、今月7日、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いでも書類送検している。
http://www.sankei.com/west/news/160722/wst1607220053-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ポケモン 団地に無断立ち入り 住民と口論に (22日)NHK

宮城県大崎市で「ポケモンGO」のプレーをしていた男性2人が団地の敷地内に無断で立ち入り、住民とトラブルになっていたことが分かりました。

警察によりますと、22日午後3時ごろ、大崎市三本木の団地の敷地内で、男性2人が「ポケモンGO」のプレーをしているのを住民が見つけました。住民の男性が「何をしているんだ」と2人に声をかけたところ、驚いた2人と口論になったということです。
住 民からの通報を受けた警察が駆けつけ話を聞いたところ、2人は中国人で、「勝手に敷地内に入らないように」と口頭で注意すると、「すみません」と謝ったあ と立ち去ったということです。警察は「ゲームに熱中しすぎて、入ってはいけない敷地や建物に立ち入ると、不法侵入や事故につながるおそれもある」としたう えで、「ルールを守って安全に楽しんでほしい」と呼びかけています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160722/k10010605201000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

学校給食の食パンにカビ 工場を立ち入り調査(22日)テレビ朝日

学校の給食のパンからカビが検出され、工場を立ち入り調査です。
 今月11日、熊本市内の中学校で、提供前の給食の食パンから黒い付着物が見つかりました。その後の調査でカビだったことが分かり、22日に県や保健所の 職員らが、製造した工場を立ち入り調査しました。工場は製造ラインを停止していて、各学校では給食をご飯に切り替えるなどの措置が続いています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000079747.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

電動車いす事故多発、消費者庁が注意呼びかけ(22日)TBS

高齢者を中心に利用者が増えている電動車いすの事故が相次いでいます。簡単な操作で動く便利な乗り物ですが、消費者庁が注意を呼びかけています。
 大阪市に住む中谷政夫さん。毎朝、電動車いすに乗り、30分かけて障害者の支援施設に通っています。
 「これなかったら家にこもりがちになってしまいますから。車いす命です」(中谷政夫さん) 体の不自由な人や高齢者にとっては生活に欠かせない足となっている電動車いす。その操作方法は、シンプルかつ力の要らないつくりとなっています。
 「足元は一切、操作は関係ありません。ハンドルの部分で操作を行います。こちらを押し下げることによって車が前に動きます」(スズキ自販東京 電動車両グループ 矢澤誠さん) アクセルはハンドルの横にあるレバーを下に倒すだけ。ほとんど力は要らず、離すとブレーキが自動的にかかります。こうしたハンドル形の電動車いすは、高齢者が多く利用し、これまでに47万台が販売されてきました。
 「あんパン1つ買いに行くのに誰かの手を頼まなければいけないのが、こういうものがあることで自分の意思で買えるというのが喜ばれている」(スズキ自販東京 電動車両グループ 矢澤誠さん)
 ただ、その便利さの反面、操作を誤り事故となるケースが後を絶ちません。電動車いすによる事故の再現映像。ハンドル操作を誤ったことで溝にはま り、身動きが取れなくなってしまったり、道路からはみ出し、わずかな段差で横転してしまうケースも。今年2月、愛媛県久万高原町では、93歳の男性が電動 車いすに乗っていたところ、誤って川に転落し、死亡したとみられる事故がありました。他にも、踏切内で立ち往生し、列車と衝突するなど電動車いすを使用中 の死亡・重傷事故は、2008年からの7年間に51件起きています。
 こうした事故が相次ぐ中、消費者庁は22日、ハンドル形電動車いすに関する調査報告書をまとめました。報告書では、重大な事故を減らすため、電動 車いすが意図せず発進することを防げるよう、操作方法など設計を改善するよう求めたほか、利用者に対しては、運転する上で必要な訓練を行うことなどを提 言。一方で、踏切の段差を小さくするなど、使用環境の改修を検討する必要があると指摘しました。
 今後、高齢化が進むことでさらに利用者が増えることも予想される電動車いす。利用者はもちろん、社会全体で事故を減らす取り組みが求められます。(22日18:14)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2827791.html

                                  
               
                                  
               
                                  
                                  

| コメント (0) | トラックバック (0)

オウム早川死刑囚の再審認めず=特別抗告棄却で確定-最高裁(22日)時事

坂本弁護士一家殺害など7事件で殺人罪などに問われ、死刑が確定したオウム真理教元幹部早川紀代秀死刑囚(67)の再審請求について、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は21日付で死刑囚側の特別抗告を棄却した。再審を認めない判断が確定した。
 再審請求審で早川死刑囚は、弁護士一家殺害と信者の田口修二さん殺害について、元教団代表松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(61)の指示は絶対で逆らえなかったなどと主張した。
 しかし、東京地裁は3月の決定で再審請求を棄却。東京高裁も7月6日、「早川死刑囚の主張は確定判決で既に十分検討されている」として、即時抗告を棄却した。(2016/07/22-19:33)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016072200817&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

熊本城へGO、男性制止 任天堂に対応措置申し入れ(22日)共同

 熊本市は22日、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」で遊ぼうとした男性1人が、熊本地震で被災した熊本城の立ち入り禁止区域へ侵 入しようとしたと明らかにした。市はゲーム開発に関わった任天堂に対し、城の敷地でポケモンが現れないような措置を取るよう申し入れた。
 市によると、同日午前11時半ごろ、20代とみられる男性が、熊本城の案内人に「ポケモンGOをプレイしたい」と伝え、立ち入り禁止区域内へ行こうとした。案内人が危険であると説くと、男性は立ち去った。
 市は午後、任天堂へ電話で抗議。同社の担当者は「対応を検討する」と答えたという。
http://this.kiji.is/129172054744285191?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

京都御所の塀に近づき警報 ポケモンに夢中の大学生(22日)共同

22日午後0時半ごろ、京都市上京区の京都御所で、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」に夢中になった大学1年の男子学生(18)が塀に近づいたため、侵入防止用の警報音が鳴り響く騒ぎがあった。
 警察官に「入らないで」と注意された男子学生は「珍しいポケモンが出てきたので近づいてしまった。今後は気を付けたい」と反省していた。
http://this.kiji.is/129172953243485693?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ポケモンGO」日本でも配信開始 経済効果も期待(22日)NHK

世界中で人気を集めているスマートフォン向けのゲームアプリ「ポケモンGO」が日本でも22日から配信が始まりました。店舗や観光地などでは来客が増えるといった経済効果も期待されています。

「ポ ケモンGO」は任天堂のほか、任天堂が出資する「株式会社ポケモン」、それにアメリカのゲーム会社「ナイアンティック」が開発と配信などのプロジェクトに 参加したゲームアプリで、スマートフォンのカメラと位置を把握するGPS機能を使って、実際の風景の中に現れたキャラクターを捕まえたり、ほかのユーザー と対戦したりするものです。
会社側はアメリカやドイツなど36か国に続き、日本でも22日から配信を開始したと発表しました。
キャラクターを集めるためには屋外を歩き回りながら探す必要があり、先行して始まったアメリカでは画面に集中するあまり足をくじくなどけがをする事例が報告され、アメリカの交通当局が熱中しすぎないように注意を呼びかけるなど、社会現象となっています。
日本でも配信に先だって内閣サイバーセキュリティセンターがゲームに集中するあまり事故に遭わないようLINEやツイッターで注意点を知らせる取り組みを始めました。
具体的には、歩きスマホや自転車に乗りながら遊ばないこと、危険な場所の近くで遊ばないこと、大雨警報など防災情報を受信できるアプリを入れて天気に気をつけること、気温が高い日は熱中症に気をつけることなどを挙げています。

ポケモンとは

ポケットモンスターは20年前の平成8年に任天堂の携帯型ゲーム機「ゲームボーイ」向けに第1作が発売されました。
それ以降、シリーズの累計の販売本数は世界で2億本を超え、テレビアニメで放送されたり映画化されたりするなど世界中に知られる人気ゲームになりました。
ポケットモンスターは多くの謎を持った架空の生き物という設定で、700以上の種類が登場し、中でもネズミを模した「ピカチュウ」が人気です。
ゲームのプレイヤーはモンスターボールと呼ばれる道具を使ってポケモンを捕まえ、中に入れて持ち運び育てることができます。
ポケモンは、さまざまな技を覚えることができ対戦することでレベルアップしていきます。

ポケモンGOとは

「ポケモンGO」とは、スマートフォン向けのアプリで、任天堂の人気ゲーム「ポケットモンスター」のキャラクターを使ったものです。
スマートフォンの位置情報とAR=拡張現実の技術を組み合わせているのが特徴で、スマートフォンを持って特定の場所に行くと現実の風景の中に「モンスター」の画像が現れます。
「ポケモンGO」の開発と配信などのプロジェクトには、任天堂のほか、任天堂が出資する「株式会社ポケモン」、アメリカのゲーム会社「ナイアンティック」が参加しています。
今月6日にアメリカやオーストラリアで配信が始まり、その後、世界各国に広がって日本は37番目となります。
一 方で、いわゆる「歩きスマホ」を助長するのではないかという懸念もあるため、会社側は、まわりをよく見て遊ぶよう注意喚起の画面をゲームの起動のときに毎 回表示することや、画面を見続ける必要がないよう「モンスター」が近くにいるとスマートフォンが震えることで存在を知らせる仕組みにするなどの対策を取っ ているとしています。
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160722/k10010604941000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

サムスン電子会長に買春疑惑 女性に金を渡す動画 ネットメディア公開 脅迫目的か(22日)産経

【ソウル=名村隆寛】韓国の最大財閥、サムスンの事実上のトップである李健煕(イ・ゴンヒ)サムスン電子会長が自宅などで買春をしていた疑いのある動画映像が、韓国のネットメディアにより報じられ、波紋を広げている。
  動画を報じたのはニュースサイトの「ニュース打破」。21日に公開されたこの動画には、李会長とみられる男性が若い女性に金を渡す様子や、性的関係を思わ せる会話が含まれている。映像は現場にいた女性が撮影したものとみられ、ニュース打破は今年4月、匿名の人物から映像ファイルなどを入手した。
 映像は2011年~13年に複数回にわたり撮影され、信憑性を調べた結果、合成や偽造の証拠は見つからなかったとしている。さらに、取材の結果、撮影現場が李会長の自宅であることも判明したという。
 ニュース打破は、映像がサムソンから金を脅し取ろうという意図で撮影されたようだと伝えており、取材に対し、サムスン側は「(李会長の)私生活のこと」と困惑しているという。
 韓国の警察当局はニュース打破に問題映像の提供を求め、協力の意思が確認されれば、脅迫容疑などで捜査する構えだという。
http://www.sankei.com/world/news/160722/wor1607220046-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(22、23日 単位・レベル) 
認知件数減少の実態
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012100

 ワゴン車を移動交番に仕立てて、各地の集落を定期的に回り、住民の相談に応じるほか事件や事故発生の届けを受けるという。
 過疎地の治安を守るための秋田県警の取り組みだ。同県の人口減少は全国で最も進んでいるという。人口が減っても人が住んでいる限り、その人たちの生命と財産を守る―それが警察の使命である。こうして全国の警察がひとつひとつ積み上げたのが、「刑法犯戦後最少の認知件数」という結果に繋がったのだろう。
 刑法犯認知件数が戦後最も少なかった平成27年と最も多かった平成14年の数字を比べると次のようになる。

 刑法犯認知件数 平成14年→ 27年
 総数 285万3739件→109万8969件
 窃盗 237万7488件→ 80万7560件
 粗暴   7万6573件→  6万4049件
 知能犯  6万2751件→  4万3622件
 (詐欺) 4万9482件→   3万9432件
 (偽造) 1万0883件→      2550件
 外国人  3万4746人→  1万0042人
暴力団(件数)3万5814件→ 2万6883件

 以上を見ると13年間に刑法犯総数は61.5%も減少したのは、全刑法犯の約8割を占める窃盗犯を66.1%も減らしたのが大きな要因だ。
 このほか通貨偽造などの偽造犯が約4分の1になったほか、来日外国人の検挙人員も3分の1になるなど軒並み減少している。
 秋田県警のこの取り組みは交番を設置して固定するよりも、警察官が積極的に住民の顔を見るため回ることは、巡回連絡の少ない今、最も大事なことだ。
 14年当時、東北1の繁華街を抱える仙台市東1番町と国分寺を受け持つ交番の警察官数を混雑する曜日に限り、周辺交番から応援派遣するという流動的な運営をしたことがあった。
 さらに、暴走族を徹底的に押さえ込もうとしたある県警は、パトカーをぶっつける強攻策に出て見事に抑止できたという話しもある。このようにひとつひとつの抑止策が積み上げられ大きな結果を生んでいる。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

小学生のいじめ加害減少=防止法で意識高まる?-教育政策研(22日)時事

小学4~6年の3年間で暴力を伴わない「仲間外れ、無視、陰口」によるいじめの加害経験者が減少傾向にあるとの調査結果を国立教育政策研究所が22日、発 表した。2013年にいじめ防止対策推進法が施行され、同研究所は「加害行為につながりかねない言動をやめさせようとする機運が小学校で高まった可能性が ある」と分析している。
 調査は、北関東で住宅地、商業地、農地を抱えて日本の縮図になっていると考えられる1市(非公表)を抽出し、市内の全小中学校(計19校)の小4以上の全児童生徒(各学年800人前後)を対象に実施。1998年度から6、11月の年2回、記名式で行っている。
 2010年度の小4が小6までの3年間、6回の調査全てで暴力を伴わないいじめの加害経験がなかったと答えた割合は全体の14.3%だったが、11年度の小4は17.7%、12年度は21.3%、13年度21.4%に上昇。特に女子の増加幅が大きかった。
  一方、3年間で被害経験がなかったと答えた児童の割合は13.2%、14.2%、13.8%、11.5%と減少傾向をたどった。同研究所は「幅広い児童生 徒が入れ替わりながら加害者や被害者になる傾向は変わらず、対策が必要」と指摘している。(2016/07/22-17:05)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016072200641&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

龍谷高校野球部室でぼや 部員数人、喫煙認める(22日)共同

21日午前11時20分ごろ、佐賀市水ケ江の龍谷高校の部室棟から出火、野球部室を一部焼損した。室内からたばこの吸い殻が見つかった。佐賀署によると、部員数人が出火前に部室で喫煙したことを認めており、詳しい原因を調べている。
 同校野球部は昨夏、全国高校野球選手権佐賀大会で優勝し甲子園に出場。今年も優勝候補で、同日は準々決勝で勝利し、24日の準決勝に進出した。同校は「事情を把握しておらず、事実関係を確認して喫煙があれば、24日までに対応を決めたい」としている。
 同署などによると、部室はコンクリート2階建ての1階。校内にいた生徒が出火に気付いて職員に伝え、消火器などで火を消し止めた。部室は約15平方メートルで、床のマットや壁の一部を焼いた。焼け跡からたばこの吸い殻約20本やたばこの箱1個などが確認された。
 野球部は同日午前9時すぎまで学校で練習した後、佐賀大会の試合に出発。出火当時、部室は無人だったが、同署の調べで、部員数人が出発前に部室で喫煙、蚊取り線香の火をつけたまま退室したと供述した。
 同校によると、野球部員は約70人で、部室棟に野球部室は3部屋あった。ベンチ入りしていた4人を含め2、3年生8~10人が利用していた。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/336202

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ポケモンGO」警視庁も注意喚起(22日)NHK

「ポケモンGO」の日本での配信が22日から始まったことを受け、警視庁は、歩きながらのゲームは事故につながるおそれがあるとして街頭で注意を呼びかけました。

JR新宿駅西口では、22日午後3時ごろから警視庁の警察官11人が出て、「歩きスマホ、ながらスマホはやめましょう」などと呼びかけながら、用意したチラシ1000枚を配りました。
警視庁によりますと、スマートフォンを見たり、ゲームをしたりしながら歩くと視野が極端に狭くなるため、歩行者や車と衝突するおそれのほか、ひったくりなどの事件に巻き込まれる危険性も高まるということです。
ことし5月には、渋谷区の交差点で、スマートフォンを操作しながら歩いていた30代の女性が、近づいてきた車に気付かず接触しけがをする事故も起きているということです。
警視庁交通総務課の藤本裕行管理官は、「歩きスマホ、ながらスマホは周囲の危険に気付かず非常に危険なので、今後とも注意喚起を続けていきたい」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160722/k10010604821000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁と海保、東京五輪選手村予定地でテロ訓練(22日)TBS

世界各地でテロが相次いでいることを受け、警視庁などが東京オリンピックの選手村建設予定地でテロ訓練を行いました。
 海上保安庁の巡視船に向かって、突然、発砲する男。訓練は、東京オリンピックの選手村建設予定地近くの東京湾に、テロリストが小型ボートで現れたとの想定で行われました。発砲しながら選手村に近づこうとする男に巡視船が射撃し、男はまもなく取り押さえられました。
 警視庁などは、東京オリンピックに向け、訓練を通じてテロ対策を強化したいとしています。(22日11:36)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2827417.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽造収入印紙を密輸の疑い…“勝手に名前使われた”(22日)テレビ朝日

偽造された収入印紙200万円分を中国から密輸しようとした疑いで、東京・港区の会社役員の男が逮捕されました。
 内田誠容疑者(43)は2月、中国の上海から偽造された収入印紙200万円分を航空便で羽田空港に密輸しようとした疑いが持たれています。警視庁により ますと、収入印紙は「ポスター」として申告されていて、受取人の欄には内田容疑者の名前が書かれていました。取り調べに対し、内田容疑者は「全く身に覚え がない。誰かが勝手に私の名前を使った」などと容疑を否認しています。警視庁は内田容疑者が換金目的で密輸しようとしたとみて、収入印紙が偽造された経緯 や組織的な背景がないかなど調べることにしています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000079739.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

顔隠し“書店強盗” 現場から離れたカメラに素顔が(22日)テレビ朝日

茨城県牛久市の書店で店員を脅して約40万円を奪ったとして、23歳の男が逮捕されました。
 向後和真容疑者は5月、牛久市の書店に押し入り、店員(31)にカッターナイフを突き付け、約40万円を奪った疑いが持たれています。警察によります と、向後容疑者は書店では顔を隠していましたが、現場から離れたカメラには素顔が映っていたということです。取り調べに対して「お金に困ってやった」と容 疑を認めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000079718.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

五輪期間中にテロ計画を企てた10人を逮捕 「イスラム国」に感化(22日)産経

リオデジャネイロ=佐々木正明】ブラジル連邦警察は21日、リオデジャネイロ五輪を狙って、テロを企てようとした疑いで、イスラム教スンニ派過激組 織「イスラム国」(IS)と関係があった10人を逮捕した。メンバーはIS側と直接、連絡を取り合っていたわけではないが、ネット上でISのテロを支持す るメッセージのやりとりを繰り返していたという。
 治安当局は数カ月前からグループの動向を監視。メンバーが隣国パラグアイで銃器を購入しようとしていたことや、ISに忠誠を誓い、組織に入会することを希望するメールを送信していたことを確認したため、逮捕に踏み切った。
 メンバーはリオデジャネイロ州や南部パラナ州など国内10州に居住。治安当局は他にも2人の逮捕状を取っており、会見に応じたモラレス法相は「まもなく逮捕されるだろう」と話した。地元メディアによると、逮捕された中には10代の少年も含まれているという。
 モラレス法相は会見で「ブラジルは五輪があるために、ISの標的になっている」と話した。
 ブラジル国内では昨年来、ISの影響力がじわじわと浸透しており、今年6月には、南部サンタカタリナ州のブラジル人が内戦中のシリアに87日間滞在した後に帰国、射撃訓練や爆弾製造のマニュアルを所持していたことが判明した。
 昨年11月のパリ同時多発テロ事件発生後にISの関係者がツイッターで「われわれの次の標的はブラジルだ」との投稿を行ったことを踏まえ、ブラジルの情報機関は、今年春ごろにIS側がポルトガル語で、ブラジル人の勧誘を図っていたことを確認していた。
http://www.sankei.com/affairs/news/160722/afr1607220002-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

白ジャージの男 コンビニ店から現金奪い逃走(22日)テレビ朝日

埼玉県桶川市のコンビニ店に白いジャージを着た男が押し入り、現金を奪って逃走しました。今月に入り、近くの店にも似た男が相次いで強盗に入っています。
 21日未明、桶川市のコンビニ店に白いジャージを着て白いタオルのようなもので顔を隠した男が押し入りました。男は、レジにいた男性店員(20)の首に 刃物を突き付けて「金を出せ」と脅し、約8万円を奪って自転車で逃走しました。店に客はおらず、店員にけがはありませんでした。警察によりますと、約 500メートル離れた別のコンビニ店に今月に入ってから2回、白いジャージを着た男が押し入っています。警察は、同一犯による連続強盗事件とみて男の行方 を追っています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000079702.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺グループのリクルーター逮捕、現金だまし取った疑い(22日)TBS

1億5000万円以上をだまし取っていたとみられる詐欺グループの現金受け取り役のリクルーターが警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、東京・小平市の解体工・中澤正文容疑者(46)で、去年11月、仲間と共謀し、板橋区に住む78歳の女性に対し息子を装って、「喫茶店に忘れ物をした」などと嘘の電話をかけ、あわせて770万円をだまし取った疑いが持たれています。
 中澤容疑者は、詐欺グループで現金の受け取り役を集めるリクルーターだったとみられていますが、取り調べに対し「全く関係ない」と容疑を否認しています。
 警視庁は、このグループがおととし夏以降、およそ30人から1億5000万円以上をだまし取っていたとみて裏付けを進めています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2827119.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

行方不明の認知症男性を発見した警察犬に感謝状(22日)TBS

自宅から行方不明になった認知症の男性を発見したとして、警察犬に感謝状が贈られました。
 千葉県警が感謝状を贈ったのは、嘱託警察犬のチェリー号です。チェリー号は今月3日、千葉市で自宅から行方不明になった認知症の70代男性を350メートルほど離れた歩道で発見し、捜索活動に貢献しました。男性にけがはなかったということです。
 「(男性は)足が痛くてあまり動けなかった。匂いをたどって発見した」(チェリー号のハンドラー)
 チェリー号には感謝状の他に、副賞としてドッグフード1袋が贈られました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2826723.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

空港没収の1億円、すべて偽札=日本人男性が所持-台湾(22日)時事

【台北時事】今年2月に台湾北部の桃園国際空港で日本人男性の荷物から1億1900万円分の旧1万円札が見つかった事件で、台湾当局は21日、すべてが偽札と判明したと明らかにした。当局は詳しい状況を調べている。
 台湾では、海外への外貨の持ち出しが1万米ドル(約106万円)を超える場合、税関への申告が必要となる。男性は聖徳太子の肖像が描かれた旧1万円札とみられる札束を、預けたスーツケースの中に入れていた。X線検査で発見され、税関に没収された。
 台湾当局は日本の専門家の協力も得て、札束の真贋(しんがん)を調べていた。フィリピン・マニラ行きの航空機に搭乗予定だった男性は札束を所持していた理由について「マニラで鑑定を受けるため」と話していた。(2016/07/21-22:08)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016072100889&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

山陽道トンネルで多重事故 広島・福山、4人重軽傷(22日)共同

21日午前11時15分ごろ、広島県福山市の山陽自動車道上り線の赤坂トンネルで、トラックなど4台が絡む多重衝突事故が起きた。男女4人が車内に閉じ込められ、約2時間半後に救助。県警によると、4人は腰の骨を折るなどの重軽傷を負ったが命に別条はない。
 県警は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、追突したトラックの運転手平田真一容疑者(40)=福山市東川口町=を現行犯逮捕した。広島市から福山市へ荷物を運ぶ途中だったといい、当時の詳しい状況を調べている。
 県警によると、平田容疑者のトラックが渋滞の列に突っ込み、3台が巻き込まれた。
http://this.kiji.is/128824968523122164?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

過疎地域に車両の「移動交番」導入へ 秋田県警(22日)NHK

人口減少に伴い、地方の警察で交番の統廃合が進むなか、秋田県警察本部は、過疎地域に車両を使った「移動交番」を導入することになりました。過疎地域の治安を守る新たな取り組みとして注目されます。
 人口減少が全国で最も急速に進む秋田県では、過疎地域を中心に交番の統廃合が進んでいて、県内の交番と駐在所の数は合わせて140余りと、およそ10年前の3分の2に減っています。
こ うしたなか、秋田県警察本部は、ワゴン車に机やいすなどを積み込んだ「移動交番」2台を、来月から県北部の過疎地域に導入することになりました。2人以上 の警察官が乗り込み、各地の集落を定期的に回って住民の相談に応じるほか、事件や事故の届け出を受け付けることも検討しています。
「移動交番」は事件事故の多い首都圏で、すでに運用されていますが、過疎地域に導入されるのは珍しく、こうした地域の治安を守る新たな取り組みとして注目されます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160722/k10010604011000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| コメント (0) | トラックバック (0)

学校プール、飛び込みで事故多発…浅い水深多く(22日)読売

学校のプールに飛び込み、重い後遺症の残る重大事故が最近18年間で31件発生したことが、日本スポーツ振興センター(JSC)の統計で分かった。
 プールの底に頭をぶつけ、

頸椎

けいつい

を損傷するケースがほとんどで、スポーツ庁などが注意を呼びかけている。
 JSCは1998~2015年度、学校管理下で発生した災害共済給付事例を調査。脊髄損傷109件のうち、プールへの飛び込みが原因とされる事故が最多の30件に上った。
 学校のプールは文部科学省の水深基準がなく、溺れることを防ぐ ために約1メートルと浅いものが多い。名古屋大の内田良准教授(教育社会学)は「水深1メートルでは上級者も頭を打つ恐れがある」と指摘する。内田准教授 によると、飛び込みによる重大事故は83~13年度の31年間で169件あった。

(ここまで346文字 / 残り214文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160721-OYT1T50152.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄県警、反対派のバリケード撤去開始 ヘリパッド移設(22日)朝日

米軍北部訓練場(沖縄県東村など)の一部返還の条件として日米が合意したヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)移設計画で、沖縄県警は22日早朝、移設予定地への進入路近くで反対派が車両を置くなどして築いていたバリケードの撤去を始めた。反対派市民らが激しく抗議し、警官たちともみ合いになっている。沖縄防衛局は撤去が済み次第、ヘリパッドの建設工事を始める方針。

 県警が撤去を始めたのは、ヘリパッドの建設予定地に通じる県道沿いの進入口付近。沖縄防衛局は今月11日、反対派のテントから約2キロ離れた北部訓練場の正門で建設資材などの搬入を開始。政府は工事への協力を県に要請し、再開に向けた準備を進めていた。
 翁長雄志知事は6月、反対派に車両を移動させるよう文書で指導した一方、防衛局が県に連絡せずに11日に資材搬入を始めたことには「不意打ち的だ」と不快感を示していた。
 日米両政府は1996年、ヘリパッド6カ所を高江周辺に移設することを条件に、北部訓練場(約7800ヘクタール)の半分余りを返還することで合 意。2007年にヘリパッド工事に着工し、14年までに2カ所が完成した。残る4カ所については、平和団体などが進入口近くを封鎖するなどして反対運動を 続け、未着工のままだった。

http://www.asahi.com/articles/ASJ7N00K9J7MTPOB004.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月21日 | トップページ | 2016年7月23日 »