最近の記事

カテゴリー

« 2016年7月11日 (月) | トップページ | 2016年7月13日 (水) »

2016年7月12日 (火)

2016年7月12日 (火)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(12、13日 単位・レベル) 
グローバル化するカード偽造
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012061

 今年5月に全国のコンビニなどのATMで、現金18億円が不正に引き出された事件で新潟県警はこのほど、引き出し役の神奈川県平塚市の男(22)ら十数人を逮捕した。最近はこうしたカード偽造事件が増加しているという。
 警察庁によると今年5月までのカード偽造を含めた偽造事犯の認知件数は1149件で前年同期に比べて217件の増加。
 このうち通過偽造が224件で前年同期に比べて17件の増。最も多かったのは文書偽造。認知件数は779件で同153件の増加だった。
 今回の事件のような支払用カードの偽造は94件と認知件数こそ少ないが前年より39件も増加した。なお有価証券偽造は12件で15件減少している。
 偽造事犯の検挙率は75.5%だが、最も高いのは支払用カード偽造で97.9%もある。続いて文書偽造が85.0%、有価証券偽造の58.3%と続き、最も低いのが通貨偽造で28.6%だった。
 金融庁によると偽造カードによる預金の不正引き出し件数のピークは平成17年度で911件あった。このため銀行側は新たに発行するカードを偽造しにくいICチップ付きに変更するなどの対策を実施してきたため、被害件数は減少傾向にあったが、近年は増加傾向を示しているばかりか国際的な偽造カード事件が多くなっているという。
 そんな中、偽造クレジットカードの材料となる「生カード」およそ2000枚が、先月、中国から羽田空港に密輸され、押収されていたことが明らかになった。荷物は千葉市に住む日本人の男性宛てに郵送されたものだった。
 東京税関などは「生カード」の使用目的などについて詳しく調べる方針だという。
 犯罪のグローバル化の波は押し寄せている。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2" »

« 2016年7月11日 (月) | トップページ | 2016年7月13日 (水) »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ