« 私書箱開設で偽造免許証、容疑の暴力団幹部逮捕 (4日)TBS | トップページ | 首都高で4台絡む事故、4人けが タンクローリー炎上(4日)朝日 »

2016年6月 4日 (土)

虚偽の職安求人に罰則 厚労省検討会報告書 ブラック企業対策、懲役刑も(4日)産経

厚生労働省の有識者検討会は3日、公共職業安定所(ハローワーク)や民間の職業紹介事業者に労働条件を偽った求人を出した企業と幹部に対し、懲役刑を含む罰則を設けるべきとする報告書をまとめた。過酷な労働で若者らの使い捨てが疑われる「ブラック企業」と求職者のトラブルを防ぎ、求人詐欺への牽制(けんせい)を狙う。
 報告書を受け、今秋以降の労働政策審議会で議論を本格化させ、職業安定法の改正を目指す。
 厚労省によると、ハローワークの求人内容が実際の労働条件と異なるとの相談は、調査を始めた平成24年度は7783件だったが、25年度(9380件)、26年度(1万2252件)と増加傾向にある。賃金をめぐるトラブルが最多で、就業時間や仕事内容の相談なども目立つという。
 職安法は労働条件の明示を企業に義務付けており、企業が自社サイトなどで直接募集して採用する際には、虚偽情報に対する罰則(6月以下の懲役または30万円以下の罰金)がある。だが、ハローワークなどに虚偽の求人を出しても、是正を求める行政指導はできるものの、罰則がなく、規制の不備が指摘されていた。

« 私書箱開設で偽造免許証、容疑の暴力団幹部逮捕 (4日)TBS | トップページ | 首都高で4台絡む事故、4人けが タンクローリー炎上(4日)朝日 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63728146

この記事へのトラックバック一覧です: 虚偽の職安求人に罰則 厚労省検討会報告書 ブラック企業対策、懲役刑も(4日)産経:

« 私書箱開設で偽造免許証、容疑の暴力団幹部逮捕 (4日)TBS | トップページ | 首都高で4台絡む事故、4人けが タンクローリー炎上(4日)朝日 »