« 昨年末にも1億円引き出し 7都県のATM、先月と酷似(3日)産経 | トップページ | 「土曜日の夜からこの場所にいる」不明男児を保護(3日)テレビ朝日 »

2016年6月 3日 (金)

把握できぬ「ご神体」…所在不明でも被害届出ず(3日)読売

宇都宮二荒山神社(宇都宮市馬場通り)でまつられる「ご神体」が所在不明になっていることが2日、栃木県警などへの取材で分かった。盗まれた可能性があるが、ご神体が何か神社は把握しておらず、被害届も出ていないという。

 県警によると、ご神体は

唐櫃

と呼ばれる容器に入れられて境内の末社でまつられていたが、先月2日、その末社が荒らされ、唐櫃の中身が空になっているのを同神社が発見した。同神社はお

いに使う神具を唐櫃に入れ、末社にまつり直したという。
 15日夜には境内で絵馬を物色している男がいるとの通報を受け、宇都宮中央署員が駆けつけ、宇都宮市内の無職男(43)を窃盗容疑で緊急逮捕した。
 男の車内から、唐櫃と神具が見つかり、同署は今月1日、これらを盗んだ容疑で再逮捕した。男は「落ちていたから拾った」と容疑を否認している。
 これまでのところ、なくなったご神体は見つかっていない。捜査関係者によると、同神社は「ご神体は神聖なものなので、容器を開けて中を確認することはない」と説明しており、仮にご神体が見つかっても誰も把握できないという。http://www.yomiuri.co.jp/national/20160602-OYT1T50179.html?from=ycont_top_txt

« 昨年末にも1億円引き出し 7都県のATM、先月と酷似(3日)産経 | トップページ | 「土曜日の夜からこの場所にいる」不明男児を保護(3日)テレビ朝日 »

窃盗事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 把握できぬ「ご神体」…所在不明でも被害届出ず(3日)読売:

« 昨年末にも1億円引き出し 7都県のATM、先月と酷似(3日)産経 | トップページ | 「土曜日の夜からこの場所にいる」不明男児を保護(3日)テレビ朝日 »