« 陸自が工事現場の不発弾を模擬弾と誤認 福岡・宮若市(11日)NHK | トップページ | またもクマか 山林で女性死亡(11日)NHK秋田 »

2016年6月11日 (土)

山林で遺体クマに襲われたか(11日)NHK青森

10日午前、秋田県鹿角市の山林近くで、3日前から山菜採りに入り、行方が分からなくなっていた十和田市の女性とみられる遺体が見つかりました。警察は、クマに襲われたとみて調べていて、現場近くでは、10日午後、クマ1頭が駆除されました。
9日、鹿角市十和田大湯の山林近くの道路で無人の車が止まっているのを通りかかった人が見つけ、警察が確認したところ、十和田市の自営業、鈴木ツワさん(74)が乗っていたとみられ、今月7日に自宅を出てから戻っていないことが分かりました。
警察は、山菜採りで山に入って遭難したとみて、消防とともに10日朝から捜索を行った結果、午前10時半過ぎ、現場付近から遺体が見つかりました。遺体は損傷が激しいものの高齢の女性で、警察は鈴木さんとみて身元の確認を進めるとともに、ひっかかれたりかまれたりした痕があることからクマに襲われたとみて調べています。
近くでは、先月下旬、タケノコ採りの男性3人が相次いで死亡していて、いずれもクマに襲われたとみられています。
10日の捜索では、上空からクマが目撃されたことなどから、鹿角市が地元の猟友会に緊急で駆除の要請を行い、午後2時ごろ、猟友会のメンバーがクマ1頭を駆除しました。
駆除されたクマが人を襲ったとみられるクマかどうかは分からず、鹿角市は、ほかにもクマがいる可能性があるとして、タケノコや山菜採りで現場周辺の山に入らないよう呼びかけるとともに、新たに、捕獲のためのオリを設置しました。
クマに襲われて死亡したとみられる一連の被害で、亡くなった人たちが山で採っていたのはタケノコや山菜です。
山菜の販売・加工を行う業者や森林に詳しい団体によりますと、とくにこの時期、人気が集まっているのはタケノコの一種、ネマガリダケです。
秋田県内では岩手との県境の奥羽山脈沿いなど、各地の山林に多く自生していて、5月から7月にかけてシーズンを迎えます。味が良く高値で売れることから、多くの愛好家が自分たちで食べたり、業者に販売したりするためにこの時期、山林に入るということです。
ただ、県などによりますと、山菜を採る人の高齢化が進み、10年前に1300トンあまりだった年間の生産量は平成25年にはおよそ200トンまで落ち込みました。
その結果、市場価格が上がっていて、こうした状況も山に入る人が後を絶たない理由とみられています。

News_pic1_2
http://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/6083029892.html

« 陸自が工事現場の不発弾を模擬弾と誤認 福岡・宮若市(11日)NHK | トップページ | またもクマか 山林で女性死亡(11日)NHK秋田 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/63760712

この記事へのトラックバック一覧です: 山林で遺体クマに襲われたか(11日)NHK青森:

« 陸自が工事現場の不発弾を模擬弾と誤認 福岡・宮若市(11日)NHK | トップページ | またもクマか 山林で女性死亡(11日)NHK秋田 »